僕やあなたが気になる情報

日々の暮らしでちょっと役立つブログを目指します

雑学

浴衣、甚平、作務衣、袴、振袖の違い!特徴をザックリ紹介!

浴衣、甚平、作務衣、袴、振袖、それぞれなんか似たようなイメージでややこしいですよね。

今回はそれぞれの特徴を簡単に解説したいと思います!

 

まずはザックリ表すとこんな感じ

浴衣➡現在では盆踊りなど夏場の外出着として人気ですが、もともとは平安時代にお風呂上りに着るために使われていたもの。

なので旅行の際にお風呂上りに着るのが本来の使い方となる。薄手で動きやすいのが特徴。

 

甚平と作務衣➡どちらも動きやすく、帯を使用しないのが特徴の服。

甚平は「甚兵衛」という人が来ていた、あるいは武士が鎧の下に来ていた「陣羽織」と形が似ていたから名前がつけられたなどいろいろな説がある。

 

作務衣は僧侶が日ごろの雑事をする際に来ていた服が由来といわれている。

ふたつの違いは袖と裾の長さ。作務衣が長いのに対し、甚平は短く半そで・半ズボンくらいになる。

 

袴➡武道や儀式の際に着物の上に、腰から下に着用する礼服。

 

振袖➡未婚の女性の晴れ着、成人式に着る服としておなじみ。

 

今からはそれぞれもう少し詳しく見ていきましょう!

 

浴衣(ゆかた)とは?

現代では2つのイメージがあります。

ひとつは夏場の盆踊りに着用する服、もうひとつは旅行のときなどにお風呂上りに着用する服です。

左右を合わせて帯でまとめるという点では一般の着物と同じですが、生地が薄めなのと、締め付けがゆるやかで動きやすい点などに特徴があります。

 

 

もともと平安時代にお風呂上りに着る服として使われていた

ですから入浴後に使用する方が本来の使い方ということになりますが、江戸時代になると夏場の部屋着や寝るときの服として使用されるようになります。

 

現在のお祭りで外出する際に着用するようになったのはかなりあと、広まったのは昭和に入ってから、しかも戦後のことです。

堅苦しいイメージがある着物の中ではかなり着やすく、カジュアルなイメージがあることからとくに女性の間で人気があります。

 

最近では簡単に着られるタイプやおしゃれな柄など若い女性にアピールした浴衣も増えています。

なお、浴衣で外出する際には素足に下駄やサンダルというのが原則、足袋や靴下を履くのはNGとされているので注意しましょう。

 

甚平(じんべい)とは?

甚平は「着物、和服」に分類される、日本伝統の衣服の中ではもっともカジュアルなタイプのもの。

女性に比べて着物を着る機会が少なくなってしまっている男性にとっては、数少ない選択肢のひとつでもあります。

 

特徴は帯を使用しないこと、生地が薄手なこと、サイズもゆったりしていることなどがあります。

つまり普通の着物に比べて動きやすいのです。

 

江戸時代には町人の間で夏場の部屋着として広く着用されるようになっており、職人や農民が仕事をする際にもその動きやすさと軽さ、風を通しやすい点などから愛用されていました。

袖が非常に短く、シャツで言えば七分袖くらいの長さになっていますが、和服なので通気性がよく洋服よりもずっと涼しく過ごせます。

 

現在ではこの甚平の人気が高まっており、日本を訪れた外国人観光客が記念に着用したり、購入する機会も増えています。

また女性の間で浴衣の人気が高まっていることで、カップルで和服を楽しむ際の男性の選択肢としても人気。

 

作務衣(さむえ)とは?

作務衣とはその名前の通り、何か作業をする時によく着用されていた服のことです。

日本伝統の和服は男女どちらもちょっと堅苦しくて動きにくいという特徴がありますが、この作務衣は素材も薄くて軽く、しかも帯を使用しないこともあって動きやすく、さまざまな作業に向いていたのです。

 

また通気性もよいので江戸時代には夏場の部屋着としてもよく使用されていました。

なお、もともとはお坊さんがお寺でいろいろな雑事(作務)をするときに使われていたもので、それが江戸時代になって広く一般で着用されるようになりました。

 

ただこうした作務衣の特徴はほとんどそのまま甚平と共通している

一番大きな違いは袖と裾の長さです。

甚平のほうは現在で言えば「半そで+ハーフパンツ」なのに対して、作務衣のほうは「長袖シャツ+長ズボン」の形です。

このあたりは僧侶由来の服ならではでしょうか。

 

袴(はかま)とは?

着物、和服といった日本で昔から着用されていた服の中で、どんなものなのかイメージしにくいのが袴。

時代劇などで俳優が袴を着用する姿を見る機会がありますが、それを見てもどんなつくりになっているのかわかりにくいものです。

 

剣道や弓道をやっている人なら日常的に袴を着用しているのでわかりますが、これは着物の上に着る服です。

腰から下を覆うような、ズボンとスカートの中間みたいな服といえばイメージしやすいでしょうか。

 

なおこの袴の中身は仕切りがある(つまりズボンみたいな)タイプと、仕切りがない(スカートみたいな)タイプの二種類があります。

仕切りがある方を馬乗袴、ない方を行灯袴と呼んでいます。

 

基本的には儀式などフォーマルな場や武道を行う際に着用されるもので、江戸時代以前でも日常的に着用される機会は限られていました。

この点は歌舞伎や能でよく使用されている事からも窺えます。

 

 

振袖(ふりそで)とは?

成人式に女性が着る服の代表格。

着物といわれると真っ先にこの振袖をイメージする人も多いはずです。

 

 

この振袖という名称は「振ることができるくらい長い袖」という作りの特徴からつけられたもので、その名前の通り着物の中でもとくに袖が長くなっています。

実際の長さは振袖によって異なりますが、長さに合わせて「大振袖」「中振袖」「小振袖」の3種類に分けられています。

とくに長い振袖にもなると1メートルを軽く超えるものもあります。

 

注意点

着物の代名詞として扱われている振袖ですが、あくまで若い未婚女性の晴れ着として着用されるものです。

具体的な年齢に関してはいろいろな意見があります。

あまり年齢を重ねて着たり、結婚した後に着るとちょっと非常識と扱われてしまう可能性があるようなので気をつけましょう。

 

若い女性向けの着物ということもあって色が鮮やかでおしゃれなものが多いのも振袖の特徴です。

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 僕やあなたが気になる情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.