僕やあなたが気になる情報

日々の暮らしでちょっと役立つブログを目指します

一人暮らし

一人暮らしで自炊するメリットって何?

これまで実家暮らしで料理はほとんどしてこなかったという人も、一人暮らしを始めたらこれを機会に自炊に挑戦しようかと考える人も多いでしょう。

そこで今回は一人暮らしで自炊するメリットについてザックリ考えてみました。

 

自炊するメリット①食費を節約出来る

一人暮らしで自炊するメリットと言えば、やはり食費が節約できるということでしょう。

男性の一人暮らしだと毎食外食やコンビニ弁当などで済ませている人も多いですが、これだと食費だけでもかなりの負担になるでしょう。

 

例えば朝ごはんは菓子パンや牛乳などで済ませたら300円ほどになります。

外でランチをすれば、どんなに安い定食屋さんでも500円から600円はします。

コンビニのお弁当でもそのくらいはするはずで、それにプラスしてジュースや缶コーヒーも買っていたら800円くらいはかかります。

 

そして夕食も外食すれば、もう少し高いので1,000円くらいはかかるでしょう。

このように朝昼夜と毎食、外食やコンビニで済ませた場合には少なくても1日に2,000円はかかることになります。

これを1か月続ければ、6万円も食費にかかることになるのです。

 

では毎食自炊した場合はどうなる?

朝は1日分のご飯を炊きます。

または時間に余裕があるときにたくさん炊いておき、1食分ずつラップに包んで冷凍しておいても良いでしょう。

 

朝ご飯はおにぎりにしたり、お昼には卵焼きなど簡単なおかずだけでも作ってお弁当を作ります。

夕ご飯にはカレーを作れば2日か3日くらいはカレーで済ませることもできます。

 

総菜などを利用しても、このように自炊をすれば1日あたり800円ほどに食費を抑えることができるでしょう。

1か月分だと24,000円と、先ほどの例と比べて半分以下まで食費を節約できることになります。

 

もちろん食べる量も一人ひとり違いますし、たまには外食する日もあるでしょう。

大まかに計算しても、自炊すれば外食やお弁当を買って食べるよりも食費を半額以下には抑えることができます。

 

これは大きなメリットでしょう。

野菜やお米、お肉などの食材や調味料をスーパーの特売日などに上手に買いもっと賢くやりくりする人だと、1か月分の食費を1万円ほどに抑える人もいます。

弁当を作るのは面倒にも思えますが、夕食も自炊していれば多めに作ってそれを弁当箱に入れれば良いだけです。

 

自炊のメリット②自炊は健康的

外食やコンビニ弁当などはとにかく味付けが濃くてカロリーや脂質、塩分なども多いので、毎食食べていると身体にも良くありません。

手軽な外食やお弁当ですが、これに慣れてしまうと自然と濃い味でないと満足できない味覚になってしまいます。

 

また、カロリーも高いので当然太りやすくなります。

若い頃ならすぐに太ることはなくても、将来的に糖尿病や高血圧症などの生活習慣病になるリスクが高くなるでしょう。

 

自炊なら油を控えた蒸し料理にしたりお肉は脂身の少ない部位を選んだりと、自分でヘルシーな料理を作って食べることができます。

安全な食材を選んだり野菜もたくさん食べることができます。

 

外食やお弁当は、やはり安さ重視で農薬がたくさん使用された野菜が使用されていたり、保存性を高めるために添加物もたくさん入っています。

また野菜の量も少ないので栄養バランスが崩れて体調も崩しやすくなるでしょう。

自炊をすれば食材も調理方法も味付けも食べる量も自分で調整できるのでとても健康的です。

 

自炊するメリット③料理できるとモテるかも!?

男性でも女性でも、やはり料理が出来る人はモテやすいと言えるでしょう。

最初は全く料理をしたことがなかった人でも一人暮らしで自炊を続けていれば、自然と料理の腕は上がります。

 

冷蔵庫に残ってる食材を使って手際よく料理が出来るような人はやはりモテます。

一人暮らしで自炊をこまめにやることは恋愛や結婚にも有利になるでしょう。

 

もちろん自炊のデメリットもありますが、メリットとしてはこんな感じです。

何かしらお役に立てれば^^

スポンサーリンク

-一人暮らし
-

Copyright© 僕やあなたが気になる情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.