役に立つ、得する情報提供を心がけています

一人暮らし引っ越し体験談!1週間前~当日にやったこと

[記事公開日]2018/11/19

10月31日に大阪の賃貸マンションを出て、翌日から地方(地元)に住み始めました。

ちなみに一人暮らしから、一人暮らしの引っ越しです。

 

今回は10月25日~引っ越し当日(11月1日)までにしたことを書いていきたいと思います。

 

 

私がしたことをできるだけリアルに書いていますが、これが正しいということではないのでご注意ください。

ちなみにそれより前の準備については以下の記事になります。また、これらを読んで頂いてからの方が今回の記事もわかりやすいとは思います^^

一人暮らしの引っ越し!1ヶ月前までにやったこと

一人暮らしの引っ越し準備!3週間前からやったこと

一人暮らしの引っ越し体験談!2週間前からやったこと

 

 

 

賃貸物件の契約をした

過去記事にも書いていますが、次に住む賃貸物件の申し込みをしたのが、10月18日でした。

そして審査などが通り、10月25日に地方の不動産屋に移動し、契約しました。

 

今回は新居が決まったのはかなりギリギリでしたね。汗^^

 

 

まあ実際は必要書類のことで少し面倒なことや困ったことはあったのですが、なんとか契約を済まし、すぐに大阪へ帰りました。

店舗にいたのはおそらく1時間くらいだった気がします。

 

 

転出届の手続きをした

9月25日、地元の不動産屋から大阪に戻ったら、すぐに区役所に行って転出届を提出し、「転出証明書」を発行してもらいました。

これは私が地方に引っ越した後に(転入届を出す時に)必要なモノです。

 

 

また、私は国民健康保険に加入しているので、資格喪失の手続きも行い、国民健康保険証を返しました。

 

国民年金についてはここでは特に何もしませんでした。

トータル1時間ほどで終わりましたね。

 

 

郵便局に行き転居届を出した

区役所の帰りに郵便局へ行って転居届を出しました。(転送届と呼んでいる人も多いですね)

これは簡単に言うと引っ越したあと、旧住所に届いた郵便物を新住所へ送ってくれるサービスです。(1年間)

無料でした。

 

 

転送開始の希望日は新居に住み始める11月1日からにしたのですが、色々登録の手続きがかかるので、間に合うか微妙とのことでした。

確かにもっと早い段階で出しておきたかったのですが、なんせ新住所が正式に決まったのがこの25日でしたからね。汗^^

 

ただし結果的には、新居に住んでからすぐに郵便物が転送されて届いていたので、間に合ったようでした。よかったです。

 

 

スポンサーリンク

 

パソコンを処分した

パソコンは廃棄する予定で、その業者は事前に調べて「リネットジャパン」に決めていました。

10月26日に、少しわからないことについて、電話で聞き丁寧に教えてもらいました。

 

そのあとすぐにネットから申し込み、回収日は10月30日でお願いしました。

ダンボールに、パソコンなどを入れてすぐ出せるように用意しました。

 

 

不用品買取業者に電話…しかし、考えが甘かった

粗大ごみには出さない家具や家電を買い取ってもらおうと、2つほど業者さんに電話しましたが、「日にち的に厳しい…古いモノだから買い取れない」といった感じでした。

確かに電話したのが引っ越し前のギリギリだったり、家電などもかなり古い状態でした。ちょっと考えや計算が自分で甘かったと思いましたね。汗^^

 

 

もちろん他にも回収してもらう方法はあると思いますが、時間もなく焦っていたので、なんか一気に色々とめんどくさい気分になってしまいました。汗^^

なので結局大阪市の粗大ごみに出すのが安心で、確実に全て処分できるだろうという考えになりました。

 

ただ日にち的にもう無理かも…と思ったのですが、事前に31日に他の粗大ごみの予約自体は入れていたので、そこに追加という形で出せないか?と考えました。

電話で確認すると可能だったので本当に助かりました。一気に5~6点追加する形になりけっこう多くなりましたが…^^

 

 

洗濯機は家電リサイクル法でダメだった

なのでその洗濯機を買った店舗に電話をして回収してもらうことにしました。

これが2千円くらいだろうと勝手に想像していたのですが、6千円以上かかりちょっとびっくりしました。汗

 

ちなみに取りに来てもらったのは29日で、業者さんが2人で来てくれました。

 

 

新居の電気とガスの使用開始の連絡

25日に賃貸契約をした不動産屋から、「早めに電気とガスの使用開始の電話をかけておいてくださいね」と言われていました。

教えてもらった(渡されていた)番号にかけ、「11月1日から〇〇に住むものですが~」という感じで電話しました。

 

 

電気は同じ関西電力だったので、新居でも口座引き落としのまま引き継ぐことになりました。

また、新しい家に入ったらブレーカーを上げてくださいとのことでした。

 

そしてガスは立ち合いが必要なので11月1日の昼頃に時間指定して、電話を切りました。

ちなみに水道代は固定なので手続きは不要でした。普通に蛇口をひねれば水が出て使える状態になっているとのことでした。

 

 

NHKに電話

NHKに住所変更の連絡をしました。方法はいくつかあるようですが私は電話をして、新しい住所などを伝えました。

受信料の支払い方法などは変わらず今までと同じです。

後日、新居に住所変更されたハガキが届いていました。

 

 

ゆうぱっくに集荷の電話など

過去記事に書いているのですが、今回私はいわゆる引っ越し業者には依頼しないと決めていました。

ですので荷物をゆうぱっくで新居に送ることにしました。

 

 

10月29日にゆうぱっくに集荷の電話をし、「明日の30日に取りに来てください」とお願いしました。

ダンボールは全部で4個ほどになりました。事前に郵便局で伝票をもらい、必要部分を記入して貼り付けた状態で準備しました。

 

 

ダンボールは前日に買いに行き、そこから荷物を詰めていった

もちろん近所のお店でもらえたりすることはあると思いますが、なんとなく新品がよかったのでホームセンターに買いにいきました。

5個ほど買ったのですが、なかなか大きくて歩いて持って帰るのが辛くなり、ちょっとの距離でしたがタクシーを使いました。汗^^

 

また、ゆうぱっくはトータル4千円くらいまでだろうと勝手に想像していたのですが、実際は6千円ほどしました。

 

 

スポンサーリンク

 

ネットのレンタル機器(モデムなど)を返却した。

ネットの解約の手続き自体は以前にしていました。

10月初旬にNTT西日本から送られてきた返却キット。その中の返却袋にモデムなどを入れて郵便局に行きました。

 

すでに返却袋に伝票は貼ってあったので、そのまま出しただけです。

控えをもらって終了です。

 

 

掃除しまくり

少し前にキッチンの掃除はしていたので、それ以外を掃除しまくりました。

トイレ、浴室、窓拭き、ベランダ、掃除機掛け、水拭き、などなど…。

 

もちろん必要な洗剤など掃除道具を買いにいって揃えました。

 

 

キッチン掃除の時もそうだったのですが、とにかく普段全く掃除をしないので、めちゃくちゃ大変でした。

特にトイレなんかは汚れが付きまくっていて、最後まで完璧に落とすことはできなかったレベルでした。

 

いや、本当に普段の掃除が大事なんだと痛感しました。やはり放置は…汗^^

 

 

退去日の流れ

朝には予め予約していた粗大ごみに手数料券を貼り、外に出しておきました。

そして大家さんが来るまで、部屋の掃除や最終チェックをしていました。

 

大家さんが来て、部屋を見てもらい、最後の水道代を払い、伝えることは伝えて鍵を返しました。

そしてブレーカーを全て落とし、挨拶をしてマンションを後にしました。

 

そのまま地元に帰り、その日は実家に泊まりました。

 

 

翌日不動産屋に行き、鍵をもらい新居へ

11月1日、新居に到着し、まずブレーカーを全部上げました。

 

そして指定していた時間にガス業者さんが来て立ち合い、大阪から送ったゆうぱっくも無事届きました。

そんな感じで無事引っ越しが終わりました。

 

 

今回は以上ですが、この続き(引っ越し後にしたこと)は次回に書きますね!

 

スポンサーリンク

関連記事