役に立つ、得する情報提供を心がけています

居酒屋のキッチンバイトのコツは徹底的に準備すること!

[記事公開日]2018/04/19
[最終更新日]2018/10/08

今回は居酒屋のキッチンでアルバイトをしている方に向けて、その仕事のコツを紹介したいと思います。

それはズバリ、ピークが来る前に徹底的に仕事の準備を完璧にしておくことです。

ある意味「当たり前」のことではありますが、めちゃくちゃ大事です。

 

準備といっても色々ありますのでいくつか挙げてみますね。

「準備をしなかったせいで作業が中断したり、スピードが落ちたりするような状況」は絶対に避けましょう。

 

 

 

基本は何でも多めに用意する

ピーク時間を乗り越えられるほどの食材が用意されているか?お皿や調味料などの補充は完璧か?などなど…。

少なめか、多めかで言うと基本は多めに用意しておきましょう。

 

 

「無くなったら取りに行けばいい、仕込めばいい」という考えでは、実際そうなった場合にその時間がもったいないですからね。

普段なら「こんな作業1分もかからず、すぐできるじゃん?」的な内容でも、ピーク時はそれができないくらいの忙しさになることは多いですよね。

 

また、店長などの判断で「ある程度作り置きをしているメニュー」があるのであれば、もちろんその準備も大事ですね。

 

食材は用意する量に注意!

食材以外であればかなり多めに用意しても問題ありません。(スペースさえあれば)

ただしもちろん食材は常温だと腐ってしまう恐れがあります。

 

なので、多めとは言っても冷蔵庫に入りきる量にしましょう。

 

ただ種類もたくさんあるので、その感覚はなかなか難しいとは思います。

そこで最も確実なのは普段のピークを思い出して、よく足りなくなる物を把握することです。

「いつも○○が途中で足りなくなる」とわかれば、予めそれをいつも以上に多めに用意しておきましょう。(持って来たり、仕込んだり)

 

 

スポンサーリンク

 

作業スペースの整理、準備

仕事がしやすくなるように、準備、工夫、整理などをしましょう。

デスクワークなんかでは、「オフィス机の上やその周りがぐちゃぐちゃだと仕事の効率が悪い」とよく言われますが、他の職種でも同じです。

 

今まで全く意識していなかった人は、仕事開始前に一度しっかり考えてみることをおススメします。

そのあとは、仕事中も常に意識してそのベストな状態を保つことが理想です。

 

 

厨房はポジション別に分かれているケースが多々あります

自分の作業スペースであまり使わないモノ、食材などであれば冷蔵庫に、その他の調理器具などは他の場所に移動させたりしましょう。

そうすることで作業スペースも広くなります。

 

逆によく使う物なら、常に作業台の上に出しておく(食材の場合は注意が必要)など。

 

また、使用した調理器具なども放置せずに、片付けながら作業を進めましょう。

大きいゴミなどもすぐに捨てましょう。

そうすれば作業スペースも広いままキープできるでしょう。

 

 

物の位置や冷房個の中身も見直しましょう

作業台の上の調味料なども自分が取りやすい用に調整します。

細かいことかもしれませんが、かなり重要です。

 

右利き左利きでも配置が変わってくるかもしれませんね。

慣れれば勝手に手がそこに動くので、いちいち「え~っと、濃い口醤油は…?みりんは…?」と探す時間が無くなります。

また、パッと見で見分けがつくように、容器の形や色で分けるという方法も効果的です。

 

 

冷蔵庫の中はぐちゃぐちゃだと食材を取るのにも時間がかかりますし、パッと見で「どこに何があるか?」がわかるように物を移動させたり、よく使う物ほど手前に置いたりしましょう。

 

勝手に変えていいのか!?

もしアナタがフリーターとして厨房バイトの中心となっているのであれば、物の位置などを変えても特に何も言われない可能性が高いでしょう。

週3日ほどの出勤で他の曜日は別のスタッフが勤務している、または他のスタッフに「やりにくい」と言われたりした場合は、自分の勤務時間が終わる頃に元の位置に戻せば問題ありません。

 

もしくは社員さんにその作業台の形を変えても問題ないか確認して、okをもらえば良いです。

効率よく仕事ができる工夫ですから、断られることも少ないでしょう。

 

 

上記のようなことは色々な職種に共通することだと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

スタッフ同士の確認

自分で判断ができない状況がよくある場合は、予め先輩や社員などに「□□という状況になった時の対処法」を聞いておきましょう。

ピーク中にあたふたしながら質問しても、相手もピリついていますし丁寧には説明してもらえません。

 

また場合によっては「その時に周りに頼れる人がいないというケース」も全然あります。

 

 

スタッフ同士の連携が必要な仕事がある場合は、後輩などに予め暇な時間に「お願いや注意」をしておくことも大事です。

忙しくなってから「あ~もう、先に言っておけばよかった…」と後悔することのないようにしましょう。

 

とにかく何でも事前に事前に…という姿勢が大事です。これも「ある意味準備」と言えるでしょう。

 

 

仕事がしやすくなる道具を自腹で買う!?

例えば、お店の包丁が全く切れない時、自分のマイ包丁を買うと調理や仕込みなども早くなり、結果的に仕事スピードが上がる可能性があります。

これも一応、(道具の)準備ですね。

 

 

まあ、良い包丁はけっこう値が張るでしょうし、将来料理人を目指していないのであれば無理して買う必要はないと思いますが…^^

ただそういった発想もアリっちゃアリだと思います。

 

私の過去のバイト先では自宅から「計り」や「ピーラー」などを持ってきている人もいました。

これも、最初からお店にある物より便利だと判断したからでしょう。

 

今回は以上になりますが、もしよろしければ居酒屋のキッチンバイトはきつい!?も読んでください^^

 

スポンサーリンク

関連記事