一人暮らしにベッドはいる?布団とどっちがいい?メリットデメリット!

一人暮らしをスタートする時に色々と揃える家具。

その中で特に迷うのは…

「ベッドが必要か不要か?布団とどっちがいいの?」的なことではないでしょうか?

今回はこういった疑問について、一人暮らし歴が長い僕の考えも入れながら解説したいと思います。

また、「ベッド」や「布団」で寝るメリットデメリットなども書いているので、ぜひトータルで参考にして頂ければ!

目次

一人暮らしにベッドはいる?それとも不要…?

もちろんこれは人によりますし、あとで紹介するメリットデメリットなども見て決めて頂ければと思います。

ただ先に僕の超個人的な考えで言うと、特にこだわりや事情がない限りは「ベッド無し」で問題ないんじゃないでしょうか。

つまり布団で寝るという選択ですね。

ただこれは毎日の「布団の上げ下ろし(押入れなどに)」をほぼしない(サボる)という前提ですが…(僕の話なので気にしないでください。汗)

話を戻しますが、もし「ベッド」の場合だと…

・一人暮らしは部屋が狭いケースが多いのでさらに狭くなる

・掃除がやりづらい

・初期費用的に…

ってな感じの問題が出てくるのではないでしょうか。

初期費用ってのは、まあはザックリ言うと、布団一式にプラスで費用がかかりますからね。

ただまあ当然、ベッドの値段はピンキリで、めちゃ安いモノもあります。

もちろん逆に本格的なモノなら5万円から、さらに良いものだと10万円ほどしたりもしますけどね。

上記で「たぶん布団でいいんじゃないかな…?」的なことを書きましたが…

あくまでも僕の考えですし、もちろんこの時点で決めないほうがいいです。

なのでこの先も読んでみてくださいね。

ベッドには様々な種類があり、それによっては色々な考え方ができたりもします。

今からはいくつか挙げてみますね。

ベッドの種類は豊富

一般的な「木製の大きなベッド」「パイプベッド」、また「二段ベッド」「収納付きのベッド」なども。

生活スタイルや趣味、値段、部屋などに合わせていろんなタイプのベッドから選べそうです。

何を買うにしても、一人暮らしなのでサイズはシングルでいいでしょう。

ちなみに以下の商品はレビュー件数が1000を超えています。

さらに楽天の「フレーム・マットレスセットランキング」で1位です。(2021年7月30日時点で)


楽天市場のフレーム・マットレスセットランキングはこちら

一人暮らしに向いているベッドは?

もちろん「絶対コレ」ってのはないんですが…

ただ狭い一人暮らしの部屋に大きなベッドが場所を占めてしまえば、他の家具が置けなくなったり生活スペースが狭くなってしまいます。

なので…

・折りたたみベッド

・ソファベッド

などはスペースが広く使えるので一人暮らしには向いているかもですね。

「前者」は昼間は折りたためるのでスペースが広く使えますし、「後者」はソファとしても使えるので一人暮らしの人には便利でしょう。

ただどちらも寝心地に関しては厳しい声もあるようですね。

ちなみに、寝る時はそのままではなく「何かしら敷くケース」が多いでしょうね。(どちらも)

そして値段に関してはどちらも割とお手頃なものもあります。1~3万円ほどでも買える商品は多いですね。

以下の商品は楽天の「折りたたみベッドランキング」で1位です。(2021年7月30日時点で)


楽天市場の折りたたみベッドランキングはこちら

続いてこちらの商品は楽天の「ソファベッドランキング」で1位です。(2021年7月30日時点で)


楽天市場のソファベッドランキングはこちら
また…

・ロフトベッド

・足つきマットレス

などもアリかも!?

「前者」は2階部分がベッドで下が有効活用できるのでおすすめと言えるかもしれませんね。

「後者」はスペース的には問題が出てくるかもしれませんが、割と広めの部屋でさらにシングルサイズならそこまで心配は要らないかもしれません。

こちらは足つきなのでマットレスの下に物を収納することができます。

ちなみに寝る時は「ベッドパッド」などを敷いて利用する感じでしょうね、たぶん。

ちなみに以下の商品は、なんとレビュー件数が10000以上もあります。

そして楽天の「脚付きマットレスランキング」 で1位です。(2021年7月30日時点で)


楽天市場の脚付きマットレスランキングはこちら

今からは一人暮らしでベッドで寝るメリットデメリットを紹介します!

ベッドで寝るメリットデメリット

ベッドで寝るメリット

・布団の上げ下ろしをしなくてよい

忙しい朝や疲れて帰宅した夜でも、ベッドならこのわずらわしさがありません。

朝起きて、かけ布団や枕を整えるだけでオッケーです。

・アレルギーがある人もベッドの方が安心かも

布団の上げ下ろしをするたびに、目には見えないホコリやダニなどのハウスダストが舞い上がっていますし、床に直に引く布団は床のホコリを吸いやすいです。

しかし、ベッドならその心配が少ないです。

・床からの冷えを感じにくい

ベッドは床からある程度高さがありますからね。

特に冬場は床に冷気が溜まるので、直に敷く布団だとその影響を大きく受けてしまいます。

・寝心地が良い

ベッドのマットレスは、身体の重みを分散して快適な寝心地を実現してくれる構造になったものが多いです。

敷き布団だとどうしてもすぐにペタンとなってしまいますが、クッション性の高いベッドなら寝返りも打ちやすく腰への負担も軽くなります。

・起き上がりやすい

高さがあるので起き上がりやすく、腰痛がある人は特にベッドの方がおすすめですかね。

・収納スペースが少ない場合はベッドのほうがいいかも

布団を入れるだけの十分な収納スペースなどは気にしなくていいですね。

また、ベッド下に物が収納できるタイプなら、置くスペース自体も有効活用できます。

ベッドで寝るデメリット

・部屋が狭くなってしまう

予算が限られる一人暮らしは、特に部屋の広さよりも立地条件や家賃を優先して選ぶ人がほとんど。

なので狭いスペースにベッドがあれば、さらに部屋が狭くなってしまいます。

ただ「折りたたみベッド」や「ソファベッド」なら、ある程度は広さの問題は解決できるでしょう。

・布団セット一式を買うよりも値段は高いことが多い

ベッドにプラス、かけ布団やシーツ、枕も必要なので費用面での負担が大きくなります。

・掃除がしにくくなる

ベッドがあればスイスイと掃除機がかけづらくなり、ベッド下にはどうしてもホコリが溜まりやすくなります。

・引っ越しをするときに荷物が増える

ベッド分だけ荷物が増えるので、引っ越し費用もそれだけ高くなるでしょう。

引っ越しが多い人はベッドがない方が良いかも知れません。

続いては「布団」のメリットデメリットを紹介するので、どちらがいいか迷っている場合はぜひこちらも参考にして頂ければ…!

その前に若干、種類なども解説…!

布団の種類をザックリ。そしてメリットデメリットを紹介!

まずこちらも布団と一口に言っても様々な種類があります。

「かけ布団」に「敷き布団」、「羽毛布団」や「肌掛け布団」、そして「毛布」や「タオルケット」などなど。

また、「かけ布団」と「敷き布団」にはそれぞれカバーが必要ですし…

「枕」と「枕カバー」、あと「敷きパッド」なども必要でしょう。(基本的には)

寒い冬は「毛布」や「羽毛布団」をかけたり夏には「タオルケット」だけで寝たりと、布団の種類が多ければそれだけ季節ごとに調整できます。

ただ収納スペースも少ない一人暮らしのお部屋であれば、まずは最低限必要な布団を揃えればオッケーでしょう。

こだわらないなら「1万円以内の布団セット」もありますよ。

ちなみに以下の商品は、なんとレビュー件数が10000を超えているので人気なんでしょう。

さらに楽天の「掛け敷布団セットランキング」で2位です。(2021年7月30日時点)


楽天市場の掛け敷布団セットランキングはこちら

ここからはメリットデメリットです。

布団で寝るメリット

・部屋が広く使える

朝起きて押し入れに布団を片付ければ、それだけ部屋にゆとりが出てきます。

特に一人暮らしなら広い物件を選ぶ人は少ないでしょから、大きなメリットですね。

ただ僕は押し入れなどには入れず(というか無いので)、敷布団ごと半分ペタッと折る感じだけですけどね。

湿気的に良くないんでしょうか…?汗

・生活にメリハリをつけることができるかも

布団の上げ下ろしをすることで寝るときは寝るなど、生活のリズムを切り替えるスイッチになるでしょう。

僕は正直、上記で書いたように布団をきれいに畳んで片付けるってことはしていませんが…。

・干しやすい

布団なら晴れた日には干して、清潔に保てることもメリットでしょう。

・値段が安いケースが多い

最低限必要な寝具が一式揃った「お手頃価格の布団セット」もあり、1万円以下で購入できたりもします。

かけ布団に敷き布団と枕、それぞれのカバーがついた「6点セット」などがあるので、一人暮らしならとりあえずは困りません。

・模様替えがしやすい

ベッドだと置き場所を変えるのはなかなか難しいですが、布団なら敷く場所さえ確保できればオッケーです。

家具の置き場所を変えて模様替えしたいときも布団ならすぐにできますね。

布団で寝るデメリット

・布団の上げ下ろしの手間がかかる

メリットとしても挙げましたが、疲れて帰ってきた日の夜とかは辛いかも。(何回も言いますが、僕はしていませんが…)

・冬は寒い

暖かい空気は上の方に溜まり冷たい空気は下の方に流れるので、床に直に敷く布団だと寒さを感じやすいです。

底冷えのする冬は特に床からの冷気を感じやすいので、寒さに弱い人はなかなか寝付けないということになるかも知れません。

・ベッドよりも寝心地が劣るケースが多い

ベッドのマットレスと比べると敷き布団はへたりやすいです。(ぺったんこになる)

毎日寝ているうちにどんどんクッション性や厚みが減っていくので、身体が痛くなりやすいかも。

・特に梅雨の時期にはカビやすくなる

日本は高温多湿の気候ですからね。

湿度の高い梅雨や雨の日に布団を敷きっぱなしにしておけば、すぐにポツポツとした黒いカビが生えてしまうでしょう。

そうなると、どんなに洗っても落とすのは難しいです。

ベッドか布団か、決まりましたか?

ここまで読んでみて、どちらのテンションになりましたか?ゆっくり考えてみてくださいね。

ちなみに僕は…

実家暮らしの時はベッドで…

一人暮らしでは「マットレスのみ」で掛布団をかけて寝ていた時期もありましたが、現在は完全に布団派。

しかも全然こだわりがないやつで、シングル3点セットで1万円以内のやつです^^

しばらく使って、数年に丸ごと買い替える感じです。

そして何回も言っていますが、布団を毎日キチンと片づけたりはしません

基本的には敷布団ごと半分に折っているやり方で、これが正しいのかわかりません。

たぶんあまり良くない気がするのでマネはしないほうがいいです。汗

まあ僕が布団派なのは、こんな感じの性格という影響もあるのかも。

仮にですよ、もし仮に、「毎日必ず押入れに布団の上げ下ろしをしないといけない」的なルールがあるのであれば、超面倒なのでベッドを選ぶでしょうね。笑

ちなみに「布団の収納」に関しては、もし押入れやクローゼットがない場合でも…

色々工夫したり、「それ系の商品」などを使えば何とかなるとは思います。

例えば以下のようなモノでしょうか…?(それ目的の専用商品かどうかはわかりませんが)


以上ですが、今回紹介した商品をまとめておきますね。

気になるモノがあれば、ぜひ商品ページをチェックしてみてください。


楽天市場のフレーム・マットレスセットランキングはこちら

楽天市場の折りたたみベッドランキングはこちら

楽天市場のソファベッドランキングはこちら

楽天市場の脚付きマットレスランキングはこちら

楽天市場の掛け敷布団セットランキングはこちら

今回紹介した楽天の商品をお得に買う方法!

最後に、この記事で紹介した楽天の商品をお得に買う方法を紹介します。

結論から言うと楽天カードの「新規入会&利用」でもらえるポイントを使うやり方です。

そもそも「一人暮らしをきっかけにクレジットカードを作ろう」と考えていた方もいたかもしれませんね。

もらえるポイントは、2021年7月10日時点では5000ポイント

1ポイント➡1円相当で使えるので、かなりでかいですよね。

注意点

条件(個人的には特に難しいとは思わない)をクリアすればポイントがもらえますが、ただ受け取るのは後日になります。

なので今すぐに「このポイントを支払いに使う」ってことはできないので、受けとるまで待つ必要があります。

あくまでも今回紹介した商品に使うのであれば…という話ですけどね。

ポイントさえゲットできれば、もちろん何に使うかは自由です。

楽天カードの特典ポイントについては、以下の詳細記事をぜひ読んでみてください。

「いや、それより公式サイトをチェックしたい!」という方はこちら。

※公式サイトの説明はしっかり読んでください。(進呈条件なども)

楽天カード

また、以下の記事もぜひ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる