男友達と3人暮らし(ルームシェア)してわかったデメリット7選!

僕は現在一人暮らしをしていますが、過去に男の友達と3人でルームシェア生活をしていたことがあります。

僕からすれば基本的にメリットが多かったのですが、当然デメリットも存在します。

そこで今回は僕の体験談も入れながら、友達と一緒に暮らすデメリットを7選紹介したいと思います。

ルームシェアを始めるか悩んでいるあなたにとって、少しでも参考になれば!


楽天市場のニット・セーターランキングはこちら
目次

①プライベートの時間が少なくなる!

一つの住まいを友達と共有するので、どうしても一人だけのプライベートな時間は少なくなるでしょう。

話し相手がいて暇つぶしや安心して生活できる反面、ゆっくりしたいときも一人っきりになれない(完全には)ということがデメリットになるでしょう。

ただしこれは…

一人一人に自分の部屋があるかにもよりますし、あとそれぞれの生活スタイルにもよります。

僕たちの場合は各3人とも部屋があり、それとは別にリビングもありました。

例えばテレビの自由度に関して言うと、リビングには一台置いてありましたが、どうしても見たい番組があった時などは自分の部屋のテレビで見たりって感じでした。

食事に関しては夜はけっこう3人で食べることが多かったのですが、必ずみんなで時間を合わせたりって感じでもなかったですね。

2人の時もあればもちろん1人で食べることもありました。それぞれ用事や仕事などでけっこう時間が違いましたからね。

なので僕のような感じではなく、ずっと一緒にいる時間が長いと当然プライベートは少なくなりストレスは出てくるでしょう。

②気を遣い過ぎて疲れてしまう人も

家族とは違って友達と一緒に暮らすとなると、何かと気を遣うものです。

例えばリビングに友達がいれば「何か話をしなきゃ」と考えたりと、気を遣い過ぎて疲れてしまう人も中にはいるでしょう。

また、友達が不機嫌の時は「どうしたんだろう…?私何かしたかな…?」と悩む瞬間があるかもしれません。

そういうタイプの人はルームシェアが向いていないかも知れませんね。

あと相手が、もしくはメンバーの中の一人が先輩や年上だったりすると、そういった可能性はさらに高くなるでしょうね。

ただ個人的には…

一緒に暮らす(のをオッケーした)くらいの仲ですから、そこまでガチガチに気を使うケースは少ない気はしますが…。

僕の場合は確かに若干気を使いましたが、そこまでストレス!ってレベルまではいかなかったですね。

いや、でも実際それで悩んでいる人がいるのは事実ですから、あり得る話なんでしょうね。

ん~やっぱり関係性や人によるんでしょうね。

③人を招きにくくなる

友達と一緒に暮らすということは自分だけの家ではないので、このあたりは多少気を使うケースが多くなるでしょう。

一人暮らしのように気軽にいつでも「彼氏や彼女」、「メンバー以外の友達」や「知り合い」などを呼べなくなります。

同居人の体調が悪かったり何か悩んでいそうなときには、お客さんを連れてきてガヤガヤうるさくするのは控えるなどの配慮が必要ですね。

同居人がオッケーを出し、たくさん呼んだ友達でホームパーティー的なことをしたとしても、その後片付けをキレイにするなどの心がけがもかなり大事になります。

また、特に恋人を家に招くなら必ず友達にも伝えておいたほうがいいでしょう。

ちなみにですが、家に呼んでも友達に気を遣うので、くつろいで過ごすことはできないケースが多いとは思います。

また反対に、恋人を招かれる友達の方もその頻度が多いとストレスになる可能性は高いですね。

もしその友達の恋愛がうまくいっていない状況だったりすると、余計辛い気持ちにさせてしまう可能性もあるでしょう。

もちろんこれはお互い様ですけどね。

あらかじめルームシェアの友達と「誰かを家に呼ぶ時の決まり」を作ったりして、お互い気を遣わずに人を招けるようにすることが大切ですね。

メンバーと知り合いかどうかにもよる

一般的には「人を招きにくい」と書きましたが、その人のことを同居人がもともと知っているかどうかにもよります。

もちろん知っていても、さらに印象が良いかどうかなども大事ですが…汗

僕の場合は「同居人が全く知らない地元の友達」を家に入れたことがありますが…

やはり気を使いますし、できるだけ避けたかったですね。

彼女も呼んことがあるのですが、その彼女と同居人はルームシェアを始める前から知り合いだったので、この場合は特に気を使いませんでしたね。

また、僕が会ったことがない同居人の彼女が来ることもありましたが、普通に良い人だったのでこれも特に気にならなかったです。

まあ3LDKで自分の部屋があったので、「もし苦手なら部屋にいればいいや」っていう安心感もありましたけどね。

④友達との仲が悪くなるリスクも!

これはかなりでかいデメリットです。

僕らのルームシェア生活では大きいダメージはなかったですが、世間一般的にはけっこう可能性があるようです。

原因なども含め、以下の記事で詳しく書いていますのでぜひ。

ストレス?イライラ?友達とルームシェアすると仲が悪くなる?

また、もちろん今回の記事内容が原因でそのような状況になる恐れもありますけどね…。

⑤生活リズムが違うとストレスに

生活リズムが同じでも、それはそれで良くない部分がありますが、違っても当然ストレスになるものです。

まあこれも厳密には「家の広さ」や「個別の部屋の有無」などによって変わりますが、どちらかと言うと「生活リズムが違うほうが、よりキツイ」のではないでしょうか。

僕もそっち派です。

例えば…

「自分は朝早くに出勤するけど、友達は昼くらいから出勤して深夜に帰宅する」などは問題が出やすいですね。

友達の帰宅時のお風呂や食事の音が気になって眠れなくなったり、朝は友達に気を遣って音を立てないように用事を済ませないといけなくなるって可能性がありますからね。

これは逆の立場でも同じようなことが言えますけど…。

生活音を立てないように注意していても完全には無理なので、ある程度の音はしてしまいますからね。汗

毎日睡眠にまで支障(妨げ)が出るくらいのレベルなら、ルームシェアを続けるのも難しくなるかも知れません。

⑥友達が途中で解消する可能性も

ルームシェアは「生活費を分担できる」というメリットで始める人がほとんどだと思います。

ですが、友達が途中でルームシェアを解消してしまう可能性も普通にあり、そうなれば単純にお金に困ることになります。

家賃がけっこう高めの部屋を借りていた場合は、そこに住み続けることが難しくなるでしょう。

お互いにそのようなことにならないよう、基本的にはルームシェアをするなら事前に期間を決めておく必要があります。

しかし1年間とか2年間とか期間を決めておいても、実際は途中でどちらかの状況が変わる可能性も十分にあるでしょう。

どちらかの勤務時間が変わって「生活リズムが合わなくなる」こともあれば、どちらかが「結婚を考えるようになる」こともありますからね。

他にも「転勤」や「実家に帰らなくてはいけない状況」、「一人暮らしがしたくなった」みたいなケースもあるでしょう。

相手が先に出ていくことになった場合は…

また他に「ルームシェアをする友達を探す方法」などもありますが、ほとんどのケースでは終了して引っ越すことになるでしょうね。

なのでそういう意味では、万が一のときの引っ越し資金などは用意しておくと安心ですね。

ちなみに…僕らの場合はほぼ全員同時にルームシェアを終了させましたが、ある都合で僕だけ1か月前に先に引っ越しをして出ました。

ラストのその家賃などは3等分ではなく、半分ずつになったので申し訳なかったですね。

⑦恋人には嫌がられるかも

※これは特にルームシェアをする前から、付き合っている恋人がいる場合の話です。

その恋人が、彼氏や彼女のルームシェアに対し、めちゃくちゃ賛成するってケースはほとんどない気がします。

やっぱり気を使いますし、今まで恋人の自宅によく遊びに行ってたり、距離が近かったりすると余計にそういう気持ちになるでしょう。

僕もルームシェアは実現させましたが、当時の彼女に反対はされていました。

気持ちはわかります。もし逆に彼女が友達とルームシェアをするという話があった場合、僕も簡単に賛成はしないでしょうね。

以上になりますが、逆にメリットについては以下の記事をどうぞ!

体験談!男友達と3人でルームシェアした僕が思うメリット12選!

寒い季節ですね。


楽天市場のレディースマフラー・ストールランキングはこちら

楽天市場のコート・ジャケットランキングはこちら

楽天市場のブーツランキングはこちら
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる