一人暮らしに冷蔵庫は必要?自炊しなくても無い生活は不便だとは思う

初めての一人暮らしは、まず最初に家電を用意すると思いますが、その中の一つに冷蔵庫があります。

ただこの冷蔵庫に関して…「やっぱ必要だよね…?でももし不要ならできれば買いたくないんだけど…」と迷っている人もいます。

おそらく今あたなも似たような気持ちではないでしょうか。

なので今回は「冷蔵庫って本当にいるの?いらないの?」ってテーマについて、個人的な考えを中心に語りたいと思います。

ちなみに僕は一人暮らし歴が長く、自炊をそれなりにしたり、逆に全然しなかった時期も経験しています。

今回の記事でお役に立てる部分が少しでもあれば嬉しいです。

最後あたりには人気の冷蔵庫も紹介しています。

目次

一人暮らしに冷蔵庫はいる?それとも不要?

結論から言うと「あなたの生活スタイルによる」になりますが…

でも一般的に考えると「必要な人のほうが圧倒的に多い」と思います。

よっぽどのケースでない限り、冷蔵庫を用意して後悔することは少ないでしょう。(サイズなどは色々考えたほうがいいでしょうけど)

冷蔵庫が無い生活は、やはり基本的には不便だと思いますね。

ちなみに僕的にも必要です。

僕はトータル10年以上の一人暮らしの中で、引っ越しも何度か行っていますが、冷蔵庫がない生活は一度も経験したことはありません。

もちろん「無い生活をしてみたら意外と平気だった、むしろ快適だった」という人もいるでしょうし…

僕もそのようになる可能性は0ではありません。

ただ「冷蔵庫が無い生活をしよう」という発想が一度もないくらい、超当たり前の家電になっていますね、僕の中では。

でも先ほど書いたように実際は「生活スタイルやこだわり、考え方」などによって変わってくるので、冷蔵庫が不要な人もいます。

今からはそのあたりについてもう少し書いてみますね。

冷蔵庫が必要か不要かは「生活スタイル」による?

まず最も大きな判断基準としては自炊をするかしないかですね。

それなりに自炊をする場合は、もう必需品といって言いレベルですね。

ほとんど自炊しない場合

無くても生活することは可能です。でもあったほうが便利なのは間違いないとは思います。

総菜や弁当を買ってきた場合でも、ちょっと冷蔵庫に入れておくケースなどは多々あるでしょうからね。

あとたまに使用する「調味料の保存」的な意味でも…。

全く自炊しない場合

確かにいらないかもしれませんね。

ただ料理自体は問題なくても、やはり気になるのは飲み物です。

特に夏場のことを考えると、やはりあったほうが便利なのかな~という気はしますね~。


あと友達や彼女が遊びに来た場合のことなども含めて、よく考えた方がいいかもしれません。

まあ、飲み物だけ入れる場合は「めちゃ小さいサイズ」とかでもいいのかもしれませんが…。


そして飲み物が問題ない場合ても、総菜やテイクアウト商品に調味料を足したりするケースなどもあるかも…。

この場合、例えばマヨネーズとかは冷蔵庫がないとキツイですよね。

さらにもっと細かく言うと以下のようなポイントによっても、冷蔵庫の必要性は変わってきます。

・お金的に余裕があるかないか

・家にいる時間が多いか少ないか

・よく食べるのか小食なのか

・好きな料理が多いか(こだわりがあるか)

・飲食系のバイトや仕事についているか(まかないがあるか)

・保存的な意味で「住んでいる地域」にもよるかも(例えば北海道とか?)

・住み始める時期にもよるかも(真冬なら最初は不要かもしれないが。みないな?)

・家の近くにスーパーや飲食店があるか

などなど。

まあ細かく言うとキリがないですが、今からは「冷蔵庫がない場合のメリットデメリット」を紹介しますね。

上記の内容と被っている部分も多少ありますが、こちらも少しでも参考になれば!

一人暮らしで冷蔵庫を置かない場合のメリット11選!

①スペースが空く

特に一人暮らしだと狭い物件が多いでしょうから、これはけっこうなメリットかもしれませんね。

その代わりに別の物を置ける的な意味もありますが、逆にシンプルに物が少ない部屋を好む人にもいいでしょう。

見た目もスッキリで、掃除もしやすいでしょうからね。

②節約できる部分もある(ただ注意点もアリ)

まず「電気代」を節約できるってのはほとんどの方がイメージするででしょう。確かにメリットでもあります。

また単純に、その冷蔵庫を買う予定だったお金も浮くので初期費用などでも少し助かるでしょう。

そしてさらに冷蔵庫がないってことは自炊をほとんどしないと思うので、結果、他のガス代や水道代などの節約にも繋がるもしれませんね。

また、大量に買っても保存できないとなれば、スーパーなどで無駄な買い物をしなくなるかもしれません。

なのでそういう意味で食費も浮くかもしれませんね。

ただし自炊しないとなるとやはり外食などが多くなると思うので…

そういうのを全部考えるとトータルは節約にならない…というか、金銭的にはデメリットになるような気はします。

よっぽどのパターン(無駄なモノをめちゃ買うとか)でない限り、やはり自炊のほうが食費的には安いでしょうからね…。

③ゴキブリが潜む所が一つ減る?

ゴキブリは冷蔵庫の裏とか隙間とかを好み、そにいるイメージがありますよね。

なのでそういう意味のリスクも減るのかな~という気もします。

そしてもし部屋で見かけて見失った場合でも、一つ隠れる場所(逃げる場所)も減りますね。

④ゴキブリが出にくくなる?

上記の「潜む場所」的な意味ではなく、生ゴミなどが少なくなるのでゴキブリも出にくいかも?的な意味です。

冷蔵庫がないと、たぶん自炊をするケースは少なくなりますよね。

なので生ゴミが出にくいことはもちろんですが、食材を保存することも基本なくなります。

あとキッチンが汚れにくくもなるので、トータル、ゴキブリ対策としては効果アリなのかな?と思います。

⑤食材が腐るケースなどが少なくなる

いや、普通に考えば逆じゃないの?と思うかもしれません。

ただ冷蔵庫がない場合は「買って保存する」ってことは基本しなくなるでしょうから…

そういう意味で無駄になることはないでしょうみたいな意味です。

常温で置いておけるモノやその日食べる分だけの食材を買うってケースが多くなると思うので。

⑥冷蔵庫の中の掃除をしなくていい

まあこれはそんなに大したメリットではないですが…。

しかも頻繁に行うことでもないでしょうけど、一応「冷蔵庫がない場合」のメリットとして書きました。

あ、あと「冷凍庫の霜取り」なども気にしなくてよくなりますね。

⑦その日好きなモノを食べることができる

冷蔵庫で食材を保存していると、「アレが余ってるから今日までに食べなきゃ、早めに食べなきゃ」的なケースって割とあったりします。

何を食べるか考えるのが面倒な時は逆にいいのかもしれませんが、気分的に乗らなかったり無理やりの場合はけっこうきつかったりします。

でも冷蔵庫が無ければ、そもそも上記のような心配がいらないので、その日、その時好きなモノを食べることができます。

「今日は無性にカレーが食いたいけど、でも〇〇が残ってるからな…」ということが起こりづらいですね。

⑧ダイエットにもなる!?

長時間保存できないがゆえ、買い物の量が減るかも?あまり食べないかも?みたいな期待ですね。

ただ外食ばかりしていたらまり意味はないですが…。

⑨お店がたくさん知れるかも?

まあこれは自然と外食が多くなると思うので、「色々なお店に行く機会が多くなるかも?」的な意味ですね。

その中で新たな発見があったり、お気に入りが見つかるかもしれませんね。

⑩次の引っ越しでちょっと楽かも

今住んでいる場所から次の場所へ引っ越す時に言えることですね。単純に運ぶ家電が一つ減りますね。

自分で作業する場合はもちろんですが、業者に頼む場合でも金銭的にメリットになる可能性が高いでしょう。

⑪処分にも困らない

冷蔵庫は家電リサイクル法で捨てれなかったりします。

なので引き取りに来てもらったりすることになるのですが、その場合の金銭面も気にしなくていいですね。

ここからは「無い場合」のデメリット!

一人暮らしで冷蔵庫がない場合のデメリット8選!

①料理の種類は限られてくるかも?

厳密に言うと、冷蔵庫が無くても毎回食材を買ってこれば自炊はできるので、必ずメニューが限られてくるわけではありません。

でも「保存ができい」のであれば、実際は買わなくなる(買わない)食材や商品は出てくるでしょう。

なのでそういう意味では…

自宅で作る料理は限られてきたり、種類やレパートリーが増えにくいというケースはあるとは思います。

ただし上記はあくまでも、自宅でそれなりの料理を作る場合の話です。

もちろん弁当、外食、出前などはあるので「食べる料理が少なくなる」的な意味ではありません。

②飲み物を保管できなから困るかも

冷蔵庫は食材はもちろん、飲み物を入れておける点もかなり重要ポイントです。

これは「自炊を全くしない場合であっても冷蔵庫が必要かも?」と思う理由でもあります。

もちろん味的な意味で言えば、「冷えてなくても常温で全然大丈夫」って人は特に問題ないでしょう。(味に関しては)

ただ個人的には「水」や「お茶」はまだ常温でもいいですが…

ジュースやビールなどは冷やして飲みたい派ですね。(きっとそういう人が多いでしょう)

ただ解決策も一応あります。

まずは氷を買ってくるという方法。

もちろんどんどん溶けていきますが、例えば夕食や晩酌などの数時間であれば、それでいけるでしょう。

また物件の1階など、超近くに自動販売機がある場合でも、このデメリットはある程度解決できるかもしれませんね。

ちなみに飲み物ではないですが…

もしアイスが超好きで常にストックしておきたい人などは、冷蔵庫(冷凍庫付きの)がないとやはりキツイでしょう。

③恋人が遊びに来た時に困るかも

特に「長時間家で過ごす場合」や「泊りにきてもらった場合」などですかね。

まず夏場とかで言えば、飲み物の保管問題ですかね。

あと家デート定番の料理を作って一緒に食べるケースなどがあれば、やはり冷蔵庫がないとキツイんじゃないでしょうか。

④トータル的には金銭面はマイナスかも

先程、冷蔵庫を置かないメリットでも多少触れましたが…

冷蔵庫がないと自炊しなくなる可能性が高いので、長期的に色々考えると食費的には節約にはならないケースが多い気はします。

「商品代(本体)」や「電気代節約」などを考えたとしてもトータルだと…って話ですね

ご飯の冷凍なども含め、おかずの作り置きなどもできないですからね。

⑤野菜を食べる機会が減るかも?

もちろん外食で食べたり、総菜やサラダを買ったりって方法はありますが、どうしてもちょっと高いイメージですね。

冷蔵庫があればスーパーで野菜を買ってきて残りは保存って感じになるので、買う機会(食べる機会)が多いとは思います。って話でした。

⑥調味料を揃えるなら保存に困る(置けない)

全く自炊しないのであれば特に気にしなくていいでしょう。

ただし、たまにちょっとするくらいなら、この問題は出てくるでしょう。

食材と違って、一食分で全部使い切るってことは基本的にできないですからね。

常温の調味料って「塩」とか「油」、あと「七味(薬味かな?)」とかなら問題ないでしょうけど…

その他マヨネーズやケチャップなどは冷蔵庫に入れるので、やはり無いとキツイでしょうね。

そして特に「醤油」は超万能でめちゃ重宝しますが、開封後は冷蔵庫がないと厳しいです。

⑦まとめ買いができないので食費的に高くなるかも

スーパーなどでは、特売日にまとめ買いをするという定番(?)の節約方法があります。

冷蔵庫がないとこれは厳しいので、食費的にデメリットと言えるかも。

⑧家を出る面倒さ(しんどい)が増えるかも

家で料理を作るにしても、基本的には毎食スーパーに買い物に行くケースが多くなるでしょう。保存ができないので…。

また、弁当を買う場合でも外食の場合でも自宅を出なければなりません。

これは毎日となると「かなりめんどくさいんじゃないかな~」とは思います。

ただもちろん、常温で置いておける商品をそれなりに揃えておけば、ある程度は解決できますけどね。

あと仕事帰りに「何かを買って帰る、お店に寄る」とかの場合なら、特に気にならないかもですね。

冷蔵庫がない場合のメリットデメリットを書いてきました。

もうこの時点で「間違いなく自分には必要だ」と思ったのであれば、以下の部分から続きを読んで頂ければと思います。

ここからは「冷蔵庫が無い生活をするのであれば、特にチェックしたほうがいい2つのポイント」を紹介します。

一人暮らしで冷蔵庫を買わないなら重要なポイント2点

ここまでの感じで「自分的には不要かもな…」的な気持ちになっている人は、以下の2点をチェックしてみてください。

①常温保存ができる食べ物は?

もし「冷蔵庫がない生活」だとしても、もちろん自炊をしようと思えば可能ではあります。

ただ食材が保存できないこと考えると…

実際はたぶん「常温で大丈夫な食品」、そして「テイクアウトや外食、デリバリー」などに頼るケースが多くなるとは思います。

そして上記の中では特に「常温で食べれる系」はめちゃ重宝することになるでしょう。(保管場所には注意する必要がありますが)

なので今からはそういった食品をザックリ紹介します。

それらに「抵抗がないか、満足できそうか」などをチェックしてみてください。

炊飯器があれば、普通に炊いて食べれます。

大量に炊いて「残りをラップでくるんで冷凍保存」ってのはできませんが、その日食べる分だけ炊くのはアリでしょう。

ちなみに炊飯器じゃなくても、米を炊く方法(レンジで炊ける商品など)は色々ありますが…

最も手軽なとこで言えば「レトルトのご飯」も便利です。

ふりかけやお茶漬けの素

こちらも常温保存ですし、冷蔵庫の有無は関係ありませんね。

手軽で便利で、種類も多くていいですよ。

麺類

まずは「インスタントラーメン」や「カップ麺」などが思い付くでしょう。

そしてかなり便利なのはパスタ類ですね。安いですし、お腹も膨れます。

常温のレトルトソースなんかも売っていますので、それだと冷蔵庫の有無は関係ないと言えるでしょう。

もちろん他にも乾麺の「そば」や、「そうめん」なども特に問題ないでしょう。

パン類

食パンなどは焼けば立派な食事(?)にまりますし、もちろん色々アレンジもできますね。

ただ賞味期限的にはちょっと短いですけどね。

あと先ほどデメリットで書いたように、バターなどの調味料は冷蔵庫がないとキツイですが。

インスタント味噌汁

お湯さえ用意すればいいので便利です。もちろん味噌汁じゃなく「インスタントスープ」もアリですね。

缶詰

種類が多く、一人暮らしの強い味方。

ツナなどはパスタにもご飯にも合いますよね。

レトルトカレー

もちろんカレー以外にもレトルト商品はたくさんありますが、でも代表的なモノで言えばカレーでしょう。

一人暮らしには超便利ですし、冷蔵庫がないなら尚更です。

種類も多くて安い、しかも簡単ですからね。

②近所にお店があるかどうか?

冷蔵庫を買わなくても、毎日一食分の食材だけを買ってきて自炊をすることは可能です。

ただこれはスーパーなどが自宅から遠いとやっぱり面倒になると思うので、近いに越したことはありません。

そして自炊じゃなく、弁当などを買う意味でも、近くにスーパーやコンビニがあったほうがもちろん便利。

また、閉店間際にスーパーに行くと総菜などが安く販売されていることが多いですが…

これもすごく助かりますし、とにかく近いほうがいいです。

そしてお店が仕事帰りなどに「寄りやすい位置」にあればベストですね。

あと、飲み物の心配で言えば自宅から自販機までの距離もチェックです。

外食を考えると、飲食店の数や距離も重要。

自炊をしない生活を考えると頻繁に通うことになるかもなので…

牛丼屋などの「安いけど美味しくてお腹ふくれる系」のお店があると便利ですね。

お店の種類に関係なく、外食をする際は「金銭面や健康面」などのデメリットも色々考える必要はあるとは思いますが…。

冷蔵庫は買うべきと思いましたか?それとも不要と感じましたか?

ここまで読んでみてどんな感じになりました?

もし「無くてもいけそう…」と思ったのであればそれも全然アリです。

「微妙だけどたぶん不要かな…」くらいに思ったのであれば、とりあえず無しの生活からスタートしてみるのもいいでしょう。

もしかしたらそのままイケるかもしれませんし、もし「やっぱないと不便だ」と思ったのであればその時に買えばいいだけの話ですからね。

「いや、どう考えても自分のタイプや生活スタイル的に必要だ」と思ったのであれば買いましょう。

もし買う場合は、どんな冷蔵庫を買えばいい?大きさはや値段は?

まず大きさ的には実家にあるような(?)、すごく背が高いのは要らないですね。

基本的には「小型冷蔵庫」と呼ばれるモノでいいと思いますが、それにもいろんな種類があり、値段も幅広いです。

1ドアタイプで、製氷機つきのホテルに置いてあるような小型冷蔵庫なら10,000円ほどで購入できます。

冷凍庫と冷蔵庫が分かれた一般的な「2ドアタイプの小型冷蔵庫」なら、20,000円くらいで買えるでしょう。

1ドアタイプのミニ冷蔵庫ってどんな感じ?体験談!

まず「1R」や「1K」の物件とかだと、元からミニ冷蔵庫(1ドアタイプ)が付いている物件もあります。

僕はこのタイプの部屋に住んだ経験が何回かあり、現在の部屋もそうです。

ザックリ体験談を語るので「必要な大きさの参考になるかも」という意味で、この先読んで頂ければと思います。

もちろん現在このような物件に住んでいて(住む予定で)、さらに追加で「冷蔵庫が必要か悩んでいる人」も参考にして頂けたらと思います。

まず最も大きなデメリットとしては、やはり量的にあまり入らないことです。

そして以下の画像のように冷凍庫(的な部分)は超小さいです。

というか、これは正式には冷凍庫ではないのかもしれません。(たぶんそんな気がします)

なのでその目的で冷凍食品などを入れるのは本来はNGなのかも?

僕も基本的に「冷凍庫」として使用したことはありません。アイスなども入れたことはなく、買ってきても基本は「すぐ食べる」という形です。

ただ冷凍食品を 、「数時間後に食べ切る」という前提で無理やり入れることはたまにありますけどね。

とにかく冷凍庫としての期待はしないほうがいいでしょう。

そして冷蔵庫の話に戻りますが、僕は外食や総菜なども多めなので、調理用の食材を入れることはほとんどありません。

たまに自炊するとしても「一気に大量に買うタイプ」ではありません。

スーパーに行く際は、多めに買ったとしてもだいたい一日分(3食分?)くらいの量です。なので作り置きなどはしません。

さらに本格的なモノを作ることはほぼなく…

そもそも常温保存ができる「レトルトカレー」や「パスタ」などが大好きです。

つまり買い物に行ったとしても、冷蔵庫に入れる食材は少なかったりします。

だいたい常に冷蔵庫に入っているモノは「調味料」です。それとは別に入っていることが多いのは「納豆とたまご」ですかね。

飲み物はほぼ入れていません。(たぶんこれは珍しいかも?)

入れていたとしても「水くらい」ですかね。

ま、僕はこんな感じの生活で、特にこの大きさで問題ないです。

なので回数的にそれなりの自炊をしたり、食材などを多めに買って(数日分?)保存する人などは厳しいですね…。

続いては、人気の冷蔵庫を紹介しますね。

一人暮らし向けの人気の冷蔵庫を紹介!

楽天市場で人気の冷蔵庫を3つ紹介します。

レビュー件数が多く、そして現在「冷蔵庫ランキング」に入っている商品です。(ランキングはあとで貼ってあります。)

まず一つ目。

こちらは1ドアタイプで、「ほぼ?自炊はしないけど飲み物は入れおきたい…」的な方にとって良いかもしれません。

この冷蔵庫は2021年7月27日時点では、ランキング1位です。


2つ目は「飲み物以外にも食品や食材も多少入れておきたい」と考えている人に良いかも?

2021年7月27日時点では、ランキング6位の冷蔵庫です。


最後は「2つ目よりさらに大きいサイズが欲しい、毎日自炊しよう」的な人におススメかも?

2021年7月27日時点では、ランキング2位です。


以上ですが、ランキングのページを貼っておきますね。

楽天市場の冷蔵庫ランキングはこちら

今回紹介した楽天の商品をお得に買う方法!

最後に、この記事で紹介した楽天の商品をお得に買う方法を紹介します。

結論から言うと、楽天カードの「新規入会&利用」でもらえるポイントを使うやり方です。

そもそも「一人暮らしをきっかけにクレジットカードを作ろう」と考えていた方もいたかもしれませんね。

もらえるポイントは、2021年7月10日時点では5000ポイント

1ポイント➡1円相当で使えるので、かなりでかいですよね。

注意点

条件(個人的には特に難しいとは思わない)をクリアすればポイントがもらえますが、ただ受け取るのは後日になります。

なので今すぐに「このポイントを支払いに使う」ってことはできないので、受けとるまで待つ必要があります。

あくまでも今回紹介した商品に使うのであれば…という話ですけどね。

ポイントさえゲットできれば、もちろん何に使うかは自由です。

楽天カードの特典ポイントについては、以下の詳細記事をぜひ読んでみてください。

「いや、それより公式サイトをチェックしたい!」という方はこちら。

※公式サイトの説明はしっかり読んでください。(進呈条件なども)

楽天カード

また、以下の記事もぜひ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる