歴代のM-1グランプリ!全大会のコンビ最終順位と合計得点一覧!

2021年6月現在、過去16回行われているM-1グランプリ。

今回は全大会の「最終順位」と、「コンビの合計得点」を一覧で紹介したいと思います。

また、ちょこっとした補足などもあれば書いています。

大会ごと(第1回~第16回)に書いていくので、ゆっくりご覧ください。

目次

過去のM-1グランプリ!最終順位と合計得点

最初に「M-1決勝ルール」を超ザックリ説明…

まずは、得点によって全コンビの順位が決定する「ファーストラウンド」が行われます。

そしてその上位3組のコンビが「最終決戦」に進み、戦います。

3組全てのネタが終了したあと、各審査員の投票で王者が決まります。

今回紹介するのは、ラストの投票も全て終わったあとの「最終順位」と「合計得点」です。

合計点数の横に書かれている()は最終決戦の投票数です。

審査員の人数について

「2015大会」は9名、「2016大会」は5名、それ以外の大会は7名。

ただし「2001大会」に限り、スタジオ7名の他に一般客の審査員もいました。

2001(第1回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 中川家829(6)
2位 ハリガネロック809(1)
3位 アメリカザリガニ796
4位 ますだおかだ770
5位 麒麟741
6位 フットボールアワー726
7位 キングコング707
8位 チュートリアル637
9位 DonDokoDon614
10位 おぎやはぎ540

この大会に限り…

東京のスタジオにいる「審査員」とは別に、300人の一般客が審査員としていました。

スタジオにいるのではなく、「札幌、大阪、福岡」の別会場にそれぞれ100人ずつ、という形です。

一般審査員の持ち点は一人1点、スタジオ審査員7名は一人100点なので…

全て合計すると1000満点になります。

上記はそれらも全て含めた合計点数です。

また、この他にも「第1回大会のみに当てはまルール」を挙げると、大きく以下の2つがあります。

①敗者復活制度がない

②最終決戦に残るのが3組ではなく、2組

2002(第2回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 ますだおかだ612(5)
2位 フットボールアワー621(2)
3位 笑い飯567(0)
4位 おぎやはぎ561
5位 ハリガネロック545
6位 テツandトモ539
7位 スピードワゴン535
8位 ダイノジ534
9位 アメリカザリガニ525

2021年6月の時点で、松竹芸能の優勝者は、まだ「ますだおかだ」だけです。

興味があれば以下の記事もぜひ!

歴代のM-1決勝!所属事務所が吉本以外のコンビ一覧!アマチュアは?

また、この第二回大会から行われている大きな特徴は以下の2点です。

①敗者復活制度が始まる(最初はスピードワゴン)

②最終決戦に残るのが3組に(初回は2組だった)

今ではお馴染みになっているルールですね。

2003(第3回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 フットボールアワー663(4)
2位 笑い飯656(3)
3位 アンタッチャブル616(0)
4位 2丁拳銃608
5位 りあるキッズ601
6位 スピードワゴン572
7位 アメリカザリガニ564
8位 麒麟554
9位 千鳥552

ちなみにフットボールアワーは前回の2002年、今回の2003年と2年連続で「ファーストラウンド」を1位で通過しています。

2004(第4回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 アンタッチャブル673(6)
2位 南海キャンディーズ 639(1)
3位 麒麟634(0)
4位 タカアンドトシ615
5位 笑い飯615
6位 POISON GIRL BAND603
7位 トータルテンボス587
8位 東京ダイナマイト583
9位 千鳥582

「アンタッチャブル」は初の東京漫才師チャンピオンとなりました。

また「人力舎」に所属している芸人の優勝者は、2021年6月年時点ではまだ「アンタッチャブル」のみです。

2005(第5回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 ブラックマヨネーズ659(4)
2位 笑い飯 633(3)
3位 麒麟646(0)
4位 品川庄司626
5位 チュートリアル622
6位 千鳥607
7位 タイムマシーン3号571
8位 アジアン564
9位 南海キャンディーズ552

2006(第6回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 チュートリアル664(7)
2位 フットボールアワー640(0)
3位 麒麟627(0)
4位 笑い飯626
5位 トータルテンボス613
6位 ライセンス609
7位 ザ・プラン9597
8位 変ホ長調576
9位 POISON GIRL BAND570

最後の投票では、審査員全員がチュートリアルを選びました。

2007(第7回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 サンドウィッチマン651(4)
2位 トータルテンボス646(2)
3位 キングコング650(1)
4位 ハリセンボン608
5位 笑い飯604
6位 ザブングル597
7位 ダイアン593
8位 千鳥580
9位 POISON GIRL BAND577

「サンドウィッチマン」は敗者復活戦から来て優勝した、初のコンビになりました。

こちらの記事も興味があればぜひ!

M-1グランプリ!敗者復活戦から優勝したコンビは?歴代芸人も一覧で!

2008(第8回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 NON STYLE644(5)
2位 オードリー649(2)
3位 ナイツ640(0)
4位 笑い飯637
5位 U字工事623
6位 ダイアン619
7位 モンスターエンジン614
8位 キングコング612
9位 ザ・パンチ591

2009(第9回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 パンクブーブー651(7)
2位 笑い飯668(0)
3位 NON STYLE641(0)
4位 ナイツ634
5位 ハライチ628
6位 東京ダイナマイト614
7位 モンスターエンジン610
8位 南海キャンディーズ607
9位 ハリセンボン595

最終決戦では審査員全員がパンクブーブーに票を入れました。

これは第6回王者の「チュートリアル」以来のできごとです。

そして敗者復活で上がってきたのは、なんと前回優勝者の「NON STYLE」でした。

しかも最終決戦3組にも残りました。

2010(第10回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 笑い飯668(4)
2位 スリムクラブ644(3)
3位 パンクブーブー668(0)
4位 ピース629
5位 銀シャリ627
6位 ナイツ626
7位 ハライチ620
8位 ジャルジャル606
9位 カナリア592

優勝の「笑い飯」は第2回大会から、今回で9年連続で決勝進出というすごいコンビです(最長記録)。

もしよろしければこちらの記事もぜひ!「笑い飯以外のコンビ」についても書いています。

M-1グランプリ!過去の決勝最多出場コンビは?出場回数も紹介!

そして敗者復活で上がってきたのは、前回優勝者でもある「パンクブーブー」です。

すごいのが、今回も最終決戦3組に残りました。

2015(第11回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 トレンディエンジェル825(6)
2位 銀シャリ818(2)
3位 ジャルジャル834(1)
4位 タイムマシーン3号816
5位 スーパーマラドーナ813
6位 和牛806
7位 メイプル超合金796
8位 馬鹿よ貴方は791
9位 ハライチ788

前回の「M-1グランプリ2010年(第10回)」から、5年ぶりに復活した「M-1グランプリ2015年(第11回)」

審査員は過去最大の9人で、全員が過去の優勝コンビ(の中から一人)というのも大きな特徴でした。(アンタッチャブルは除く)

もしよろしければ以下の記事もぜひ!

歴代M-1、決勝ファーストラウンドの出番順と各審査員の点数一覧!

そして「トレンディエンジェル」は、第7回(2007)のサンドウィッチマン以来となる、敗者復活から上がってきての優勝を果たしました。

2016(第12回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 銀シャリ470(3)
2位 和牛469(1)
3位 スーパーマラドーナ459(1)
4位 さらば青春の光448
5位 アキナ446
6位 ハライチ446
7位 カミナリ441
8位 スリムクラブ441
9位 相席スタート436

審査員は5名で、審査員の人数が最も少ない大会となりました。

もしよろしければこちらの記事もどうぞ!

M-1歴代の審査員一覧!付けた最高点と最低点も個別に紹介!

2017(第13回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 とろサーモン645(4)
2位 和牛653(3)
3位 ミキ650(0)
4位 かまいたち640
4位 スーパーマラドーナ640
6位 ジャルジャル636
7位 さや香628
8位 ゆにばーす626
9位 カミナリ618
10位 マヂカルラブリー607

この回からネタ順が「笑神籤(えみくじ)」で決まることになりました。(クジで決定)

ちなみに現時点で、歴代の最年長優勝者はとろサーモンの「久保田かずのぶ」さんです。(当時38歳)

2018(第14回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 霜降り明星662(4)
2位 和牛656(3)
3位 ジャルジャル648(0)
4位 ミキ638
5位 かまいたち636
6位 トム・ブラウン633
7位 スーパーマラドーナ617
8位 ギャロップ614
9位 見取り図606
10位 ゆにばーす594

「霜降り明星」はM-1史上、最年少の優勝コンビとなりました。

もしよろしければ以下の記事も読んでみてください!

M-1歴代の最年少優勝者は!?若い順に最年長まで一覧で全部紹介!

2019(第15回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数と票数
優勝 ミルクボーイ681(6)
2位 かまいたち660(1)
3位 ぺこぱ654(0)
4位 和牛652
5位 見取り図649
6位 からし蓮根639
7位 オズワルド638
8位 すゑひろがりず637
9位 インディアンス632
10位 ニューヨーク616

「ミルクボーイ」は、7人審査員のM-1の中では歴代最高得点を出しました。

もしよろしければ以下の記事も読んでみてください!

M-1グランプリ決勝!歴代の最高得点ランキング!1位のコンビは!?

2020(第16回)の最終順位と合計得点

コンビ名点数
優勝 マヂカルラブリー649(3)
2位 おいでやすこが658(2)
3位 見取り図648(2)
4位 錦鯉643
5位 ニューヨーク642
5位 オズワルド642
7位 インディアンス625
8位 アキナ622
9位 ウエストランド622
10位 東京ホテイソン617

「おいでやすこが」は、ユニットとして初のファイナリストに。(それぞれピン芸人)

そして最終決戦3組にも残りましたが、もちろんこれも初です。

また、「錦鯉」の長谷川さんは、決勝進出者としては最年長となりました。(当時49歳)

以上です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる