M-1グランプリ決勝!歴代の最高得点ランキング!1位のコンビは!?

過去のM-1の最高得点は何点なのか?そしてそのコンビは誰?

今回はそのあたりについてランキングで紹介します!

決勝戦はまず最初に「ファーストラウンド」が行われる。(点数によって順位が決まる)

そのあと上位3組による「最終決戦」へと進む。

最終決戦は、審査員よる投票なので点数は出ません。

なので今回は「歴代ファーストラウンド最高得点」のランキングになります。

楽天トラベルの人気ホテル・旅館ランキングはこちら 楽天市場のレディースファッションランキングはこちら 楽天市場の美容・コスメ・香水ランキング(女性)はこちら
目次

M-1決勝!歴代得点ランキングトップ10

まずはザックリと紹介します!「審査員が7人」の最高得点ランキングトップ10。

※各審査員が1人100点を持っている(700点満点)

1位 ミルクボーイ(681点)
(2019)

2位 アンタッチャブル(673点)
(2004)

3位 笑い飯(668点)
(2009)

3位 笑い飯(668点)
(2010)

3位 パンクブーブー(668点)
(2010)

6位 オズワルド(665点)
(2021)

7位 チュートリアル(664点)
(2006)

8位 フットボールアワー(663点)
(2003)

9位 霜降り明星(662点)
(2018)

10位 かまいたち(660点)
(2019)

3位は「笑い飯」と「パンクブーブー」が同じ得点で「同率3位」です。

2009➡笑い飯
2010➡笑い飯・パンクブーブー

重要!今回のランキングの注意点!

2021年12月20日時点で、過去17回行わているM-1グランプリ。

その内3回だけは、ファーストラウンドが「審査員7人」の形ではありません。

・第1回➡審査員7人の他に、点数を付ける一般客もいる

・第11回➡審査員が9人

・第12回➡審査員が5人

先ほど発表したランキングは「審査員7人パターン」の大会という前提でした。

なので上記の「第11回と12回の大会」は除きました。

第1回に関しては、一般客を除いた「審査員7人の点数」として考えました。(ただ点数的に第1回のコンビはランキングに入りませんでした)

今からはですね、先ほどのランキングについて、各審査員の点数なども加えながらもう一度詳細を書いていきます。

そのコンビの成績(その大会の)も書いています。興味あれば読み続けてくださいね!

1位 ミルクボーイ

第15回(2019年)

ミルクボーイ(プロフィール
681点

この年の結果➡優勝

審査員点数
上沼恵美子98
松本人志97
中川礼二96
富澤たけし97
立川志らく97
塙宣之99
オール巨人97

2位 アンタッチャブル

第4回(2004)

アンタッチャブル(プロフィール
673点

この年の結果➡優勝

審査員点数
西川きよし97
南原清隆96
大竹まこと95
島田洋七97
春風亭小朝95
ラサール石井96
中田カウス97

3位 笑い飯・パンクブーブー

「笑い飯」と「パンクブーブー」が同じ得点で「同率3位」。

2009➡笑い飯
2010➡笑い飯・パンクブーブー

第9回(2009)

笑い飯(プロフィール
668点

この年の結果➡準優勝

審査員点数
島田紳助100
松本人志95
上沼恵美子98
東国原英夫92
オール巨人93
渡辺正行92
中田カウス98
第10回(2010)

笑い飯
668点

この年の結果➡優勝

審査員点数
島田紳助96
松本人志96
南原清隆98
大竹一樹97
渡辺正行90
宮迫博之95
中田カウス96
第10回(2010)

パンクブーブー(プロフィール
668点

この年の結果➡3位

審査員点数
島田紳助97
松本人志97
南原清隆94
大竹一樹91
渡辺正行95
宮迫博之98
中田カウス96

6位 オズワルド

第17回(2021)

オズワルド(プロフィール
665点

この年の結果➡準優勝

審査員点数
上沼恵美子93
松本人志96
中川礼二96
立川志らく96
塙宣之95
富澤たけし95
オール巨人94

7位 チュートリアル

第6回(2006)

チュートリアル(プロフィール
664点

この年の結果➡優勝

審査員点数
島田紳助97
松本人志95
南原清隆95
渡辺正行90
島田洋七98
大竹まこと92
中田カウス97

8位 フットボールアワー

第3回(2003年)

フットボールアワー(プロフィール
663点

この年の結果➡優勝

審査員点数
島田紳助98
松本人志97
南原清隆89
島田洋七97
ラサール石井95
大竹まこと89
中田カウス98

9位 霜降り明星

第14回(2018年)

霜降り明星(プロフィール
662点

この年の結果➡優勝

審査員点数
上沼恵美子97
松本人志94
富澤たけし91
立川志らく93
塙宣之98
中川礼二96
オール巨人93

10位 かまいたち

第15回(2019年)

かまいたち(プロフィール
660点

この年の結果➡準優勝

審査員点数
上沼恵美子95
松本人志95
中川礼二94
富澤たけし93
立川志らく95
塙宣之95
オール巨人93

ランキングは以上です

トップバッターや審査員によって全体の点数がけっこう変わったり、最初のほう(特に初回)は全体的に低めだったりもします。

なので得点だけで面白さが決まるわけではありませんが、一応今回はランキング的な形で紹介しました。

もし楽しんで頂けたのであれば嬉しいです。

ちなみに「審査員の人数が違う年」について…

記事の最初のほうにも書きましたが、今回の得点ランキングは「審査員が7人」という前提です。

ただここで一応、「7人ではなかった大会」の得点が最も高かったコンビも書いておきますね。

第11回(2015)

ジャルジャル(834点)
審査員➡9人

審査員点数
中川礼二89
増田英彦89
岩尾望96
吉田敬90
徳井義実96
富澤たけし94
石田明94
佐藤哲夫93
哲夫93
第12回(2016)

銀シャリ(470点)
審査員➡5人

審査員点数
上沼恵美子95
松本人志95
博多大吉93
中川礼二91
オール巨人96

以上ですが、逆に低い点数についてはこちらの記事もぜひどうぞ。

M-1グランプリ決勝!歴代の(合計)最低得点は何点で、どのコンビ?

ちなみに過去のM-1(2021を除く)は、以下の動画配信サービスで視聴できますよ。

・Amazonプライムビデオ
・U-NEXT(ユーネクスト)
・Netflix(ネットフリックス)

「プライムビデオ」と「U-NEXT」は無料お試し期間があるので安心です。

もしそれぞれのバラエティ番組に興味があれば、以下の記事をぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる