一人暮らしの自炊はどのくらい時間かかる?始めると自由な時間が減る?

節約や健康目的で自炊を始めようか迷ってる…でも忙しくて毎日時間がないから、できればしたくないな…。

てか自炊ってどれくらいの時間を使うんだろう?

こんな感じで悩んでいる一人暮らしの人は多く、現在あなたもそういった状況だと思います。

そこで今回は…

「一人暮らしで自炊をするのであれば、だいたいこれくらいの時間がかかるんじゃない?」

「時間に関係なくこういう人は始めたほうがいいんじゃない?」

こういった点について、一人暮らし歴が長い僕の考えを中心に語っていきたいと思います。

正直、テーマ的に確実な答えはありませんが、あなたにとって少しもお役に立てる部分があれば幸いです。

目次

一人暮らしの自炊はどれくらいの時間がかかる?一日だと?

もちろんハッキリとは言えませんが、「料理初心者」が、「ある程度本格的な自炊」を始めた場合は…

ザックリ、トータルで1時間くらいはかかるんじゃないでしょうか?(1食分)

ただどうしてもこれは最初に伝えたい

この「自炊にかかる時間」については、本当に軽い感じで参考程度に考えて頂ければと思います。

というのは、スーパーまでの距離や作る内容や量、料理技術や知識などによってめちゃ変わってくるからです。

例えば料理が苦手でも得意でもない、普通レベルの人が「カレー」を一から作るなら…

キッチンに立ち「よし作るぞ!」と言う状態から、普通は完成まで30~40分くらいはかかるでしょう。たぶん。

これが慣れていない料理初心者なら、もう少しかかる可能性もあります。

もし料理レベルが高い人が作る場合は早く作れるかもしれませんし、逆にもっとこだわって時間がかかるかもしれません。

また、もしご飯も炊くならその分の時間も必要です。

そしてもしこれが「野菜炒め」であれば、カレーよりは全体的に短くなるでしょう。

ま、こういった理由で自炊にかかる時間をハッキリ答えるのは難しい…というか正解があるわけではありません。

ただそれでも、だいたいでいいから目安が知りたい…という人もいると思いますし、今回の記事もそういった方に向けて書いていきます。

もう一度繰り返すと…

先ほど「自炊にかかる時間はザックリ1時間くらい」と書いたのは、そういうのも全部含めて「たぶんね」的な感じです。

そしてあくまでも「料理初心者」が、「ある程度本格的な自炊」を始めた場合という前提です。

ではそれらを踏まえた上で詳細を見ていきましょう。

自炊は「トータル」でけっこう時間を使う

自炊に必要な時間は調理時間だけではありません。

ただもちろん「何を食べるか考える時間」や「食べ始めから食べ終わるまでの時間」は…

自炊であろうと外食であろうと、ほとんど同じ、というか必要ですよね。

なのでそれら以外で言うと…自炊には以下のような時間がかかります。

買い物の時間、作る時間、洗い物をする時間、など

さらに細かく具体的に言うと…

買い物に行く時間はスーパーへの移動はもちろん、店内を歩く時間、レジに並ぶ時間(混んでる時も多い)など。

・そして帰宅してからも、食材を冷蔵庫や冷凍庫にしまう時間がかかります。

・また、調理開始前に色々と賞味期限が切れていないかチェックする時もあるでしょう。

・あと料理が出来上がって「それをテーブルに運ぶ時間」、食べ終わって「シンクに持っていく時間」などもかかると言えばかかります。(細か過ぎですが。汗)

などなど。

最初のほうで「おそらく全部で1時間くらいはかかるかも?」と言ったのは上記のような内容で考えた結果でした。

そしてあくまでも「料理にまだ慣れていない人」が「それなりの料理を作った場合」という前提です。

・買い物➡25分
・調理➡25分
・洗い物や片づけ➡10分

てな感じで。

もちろん場合によっては「1時間30分かかるケース」とかもあり得るでしょう。

ただし上記の例はあくまでも「毎日食材を用意して違う料理を作って…」という前提です。

「ある料理をまとめて大量に作りそれを冷凍にしたりして…」などのやり方であれば…

その作る日は時間がかかっても、全体で見ると1食1時間も使わない結果にはなるでしょう。

というか、これが本来の正しい自炊の形?なのかもしれませんが…。

でも毎日同じメニューが続くと飽きる可能性が高いですし、そもそも面倒だったり、料理慣れしていないと難しかったりもします。

なのでまあ、ちょっと無理やりで申し訳ないですが…

ここから先も…作り置きパターンではなく、先ほどの例のように1食の自炊に使う時間が「1時間~1時間30分」くらいの前提で進めさせて頂きますね。笑

で、それらは、「ちょっと長い期間」で考えるとどれくらいの時間になるでしょう?

自炊にかかる時間、長期間で見ると…?

1日「1時間」で考えても…

1か月(30日間)で30時間…

1年で360時間…

3年で1080時間…

的な感じになります。

1080時間は日数で言うと45日間です。まあこれはちょっと極端なので気にしなくていいですが…。

まあそれでも毎日自炊を続けると、ザックリこのくらいの時間を使う感じになります。

そして上記は一応、1食にかかる時間なので、もしこれが1日3食となるとさらに増えはしますね。

ただ買い物などはまとめて済ますでしょうし、「朝は少なめ」とかもあるでしょうから、単純に3倍にはならないですけどね。

個人的には自炊をやめたほうのタイプ

僕は昔、けっこう自炊をしていたタイプ。

ただある時期から回数を減らしたり、手間がかかる料理を作るのを完全に止めました。

その大きな原因の一つがこの「時間がかかるから」でした。

僕は趣味というか、とにかくゆっくりする(ダラダラする)のが大好き人間なので、「そういった時間がもっと欲しい」って感じでしたね。

すごい理由かもしれませんが。笑

ただ正直、現在は仕事的に時間に余裕があるほうなので、「時間がもったいない」的な気持ちはそこまで強くはないです。

上記のようなテンションに特になっていたのは、普通に毎日職場に行って働いていた時期ですね。

その時は平日、夜遅くに仕事から帰ってきてからの「時間」はめちゃくちゃでかい(重要)と思っている派でした。

次の日も仕事であれば、寝るまでに「自分の時間が絶対ほしいタイプ」なので…。

なので当時は、僕は自炊(本格的な?)にかかる時間は無駄、浪費という判断をしていた感じですね。

ま、今でも「洗い物」や「キッチン掃除」が鬼嫌いなので、当時と変わらず自炊はほとんどしていないですけどね。汗

自炊を始めたほうがいい人はどんなタイプ?

もちろんこれから「自炊を始めたほうがいい人」もいます。(時間とか関係なしに…)

例えば以下のようなケースだと、「自炊に価値がある、意味がある」と言えるでしょう。

・最近料理に興味が出てきて好きになりそう、趣味になりそう

・料理上手になりたい

など。

後者は別に「自炊以外に上達する方法」もありますが、でも全然無駄ではないですよね。

食費の節約や健康目的のケースは…?

自炊のメリットや目的で最も多いのは「節約や健康面」のどちらか、または両方のパターンで、あなたもおそらく当てはまるでしょう。

まず前者に関しては、確かによほどミスっていない限り効果はあるでしょう。

後者についても、世間一般的には「メリット」とされることが多いですよね。(こちらも内容次第ではありますが)

でもその効果を「めちゃ期待する」のであれば話は変わってくるかも!?

まず好きなモノばかりを買わない「意志の強さ」なども重要になってくるでしょう。

コレ、毎回となるとこれ意外とキツイですよ…汗

あと金銭面、健康面、どちらかだけにこだわるならまだしも…

両方となると「なかなか難しい」のでは!?とも思います。

食費が安いレシピだと「栄養はどうなの?」となり、逆だと「意外と食費かかるじゃん」となる気がするので。

なので…

・既にそういう知識(節約レシピとか栄養バランスとか)がそれなりにある

・さらに料理技術もある

こういった人でない限り、食費節約や健康面の効果をめちゃ期待して自炊するのは難しいかもしれません。

ただまあ、そうじゃなくても外食と比べれば「マシ」ってケースがほとんどだとは思いますけどね。

あくまでも「かなり効果を期待するなら」って話です。

そしてこれから続けていくことで、そういう知識や技術が身に付いていく可能性もありますね。

自炊を始めたら「時間が減る」のはほぼ間違いないが…

現在「自炊をしていない状態」から、もし自炊を始めたら自由な時間は減りますよね。

ただ「どれくらい減る」かは、普段食事に使っている時間によって変わってきます。

なのでそういったことも、あらためて確認した上で総合的に判断するのもアリでしょう。

例えばスーパーに総菜やお弁当を買いに行く場合は…

自炊のようにたくさんの種類を選んで買うのに比べると、レジなども若干早いかもしれません。

ただそれでも移動なども含め時間はかかっています。

仮にトータル15分だとして、自炊の買い物にかかる時間が25分だとしたら、その差は10分ですね。

これがスーパーではなく、コンビニ弁当とかなら店内に入ってからの時間はもう少し短くなると思いますが。

定食屋に食べに行く場合は…

もし往復移動で10分、料理を注文してから運ばれてくるまで10分としたら、トータル20分はかかりますよね。

ただこの注文してから待っている間は、座りながらスマホを見たり読書をしたりできるので自由な時間ではありますけどね。

あと、牛丼チェーン店とかなら出てくるまで早かったりもします。

逆に遅い店なら…的に考えることもできますね。

なのでもし…

仕事からの帰り道の途中に「料理が速攻で出てくる系のお店(牛丼屋など?)」があって…

そこで食事を済ましているなら、「ほぼ時間は使っていない」ような結果にはなりますね。

宅配や出前の場合は…ほとんどかかっていないとは思う

このケースは、上記2点とはだいぶ違う部分があります。

なぜなら、「買いに行ったり食べに行ったりする時間」すらかかりませんからね。

もちろん注文してから届くまでは時間がかかりますが、ここは店内ではなく、自宅なのでほぼ自由時間でしょう。

もしこういった食事をしている人は、時間で言うと最もメリットにはなっているでしょうね。(デメリットはもちろんありますが)

普段の食事に使っている時間が短いほど、自炊を始めた時に時間ダメージは大きい

普段(現在)の食事に使っている時間が短かければ短いほど、自炊を始めた時に「自由な時間がかなり減った」と感じる可能性が高いですね。

例えば先ほど書いた…

・頻繁に出前やデリバリーで食事をしている人

・帰り道にあるスピード系の飲食店で食事をしている人

などですね。

逆に…

・普段スーパーで総菜などを買っている、しかもレジが混んでいる時間帯によく行く

・注文してから10分以上かかる、最寄り駅から逆の飲食店で外食している

とかの場合であれば…自炊を始めたとしても、トータル「めちゃくちゃ自由時間が減った」という感じにはならないでしょう、たぶん。

ただ時間的には「わずか」かもしれませんが…

毎日夜遅くに帰宅していると、その「わずかな時間」が貴重で大きく感じる可能は十分あり得ますけどね。

ちなみに上記の例は全部、「自炊にかかる時間が1時間くらい」という前提です。

これがトータルもっと短くて済むならまた話は変わってきます。

宅配の「冷凍弁当」という選択は普通にアリかも?

これは「食事宅配サービス」と呼ばれるモノの中の、冷凍弁当を指しています。

正直、金銭的なデメリットは多少あると思いますが…

メニューなどは管理栄養士が監修しているケースが多いので、栄養面などで言えばその不安は和らぐかもしれません。

さらに宅配なので、もちろん時間の節約にもなります。

なのでもし現在、自炊をせずスーパーの総菜や外食で済ましている人は…

「自炊を始めて自由な時間が減るストレスや心配」はいらないですし、むしろ、さらに時間も増えて栄養バランスが取れた食事を食べられる可能性があります。

ただもちろんデメリットもあるので、もし興味があれば以下の記事をチェックしてみてくださいね。

今回は以上になります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる