シフトの融通が利きやすいバイトの見つけ方(選び方)!

バイトを探す際、「突然用事や仕事が入るかも?」って人にとって、シフトの融通さは重要ですよね。

今回はそんなバイトを探すちょっとしたコツを超ザックリ紹介しますね。

「絶対うまくいく」ってわけではないですが、ちょっとでも参考になれば嬉しいです。

目次

シフトの融通が利くかも?なバイトを探すコツ

変動シフト制の職場が良いと思う

まず逆に、「シフトが固定制の職場」はどうなのか?

固定制にも「バイト以外の曜日はやりたい作業に集中できる、予定を立てやすい」などのメリットはあります。

ただ自分が休みたい日が出勤日だったら、誰か代わりを見つけないといけない職場が多いので大変。

なので融通さを考えるのであれば固定パターンは避け、やはり変動シフト制の職場が良いでしょう。

自由に希望を出せるパターンですね。

変動シフト制パターンは「営業時間が長いお店」などに多いイメージがあります。

ただもちろん、職場によって違いますので必ず確認しましょう。

バイトスタッフが多い職場を選ぶのもアリ?

例えば大手チェーン居酒屋などのような、定番で学生さんがたくさんいそうなバイトがいいかもしれませんね。

急に休みが必要になった時にシフトを代わってもらえる可能性が高くなるからです。

ただしそのためには、普段からコミュニケーションをうまく取っていたり連絡先を聞いておくことも大事です。

あと謝罪やお礼の一言も大事ですし、普段から逆に代わってあげたりもしておいたほうがいいかもしれませんね。

シフトのサイクルが短い職場を選ぶ?

おそらく普通の長期バイトだと、一番短くて「1週間ごとのシフト」だと思います。

当然1ヶ月パターンよりはまだ予定を決めやすいでしょうし、「やっぱり入れない日が出てきてしまった」となる確率も低くなると思います。

こういったシフトの提出パターン情報は、けっこう求人サイトの載っていたりしますのでチェックですね。

もしそこでわからなかったとしても、面接の時点では質問すればほぼわかるでしょうから…

その時にかなり厳しい感じであれば辞退しても特に問題ありません。(マナー的にキチンとすれば)

最後に

ちなみに僕も昔は「夢追いフリーター」だったので、昼間に急に仕事や用事が入ることがありました。

なのでその時は「シフトの融通さ」を考えてバイトを探したりもしました。

ただ僕の場合は最終的に「シフトの融通さ」ではく、「深夜にバイトをして昼間の時間帯を空けること」で解決することができました。

時給も高かったのでよかったですよ。

バイト探しなら「採用祝い金がもらえるサイト」はどうですか?

採用祝い金がもらえる求人サイトは”マッハバイト”

夏ですね~。


楽天市場のレディースサンダルランキングはこちら

楽天市場の日焼け止め・UVケアランキングはこちら
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる