役に立つ、得する情報提供を心がけています

J1、J2、J3、JFLの基本的な違いを簡単に解説!

[記事公開日]2014/04/24
[最終更新日]2015/11/16

4941bbac4de277f8284a6b42dce7a08e_s

Jリーグ発足当時、私は小学生でものすごいサッカーブームでした。

10クラブのみでスタートしたので、システムやルールなど、色々な面でわかりやすかったですね。

 

ただ現在はクラブ数はもちろん、リーグ自体も増えてなかなか複雑です。汗^^

ですので今回は、それぞれリーグの特徴や基本的な違いを解説したいと思います。

 

日本サッカーでの各リーグの位置づけは!?

J1(プロ 1993年)



J2(プロ 1999年)



J3(プロ 2014年)



JFL(アマチュア最高峰リーグ)

 

簡単にまとめると、このような位置づけになっています。

ちなみにその下は「地域リーグ➡都道府県リーグ」という順番で続きます。

 

 

JFLとは?

日本フットボールリーグのことを指しています。

アマチュア最高峰リーグ(全国)であり、厳密にはJリーグと別の組織です。

そしてJFLの全てのクラブがJリーグ(プロリーグ)参入を目指しているわけではありません。

 

スポンサードリンク


J3とJFLの実力の差は…!?

一応、JFLからJ3に昇格する流れになっているので、「JFL=4部リーグ」という見方をする人が多いです。(Jリーグ参入を目指すクラブの場合)

組織自体が違うので厳密には昇格ではなく、「参加や加入」のような表現が正しいのかもしれませんが…。

 

 

ただ「J3」は2014年に発足した新しいリーグですし、その内訳はほとんど「元JFLだったクラブ」です。

その他は「J1J2からの選抜選手クラブ」や「J2からの降格クラブ」、「地域リーグから参入したクラブ」などで構成されています。

 

ですので現時点では、J3とJFLは実力的にはそこまで変わらないのかな~という印象です。

 

 

各リーグの選手はプロもいればアマチュアもいる!?

まず、Jリーグは各チームに必要なプロ選手の数が決まっています。

基本的にJ1は15人以上、J2は5人以上、J3は3人以上、プロ契約している選手がいないといけません。

 

 

現時点ではJ1、J2の選手はほぼ全員プロでしょう。

 

J3はプロリーグですが、プロ契約をしていないアマチュア選手も在籍しています。

バイトや他の仕事をしながら頑張っている選手もいるでしょう。

家族のため、自分のため、そして将来の日本サッカー界のために頑張って頂きたいですね^^

 

そして逆にJFLはアマチュアリーグですが、中にはプロ契約している選手もいます。

 

スポンサードリンク


各リーグは条件によってクラブが入れ替わる

年間成績によって、それぞれクラブの入れ替え(昇格、降格)が行われます。

ちなみに現時点でのクラブ数は以下の通りです。

J1 18クラブ

J2 22クラブ

J3 13クラブ

JFL 16クラブ

 

J1とJ2、またはJ2とJ3の入れルールについては以下の記事をご覧ください^^

J1とJ2の入れ替えルールをわかりやすく解説!

J2とJ3の入れ替えルールをわかりやすく解説!

 

JFLは条件を満たせばJ3に昇格が可能ですが、下位クラブは一つ下の「地域リーグ」に降格する可能性もあります。

 

そして現時点では、J3クラブはたとえ最下位になったとしてもJFLに降格することはないです。

 

 

最後に

J1、J2、J3、JFL、それぞれの大まかな違いを書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

もちろん細かく言えば、選手交代の人数や優勝賞金など、まだまだ色々な違いがあります。

スポンサーや、テレビ放送を始めとしたメディアへの露出も当然差があります。

 

ただ最近サッカーに興味が出てきた人は、まず今回の内容を理解するところから入ってほしいです^^

 

個人的に好きな選手を応援するのも良し、自分の住んでいる地域のクラブチームを応援するのも良し、みんなで日本サッカーを盛り上げましょう^^

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー