役に立つ、得する情報提供を心がけています

お好み焼きともんじゃ焼きの違いを解説!

[記事公開日]2018/05/26

「お好み焼き」と「もんじゃ焼き」、どちらも水(もしくはだし汁)と小麦後で作った生地を焼く鉄板料理です。(粉もの)

ただ「その違いがいまいちハッキリわからない」という人も多いので、今回はわかりやすく解説したいと思います。



「発祥は~、ルーツは~」という話ではなく、料理の作り方や見た目などを紹介していきますね。

まずは先にお好み焼きについて理解した方がスムーズだと思うので、そちらから進めますね^^


※今回の記事内容は正式に決まっているわけではないので、参考程度に読んで頂ければと思います。




お好み焼きとは!?種類がある!?

実はいくつかの種類があり、地域によって独自の食材を使ったり名称があったりもします。


そしてその中でも「大阪風」「広島風」の二つが有名です。

この両者は完成形がけっこう違います。




かけるソースの種類など細かい違いもありますが、大きな違いで言うとまず、広島風お好み焼きには具材として「麵」と「もやし」を使用することです。

そしてレシピも違いますので以下で簡単に解説します。




大阪風お好み焼き

生地に具材を混ぜてから焼く「混ぜ焼き」。

※ただし豚肉など、具材によっては一緒に混ぜないケースもある


完成形は生地がふっくらしていて分厚いのが特徴^^







広島風お好み焼き

薄い生地(クレープ状)を焼いてから、そこにもやしなどの具を置いていく「重ね焼き」。

そこからひっくり返すので、最初の薄い生地がフタ代わりとなり、蒸し焼き状態になります。


そして「そば(中華麺)」を入れたり、卵を焼いて重ねたりという工程があり、完成します。







もんじゃ焼きとは!?

さて、ある程度お好み焼きという料理が理解できたと思うので、続いてもんじゃ焼きの解説です。

お好み焼きとの大きな違いは、生地に含まれる水分の量です。もんじゃの方が水分が多いです。



お好み焼きがかなりボリュームたっぷりなのに対して、もんじゃは薄く焼きあがる(あまり固まらない)のです。

もんじゃは生地そのものを楽しむ面が強いという特徴も見られます。



また、基本的に味付けはウスターソースが多いです。

ただこれは出来上がりにかけるのではなく、最初に生地自体に混ぜるという点もポイントです。



あ、あと基本的に卵を使用しないこともお好み焼きとの違いと言えそうですね。




作り方も特徴的

一般的にはまず、具材(キャベツなど)だけを先に炒め、そのあとそれらをドーナツ状のようにして土手を作ります。

そして真ん中に生地(というか出汁?^^)を流し込みます。







グツグツしてきたら具材と出汁を全て混ぜ、最後に全体的に薄く広げれば完成です。

お好み焼きのように「ひっくり返して裏面を焼く」という工程はありません。簡単に作れる点も魅力ですね。



そして最後にチーズなどをトッピングすることも多いです。



スポンサーリンク


お好み焼きともんじゃ焼き、食べ方の違いは!?

まあどちらにせよ、厳密なルール的なモノはないので基本的には自由です。

美味しく、そして楽しく食べれば細かいことは気にしなくていいとは思います。


ただ一応、一般的な食べ方というのはあるとは思うので、それぞれザックリ紹介しますね。




お好み焼き

おそらくコテ(ヘラ)でカットしてから、お皿に移し、お箸で食べる人がほとんどでしょう。


もちろん「コテで食べた方がうまい!(気がする)」という人もいますし、その気持ちもわからなくもないです^^

お店ではコテだが(用意されていれば)、「家で作って食べる時はお箸で」というパターンの人もいるでしょうね。



食べる場所や、一人一枚食べるのか?分けるのか?などによっても変わってくるかもしれませんね。




もんじゃ焼き

お箸などではなく、「はがし」と呼ばれる小さなヘラを使う形が一般的です。


食べ方(楽しみ方)としては、ヘラで一口分だけ取り、それを鉄板に押し付けて(焼き付けて)からそのまま直接食べる感じです^^

カリカリになったお焦げ部分が美味しいです。







ただし熱いので注意が必要です。

なので苦手な人はお皿に移し(取りにくいですが^^)、冷ましてから食べても全然いいと思います。


お箸を使用している人はあまり見たことはないですが、個人的には何も気にならないです。その人の自由だと思います^^




最後に

お好み焼きの大阪風と広島風、そして「もんじゃ焼き」、この3つの料理は、全て見た目もレシピも違うということでした。


まあ「大阪風~」と「広島風~」は完成した時に丸い形になるのでそういう意味では似ていますが…^^

ちなみに「大阪風~」に麺を入れたモノは「モダン焼き」と呼ばれています。



以上になりますが、興味ある方は大阪風お好み焼きと広島風お好み焼きの違いとは!?の記事もぜひどうぞ。

先ほどよりも詳しく説明しています^^


スポンサーリンク

関連記事