役に立つ、得する情報提供を心がけています

居酒屋バイトのキッチンのコツ!同じ作業はまとめてやる!

[記事公開日]2018/04/20
[最終更新日]2018/07/13

居酒屋の厨房バイトのコツを解説します。

いくつかありますが今回は「同じ作業はまとめて行いましょう」という内容です。

現在、仕事の効率やスピードなどで悩んでいる方や、キッチン初心者さんなどはぜひ参考にしてくださいね^^

 

 



同じ作業をまとめてやるって具体的にどういうこと!?

同じ作業であれば頭で切り替えたり考えなくてよいですし、リズム感が出てくることもあります。

 

また、完全に同じ作業ではなく「同じような(似ている)作業の場合」もまとめてやった方がよいケースもあります。

作業スペースの問題もあるので一概には言えないですが、基本的には意識しましょう。

 

 

例えば仕込みでオニオンスライスを玉ねぎ5個分切る場合

手順は「玉ねぎの両端を切り落とす➡皮を剥く➡芽を取る➡カットする」という感じです。

これを1個分やってから、次に2個めに取り掛かるというやり方では効率が悪いです。

 

ですので5個分一気に両端を切り落とし、5個分一気に皮を剥き、5個分一気に芽を取り、5個分一気にカットという風に同じ作業はまとめてやりましょう。

 

 

スポンサーリンク


オーダーの調理中も意識する

※例えばアナタが「揚げ場」を担当しているとします。

 

居酒屋でのピーク中、オーダー伝票がズラーっと並んでいるとして、順番的に次に調理するのが「鶏の唐揚げ」だとします。

するとこの時、他のお客さんも同じ物を注文している可能性があるので、並んでいる伝票の中から「鶏の唐揚げ」を探します。

 

全部で三人前だと確認したら一気に作りましょう。
一人前5個だとしたら15個一気にフライヤーに入れます。

「冷蔵庫から唐揚げのタッパーを取り出し、片栗粉に付けて揚げる、そして手を洗い、タッパーを戻す」という作業の三回分が一回でできるので手間が省けます。

そしてお皿も3つ並べて用意しておきます。

 

 

ちなみに「刺し場」というポジションにいて、「マグロの刺身」のオーダーが複数入った場合でも同じです。

全部で3つ入っているなら3枚皿を並べ、全部にツマ(大根)や大葉を敷き、一気にカットし、一気に盛り付けます。

ほぼ同時に3つ完成させるということですね。

 

 

メニューによっては気を付ける必要がある!?

ご飯物やデザートの場合は、他のテーブルのオーダーと同時に作る時に注意が必要です。

締めとして最後に追加で注文する人が多いとは思いますが、中には新規注文で色々おつまみメニューを注文した中に一緒に頼むお客さんもいるからです。

 

 

この場合、おそらくお客さんは何も言わなくても順番的に後の方に出てくると思いながら注文していると思います。

ですので、伝票だけを見て一気に作ってしまうと、まだ一品も来ていないテーブルにいきなりご飯物やデザートを持って行くという状況になってしまう恐れがあるので注意しましょう^^

 

「揚げ物」の場合は本当に気にしなくていいのか?
まあ確かに、お客さんが「たこわさび」も注文している場合、もしそれより先に揚げ物が出てくると「ん?」と思われる可能性はありますが、そこまで大きな問題ではないでしょう。

普通に考えると、手間的には「たこわさび」がおそらく先に出る(そのポジションの担当スタッフが出す)とは思うので、そもそも大丈夫だとは思いますが…汗^^

 

 

スポンサーリンク


歩く距離を短くする

基本的にはバイト中、できるだけ徒歩での移動時間や距離を減らすことが大事です。

少ない方が効率が良いですし、全体の作業も早くなります。

「体力の消耗」的な意味でも気を付けたいですね^^

 

 

一度の移動で終わらせられる作業はなるべくまとめてやる

どうせ同じ距離を歩くならその方がいいですよね。

 

例えば超単純なことですが、3つの物を運ぶ場面では、1個ずつ運ぶよりも3つまとめて運ぶ方が早いですよね。

もちろん落としてはいけない物、重たい物などは無理をする必要はないですが、「仕事ができる人」はこういった小さな事も常に意識しています。

 

物を運ぶという動作は、それがメインの仕事がどうかは別としても、ほとんどの職種に当てはまるでしょう。

 

■例 

厨房内で自分が担当しているポジションから、デシャップ(料理を出す場所)が少し離れている場合
そこに持っていく時もできるだけ2つ同時に持って行きたいですね。

それが異なるメニューの場合は、もちろんその2つの料理をほぼ同時くらいに仕上げる技術は必要ですが…^^

とにかく歩数としては大したことがなくても、トータル的にだいぶ違ってきます。

 

 

移動したついでに本来の目的以外の作業も行う

例えば少し離れている冷蔵庫に食材Aを取りに行く時も「他に必要な物はなかったかな…?」と考えるクセをつけましょう。

すると「あとで、食材Bもどうせ必要になるから今ついでに一緒に取ってこよう」となるわけですね。

 

 

この時「食材Bがあとで必要になるかどうかはまだわからない」という状況もあるとは思いますが、それは長く続けていると経験でわかるようになったりします。

「おそらくいるだろうか持ってこよう」という判断ができるようになるでしょう。

 

常温保存の物であれば、使わなければあとで戻せばいいだけですが、冷蔵庫に入れておく食材だと色々問題が出てくるかもしれないので難しいですけどね。

 

以上になりますが、以下の記事もぜひどうぞ^^

居酒屋のキッチンバイトのコツは徹底的に準備すること!

居酒屋バイト!キッチンのコツは仕事の優先順位をつける!

居酒屋のキッチンバイトはきつい?仕事内容は!?

 

スポンサーリンク

関連記事