役に立つ、得する情報提供を心がけています

稼げる!?時給が高いバイトはどんなのがある!?

[記事公開日]2018/03/26
[最終更新日]2018/03/31

バイトを選ぶ時に時給を重視する人は多いですよね。


確かに「どうせ働くなら高いほうがいい」という考え方はわかりますし、金額によって頑張れたり我慢できる部分があったりもするでしょう。

特にフリーターの場合はバイトで生計を立てるわけですから、こだわりたい人は多いでしょう。



ではそもそも時給、または日給が高いバイトって何があるのか?

今回は一般的にそう言われている職種をいくつか挙げてみたいと思います。


まず短期パターン、そして長期パターンという流れで進めますね^^


※出てくる職種は全て、特別な資格などは必要ありません。


スポンサーリンク


時給が高いバイト(短期や単発系が多いモノ)


交通量調査

座りながら、人、または車などをひたすら数える仕事です。

道具は使いますが作業自体は簡単で、コミュニケーションも特に必要ないです。


かなり人気の求人と言われています。


ただし一般的に拘束時間は長いケースが多いです。

あと季節や天候次第で辛いケースもあるでしょう。




引っ越しスタッフ

体力的にはもちろん、人間関係の部分で精神的に辛い面もあるかもしれませんね。

現場や責任者の社員さんなどによって、いい意味でも悪い意味でも色々と変わると思います。







また、一般家庭の引っ越しとは別に「事務所移転」もあります。

会社自体の引っ越しなので扱う物は変わりますが、基本的にはこちらも同じく楽ではないでしょう。

筋肉痛になる人も多いですね。




試験監督

試験会場(種類は色々)での仕事です。


注意事項の説明、用紙の配布や回収を行います。

試験中は、カンニングなどを防止するため巡回したりします。



また、場合によっては会場の準備や片付けなどを行うこともあります。



もちろん責任がある仕事ですが、内容は体力的にも精神的にも楽だと言われています。

人気の仕事なので求人が出たらたくさんの人が応募します。



ただし身だしなみに関しては厳しいですし、スーツ着用です。ちなみに朝も早いです。




イベントスタッフ

コンサートやスポーツ会場など、様々なイベントのスタッフですね。


お客さんの誘導、チケットもぎり、受付、グッズ販売、会場の設営や撤去など、色々な種類があります。

実際の細かい作業内容は現場によって色々です。



そして特に設営や撤去はかなりきついと言われています。

イスや重い機材を運んだりするので単純に力仕事ですし、上の人からの指示はけっこうキツイ言い方(命令口調?)をされることもあります。




時給が高いバイト(長期募集もあるモノ)


パチンコ屋のホールスタッフ

仕事内容は多岐にわたりますが、一般的に最も辛いのはパチンコ玉がたくさん入ったドル箱を何度も持つことでしょう。

重たいですし、腰にも負担がかかります。



ただ現在では、ドル箱を持ったり運んだりする必要がない(各台計数システム)お店も多いです。

あとやはり騒音問題がありますね。




警備員

工事現場などの交通誘導、ショッピングモールなどを巡回したりする施設警備など、いくつか種類があります。

基本的には立ち仕事が多く、天候に左右されることもあるので体力的にはきついかもしれません。


また、トラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。

そして現場に立つためには、バイトであっても合計30時間の研修が必須です。







塾講師

主に「個別指導」と「集団指導」があります。

後者の方が給料的には良いと思いますが、やはり色々な面で大変でしょう。



そしてよく言われるのは、個別、集団、どちらにせよ授業以外でも作業(仕事)があり、そこは時給がつかない可能性が高いという話です。

気になる方は必ず確認しましょう。



あと、やはり責任も大きい仕事ですし、保護者との関係に気を使うケースもあるでしょう。

ただやりがいはあるかもしれませんね。




コールセンター

主に「受信業務」と「発信業務」のパターンがあり、どちらもお客さんと電話で話す仕事です。

超ザックリ言うと、前者はお客さんからの問い合わせなどの対応、後者は営業活動などを行います。



一般的に高時給なのは発信パターンですが、その分怒られたり、怒鳴られたりするケースはあります。

またノルマがあったりする場合もあります。


受信パターンはお客様からのクレームがきて、精神的にダメージを受けることもあるでしょう。




ただどちらにしても、対応には困らないようにしっかりとしたマニュアルなどがあるケースがほとんどだと思います。

また、空調の効いているオフィスでの仕事ですし、基本座っているので体力的な心配もいりません。

ビジネス用語やマナーも身につくでしょう。



スポンサーリンク


深夜は時給が高いから稼げる!?

基本的に午後10時~午前5時の間は深夜手当が付きます。

なので職種に関係なくその時間帯に働けるバイトであれば、稼げる可能性は高くなるでしょう。


例えば深夜の居酒屋、コンビニ、ネットカフェ、カラオケ屋、などなど^^

深夜の倉庫業や清掃業などもありますね。







夜勤についてはデメリットもある

やはり体力的には昼よりもキツイと感じる人が多いでしょうし、生活リズムが崩れる可能性も高いです。

特に大学生だと、学業が最も大事なわけですから無理は禁物です。


そして飲食店など、職種によってはクレームなどが多くなる可能性もありますね。




時給が高いのにはそれなりの理由がある!?(大変かも?)

金額に関係なく、どんなバイトであっても一つくらいはキツイポイントがあるとは思います。

ただ高時給の場合はそういった部分が複数あったり、そのレベルや度合いみたいなモノが大きいようなイメージはありますね。



上記の夜勤についても言えることですが、基本的には何かしらの高い理由があると考えておいた方が良い気はします。

その方が入社してから「想像以上に大変だ」となるよりマシでしょうし、もし楽だったらそれはそれで最高ですよね^^




そしてもちろん、きついポイントは職種や仕事内容によって違います。

先ほどいくつか挙げたバイトを例に出すと、以下のような大変さ(デメリット)がありましたね。
拘束時間が長い、寒い暑い、重たい物を持つ、マニュアルやルールが厳しい、人間関係が悪いかもしれない、危険、研修が長い、時給が発生しない作業があるかもしれない、クレーム、ノルマがあるかもしれない、…などなど。
※バイト先(現場)によっては複数当てはまる可能性もあります。







ただしどんな職種であっても結局は職場次第ですし、本人の捉え方(耐えられそうなポイント)もあるので、この記事で書いたバイトが必ず大変だということではありません。

逆に時給が低くてもきついと感じるバイトは存在するでしょうからね…。汗^^




時給が高いラインも明確ではない

あとこれも大事なことですが、「高い」と思う感覚は人それぞれです。


そしてそもそも時給は地域によって違いますし、やはり東京などは高いですよね。

またその中でも働く場所によって多少は変わります。新宿などは高いでしょう。




東京全体で見ても1000円くらいは全然珍しくない…と言いますか、むしろちょっと安いかも?くらいの雰囲気です。。

なのでまあ、とにかく「○○円以上の求人は絶対にきつい」という明確なラインはないということです。

アナタが住んでいる地域で判断することも大事ですね。



ただ全体的に言えることは、この記事で挙げたバイトだけでなく、それ以外も全部含めて「極端に高いと思う求人」はさらに注意した方がいいでしょう。




最後に

高時給バイトを探す方法として、早朝手当があるバイト先も良いですね。


例えばスーパーの品出しなんかで、朝だけ時給が少し高くなっているケースもあります。

清掃業なども昼間の時給と比べると高くなっているバイト先もありますね。



あと飲食店なんかだと、土日祝だけ時給アップという求人もたまにありますので、そういうのを狙うのもアリですね。



最後まで読んで頂きありがとうございました^^

自分の1か月分の生活費を細かく計算し、入れる日数や時間なども考えてから仕事を探しましょう。



以下の記事も興味ある方は読んでみてください^^

失敗したくない!バイト選びの基準は!?

バイト先までの通勤時間、片道一時間はきつい?距離は重要?

人と関わらないバイトって何がある!?探し方のコツは?

人間関係の良いバイトの見つけ方は!?

個人経営の飲食店のバイトは楽!?体験談も踏まえて解説!

個人経営のお店でバイトする際のメリットデメリットを紹介!

楽なバイト8選!精神面か体力面どちらを重要視する!?

きついアルバイト7選を紹介!


スポンサーリンク

関連記事