役に立つ、得する情報提供を心がけています

個人経営のお店でバイトする際のメリットデメリットを紹介!

[記事公開日]2018/02/28
[最終更新日]2018/07/12

今回は個人経営のお店で働く際のメリットとデメリットを紹介したいと思います。

私の経験も踏まえた上で進めさせて頂きますので、今現在、個人経営のお店でバイトするか迷っている人にとって何かしらお役に立てれば幸いです。

 

まずはメリット5選、そのあとデメリット10選です。

基本的には飲食店という前提で進めますが、職種が違ったとしても共通する部分はあると思います。

 

 



①身だしなみに関しては緩いところが多い!?

特に髪型や髪の色、髪の長さなどがある程度自由という感じでしょうか。

ヒゲやピアスなどは基本厳しいと思いますが、まあこれもお店次第でしょうかね。

 

 

確かに経験上、そこまでうるさく言われないイメージはありますね。中にはオーナー自体の見た目が派手というお店もありますからね^^

とは言っても、もちろん厳しいお店もあるでしょうし、もし緩いとしても常識の範囲内で考える必要はありますけどね。(特に飲食店の場合は)

 

あと、制服がなく私服にエプロンだけ付けるというパターンもありますね。これはこれで楽でしょう。

 

 

②ヘルプ問題を気にしなくていい

個人経営店はには、チェーン店によくあるヘルプは基本ないですよね。

なので他店舗にヘルプに行く心配はしなくて大丈夫でしょう。

 

まあチェーン店の場合でも、行く人はかなりベテランスタッフになるので新人の内は気にしなくていいですけどね。

 

そしてもちろん逆にヘルプスタッフも来ないので、変に気を使うこともないですね。

ちょっと厳しい感じの先輩で「うわ、緊張するな…しんどいな…」という心配もないですね。(助けに来てもらってるんですけどね…^^)

 

 

③まかないが無料!?

まかない(食事補助)は有料と無料のケースがありますが、チェーン店と比べると無料のケースが多いでしょう。

これは一人暮らしの人などにとってはかなり大きなメリットですね。

 

 

そして一般的に個人経営のお店のまかないは豪華だと言われることが多いです。

おそらく実際にその傾向が強いのでしょう。

 

ただ私の経験では、そんなにチェーン店と差はない気がします。と言いますか、そのお店の業種によりますかね。

まあでも豪華さはわかりませんが、量的に多く食べられる可能性は高いかもしれませんけどね^^

 

 

まかないに関して詳しく知りたい方は飲食のまかない制度とは!?食べられる条件やメニューは?の記事もどうぞ^^

 

 

④細かい研修がないことが多い

大手チェーン店では、まず本社に行って講習を受けたりすることもあります。

この場合はDVDなどを見て、会社の経営理念を学んだりする形が多いでしょうか。

 

しかし個人の場合、基本そういったモノはないので、つまりすぐに働ける可能性が高いです。

※オープニングの場合は別です。

※実践の研修期間の話ではありません。

 

 

お金がないから少しでも早く(普通の時給で)働きたいという人はもちろん、ビデオ研修などは面倒だと思う人にとってもこれはメリットと言えるでしょう。

 

まあもちろんチェーン店でもない場合もあります、と言いますか、飲食の場合はない可能性の方が高いかもしれません。

ただ個人なら「ほぼ確実にないでしょう」というお話でした^^

 

 

⑤本部のお偉いさんなどが来ることはない

チェーン店ならたまにあるんですよ。エリアマネージャーが来たりするんです。

すると店長や社員などがいつもと違う様子になり、雰囲気がけっこうピリつきます。汗^^

 

そして仕事中も見られますし、気を使うので気まずいんですよね。

 

個人経営ならそういった心配はいらないですね。

もちろんお店によっては、「雇われている店長がいる現場に社長が顔を出す」というパターンはありますが、それはまだマシでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

ここからはデメリットです。

 

①マニュアルがないことが多い

チェーン店であれば、どの店舗でもみんな同じ仕事ができるようにマニュアルがある場合が多いです。

しかし個人店ではないケースが多いです。もちろんオーナー独自のやり方を教わることはあるでしょうが、「細かくはないだろう」ということです。

 

なのでチェーン店のように、一からしっかり仕事を教えてほしい(まあこれも店によりますが^^)と考えている人にとってはデメリットとなるかもしれません。

 

ただし考え方によってはメリットと捉えることもできる
様々な場面で、自分で考えながら行動できるようになる可能性もあります。

 

また、その職種自体が初めてではなく、割と自信がある場合などは、けっこう早い段階で自分らしく(多少好きなように)働ける可能性もあります。

あと、自分の意見なども通りやすいかもしれませんね。

 

 

②勤務時間に関してはけっこう曖昧なケースが多い!?

飲食店でバイトしていると、早上がりがあります。つまり「今日は暇だから…ごめんね」的な感じですね。

もちろんチェーン店でもありますが、おそらく個人店の方が多いでしょう。

なので「思ったより稼げない…」となる可能性があります。

 

 

あと逆に、勤務終了時間になった時に「忙しいから少し残ってくれないか?」と頼まれることがあります。

もちろんこれもどちらもありますが、個人経営のお店の方が多いように思います。

 

基本的にこれは稼げますが、「早く帰りたいのに頼まれると断りづらいな…」という性格の人にはデメリットかもしれませんね。

 

 

③オーナーや店長と合わないと人間関係が辛い

これはもちろんチェーン店にも言えることですが、チェーン店の場合は社員の異動や転勤があります。

なので苦手な社員や店長がいた場合でも、その職場を離れるパターンが全然あります。

大手であればあるほど、可能性は高いです。

 

会社や職種によって違いますが、異動や転勤が多いのはだいたい4月、7月、10月などですね。

 

 

しかし個人経営のお店の店長(雇われている場合)や社員などはこの可能性はかなり低いですね。いずれ2店舗目ができてそちらに移る可能性はありますが、これはハッキリとは言えません。

 

そしてもちろんオーナーは変わりません。

まあ逆に「今の店長や社員が好きなのに異動するんだ…」とショックを受けることはないですが^^

 

 

 

④ルールが曖昧(守らない?)

これは自由とも取れますが、ここでは働く上での決まりについてです。

つまり労働基準法を守っているか?ということです。

 

チェーン店の場合は、そこは厳しいので基本的には安心して良いとは思います。

 

ただ個人店になると、気を付けた方がいいかもしれない
もちろんしっかりしているお店もありますが、正直チェーンと比べると曖昧になるケースが多いのは事実でしょう。

オーナーがそういったルールに詳しくないというケースもありますが、「うちの店はこれが当たり前だから」という風な言い方をするオーナーもいるので注意が必要です。

 

 

例えばサービス残業をさせられたり、22時以降に働いているにもかかわらず深夜手当が付いていなかったり、といった内容です。

また休憩時間がなかったり、短かったり…などなど。

もしバイトすることが決まった場合はしっかり確認しましょう。

 

 

⑤給料が手渡しかもしれない

少なくはなってきていると思いますが、現在でも給料が手渡しのバイト先はあるでしょう。

 

私も2つほどの個人経営のお店で手渡しでもらった経験があります。

そのまま大金を持って帰るのでちょっと心配と言うか、いつもよりは慎重に帰っていましたね^^

 

 

そしてやはり最も面倒な部分としては、給料日にバイトに入っていなくて、必要であれば取りに行かなければならないことです。

もちろん急いでいなければ次の出勤日に貰えばいいんですけどね^^

 

あと、気まずい辞め方をした場合は、後日取りに行くのがつらい場合もあります。

普通に辞めた場合でも、なんとなく恥ずかしさと言うか、気まずい感じがあるかもしれません。汗^^

 

 

⑥シフトの融通が利きにくい!?

特に学生の場合はテスト休みなどを取ることもあるでしょうから、シフト面はけっこう重要ですよね。

 

まず個人経営のお店の従業員は少人数である場合が多いです。

そして「だからこそ、シフトの相談に乗ってもらえる」というケースもあるそうですが、それはけっこう珍しいような気がします。

 

 

基本的にはやはり、少ないからこそチェーン店よりかは融通が利きにくい可能性は高いです。

なので休み希望などが言いにくかったり、通らなかったりする可能性はチェーン店よりかは高いと思います。(あくまでも比べたらという話ですが)

 

そして、そもそも個人店のシフトは曜日で固定という形が多いかもしれませんね。

 

その他のシフト問題
また、出勤日ではない日に、いきなり「入ってくれないか?」と頼まれることはチェーン店でもありますが、どちらかと言えば個人店の方が多いようですね。

私も経験があるのですが、少人数の個人店で「よく休むバイト」がいるとけっこう大変です。代わりにお願いされてしまいますからね。

 

 

そして中には、出勤当日になって「悪いけど今日は休んでくれる?」と言われるお店もあるそうです。

しかも仕事開始の数時間前に…というケースも……。

 

シフトを削るにしても、チェーン店ではさすがにこのパターンはまずないでしょう。

個人店でもほとんどないとは思いますが、一応そういうお店もあるということは覚えておいた方がいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク


⑦コミュニケーション能力が必要?

いや、これはスタッフ同士という意味ではなく、お客さんとの話です。

 

従業員だけで考えると人数は少ないのでそこまで気にしなくていいのですが、個人経営はやはり常連客が多いです。

社長や店長の知り合いなどもよく来るでしょう。

 

ですので特にホールに出ていたら、常連客とのコミュニケーションが大事になるケースもあるかもしれません。

苦手な人にとっては辛いですよね。

 

ただしメリットと考える人もいる
これは様々な人と知り合いになれるチャンスという風にも考えられます。

ためになる色々な話も聞けるかもしれませんし、コミュニケーションスキルがアップする可能性も高いですよね。

 

そして仲よくなれば接客自体も多少自由にできたりもするでしょう。

 

 

⑧閉店する(商売自体を辞める)可能性がある

もちろん個人に限りませんが、もしチェーン点の場合はその店舗が潰れても違う店舗で働ける可能性があります。

ただ個人経営のお店が潰れてしまったら、新しく職を探す必要がありますね。

 

もちろん滅多にあることではないですし、アルバイトで働く期間を考えるとさらに確率は低いとは思います。

ただフリーターという立場で「何年も同じ場所でずっと働きたい」と考えている場合はどうなるかわかりません。

 

 

実際私は出勤したら閉店していたことがありました。

びっくりしましたが、中でオーナーから話があり「ごめんね」と言われ、まなかないだけを食べて帰りました。

 

 

そのオーナーはすごく良い人だったので、なんかすごく切ないというか悲しい気持ちになったのを覚えています。

ちなみに給料はきちんと払ってもらえました。

 

 

⑨仕事の幅や量が多い!?

チェーン店の場合は割と仕事内容がきっちり分けられていて、する事自体は決まっていることが多いです。

しかし個人経営の場合は仕事の幅が広く、一人の仕事量も多い可能性が高いでしょう。

 

 

例えばキッチンとホール、どちらもしないといけないという店舗も多いです。

これはお店があまり大きくなく、人数自体も少ないので、どうしてもこういった形になることがあります。

 

特にこだわりがない場合は気にしなくていいですが、「絶対ホールに出るのは嫌だ」などのように考えている人は面接の時点でしっかり確認しましょう。

 

 

⑩給料が間違っていることがある!?

もちろん確立としては低いと思いますが、こういった話をよく聞きますよね。

なので給料計算が間違っていたり、支給が遅れたりということは、チェーン店と比べると多いのは事実でしょう。

 

まず私はチェーン店でそういった経験をしたことがありません。

 

逆に個人経営では給料の計算ミスがありました。(一回だけですが)

店長に指摘するとすぐ貰えましたが、ここで不機嫌になられた場合などはこちらとしてもしんどいですよね。

 

 

以上になりますが、個人経営の飲食店のバイトは楽!?体験談も踏まえて解説!の記事も読んでみてください^^

 

興味ある方は以下の記事もどうぞ^^

楽なバイト8選!精神面か体力面どちらを重要視する!?

きついアルバイト7選を紹介!

失敗したくない!バイト選びの基準は!?

稼げる!?時給が高いバイトはどんなのがある!?

人と関わらないバイトって何がある!?探し方のコツは?

人間関係の良いバイトの見つけ方は!?

バイト先までの通勤時間、片道一時間はきつい?距離は重要?

 

スポンサーリンク

関連記事