役に立つ、得する情報提供を心がけています

梅田駅から万博記念公園駅(太陽の塔)への行き方!

[記事公開日]2017/10/01
[最終更新日]2018/09/17

太陽の塔で有名な万博記念公園。

近くにエキスポシティなどもあって大変人気の観光スポットですね。

 

そしてこれらの最寄り駅は「万博記念公園駅」になります。

そこで今回は電車を使って、梅田駅から万博記念公園駅へ行く方法(アクセス)を紹介したいと思います。

 

 

 

「阪急電鉄(はんきゅうでんてつ)」を利用した方法を2つ解説!

万博公園までのアクセス方法はいくつかパターンがありますが、今回は阪急を使って「南茨木駅で乗り換える方法」「山田駅で乗り換える方法」の2つを紹介します。

 

上記がメインですが、まあそれ以外の行き方もあとの方で一応紹介はしています。(超ザックリですが…^^)

 

ちなみに切符に関しては、一応、ICOCAやSuicaなどのICカードは使わない(持っていない)という前提で書いてみます。

特に深い意味はありませんが^^

ではさっそく一つずつ見ていきましょう。

 

 

南茨木で乗り換えるパターン

阪急「梅田駅」➡「南茨木(みなみいばらき)駅」大阪モノレールに乗り換え➡「万博記念公園駅」

■合計金額➡片道520円

■所要時間➡乗車時間は24~30分ほど、トータル(乗り換え移動などを含む)では35~40分ほどです。

 

 

阪急「南茨木」までの行き方

「南茨木駅」は、普通、準急、快速の3種類が止まります。

ただし快速は基本的に平日のみ、さらに18時台以降にしかありません。

 

ちなみに万博記念公園の営業時間は、基本9時30分~17時です。

準急に乗ると、「普通」と比べて乗車時間は若干(4分ほど?)短くなります^^

 

阪急梅田駅で、南茨木までの切符(270円)を買い、乗車します。

乗り場は「京都河原町、北千里」方面、1~3号線の京都線です。

ちなみに全体の乗り場自体は、他に4~6号線の宝塚線、7~9号線の神戸線がありますが、今回紹介するルートでは関係ありません。

 

列車は「河原町(かわらまち)行き」「高槻市(たかつきし)行き」などです。

ちなみに準急は3号線からの発車となります。

 

 

阪急「南茨木」に着いたら

改札は一つしかないので、出て左に進み、大阪モノレールに乗り換えます。

近いので、だいたい2分ほどでいけるかもしれません。

 

 

モノレールの南茨木駅に着いたら、「万博記念公園駅」までの切符を買います。(250円)

そして2番ホーム(大阪空港、蛍池、千里中央、万博記念公園、彩都西方面)に来る電車に乗りましょう。

 

電車は「大阪空港行き」や「千里中央行き」などです。ほとんど前者だと思います。

2駅で到着します。

 

■停車駅

阪急梅田➡十三➡南方➡※崇禅寺➡淡路➡上新庄➡※相川➡※正雀➡※摂津市➡南茨木(乗り換え)➡宇野辺➡万博記念公園

※の駅は、準急は止まりません。

 

 

スポンサーリンク

 

山田で乗り換えるパターン

阪急「梅田駅」➡「山田駅(乗り換え)」➡「万博記念公園」

先ほどは「南茨木駅」で大阪モノレールに乗り換える行き方を紹介しましたが、今回は「山田駅」で乗り換えます。

阪急千里線(せんりせん)を利用する行き方です。

 

■合計金額➡470円

■所要時間➡乗車時間は27分ほど、移動など全部合わせると34~39分くらいです。

 

 

具体的な行き方

※乗り換えなしで山田駅まで行くルートで進めていきます。

 

梅田駅で山田までの切符(270円)を購入し、「北千里行き」の電車に乗りましょう。

乗り場は先ほどと同じで1~3号線です。

 

電車の種類としては普通(各駅)しかありません。24分ほど乗ります。

 

阪急山田駅に着いたら

ホームから下りたり上がったりせず、そのまま西改札口に行けるので向かいます。

出たら右に進んで大阪モノレールに乗り換えます。

 

3~5分ほどでモノレール山田駅の改札までいけると思います。

そして万博記念公園までの切符(200円)を買いましょう。

 

 

1番ホームの「門真市・彩都西・南茨木・万博記念公園・阪大病院前」方面で待ちます。

「門真市行き、もしくは彩都西行き」の列車に乗り、1駅で到着します。2分くらいです。

 

 

■停車駅

阪急梅田➡十三➡南方➡崇禅寺➡淡路➡下新庄➡吹田➡豊津➡関大前➡千里山➡南千里➡山田(乗り換え)➡万博記念公園

 

結局、どちらのルートで行けばいい!?

①「南茨木」で乗り換える

②「山田」で乗り換える

どちらでもそこまで何か大きな違いがあるわけではありません^^

 

運賃が安いのは②です。①と比べると50円安いです。

乗車時間だけでいうと、「①で準急に乗る方法」が一番短いでしょう。

梅田駅からの本数で考えると、②の方が少ないですね。

 

 

スポンサーリンク

 

万博記念公園駅から万博公園への行き方

公園の入り口までは徒歩10分ほどです。

 

改札は一つしかありません。出たら左手に歩いていきましょう。(スロープ)

少し進むと左手に大きな太陽の塔が見えます。

 

スロープを下りきると「エキスポシティ」がありますが、気にせずそのまま道なりに左のほうに進んでいきます。

すると「自然文化園」と書かれた案内があるので、そこを進んでいけば公園の中央口に着きます。

 

 

私も実際に行きましたが、迷うことはないと思います。

ちなみに入場料は個人の場合、大人が250円、小学生や中学生が70円です。

 

 

阪急以外の電車ルートは!?

今回は詳しく書いていませんが、一応、御堂筋線(地下鉄)の「梅田駅」からも行けます。

御堂筋線の「千里中央駅」まで行ってから、大阪モノレールに乗り換えて「万博記念公園駅」を目指すというルートです。

 

こちらも乗り換えは1回、所要時間も今回紹介した2パターンとあまり変わらないので、こちらの方が良いという人もいるでしょう。

 

 

ただ料金だけは若干高く、片道620円です。

「阪急の山田駅乗り換えパターン」と比べると150円ほど高いです。

 

そういう意味では、個人的におすすめなのはやはり阪急パターンですかね。

また、梅田駅からの発車なので、座れる可能性もかなり高いというメリットもありますからね^^

 

 

JR大阪駅から万博記念公園に行く方法は!?

基本的には今回紹介したパターン、または上記の御堂筋線パターンと同じになります。

ただもちろん中には「ん?大阪駅なのに梅田駅からと同じ??意味がわからない!」と思う人もいると思います。

 

実は両者の駅は5分ほどで歩いていける距離なんです。

詳しく知りたい人は新大阪駅から大阪駅への行き方!電車を利用する場合の記事を読んでみてください。

 

 

最後に

梅田駅は阪急電車以外に地下鉄(御堂筋線以外もある)や阪神電車などもあり、また、近くにJR大阪駅もあるので間違えないように気を付けましょう。

今回主に紹介したのは阪急を使って行く方法です。以上です。楽しんできてくださいね^^

 

もしよろしければ以下の記事も読んでみてくださいね^^

新大阪駅から太陽の塔(万博記念公園駅)への行き方!

梅田駅から通天閣への行き方!電車パターンを解説!

 

スポンサーリンク

関連記事