役に立つ、得する情報提供を心がけています

結婚式を午後や夕方から開始する際のメリットデメリット

[記事公開日]2017/08/06

新郎新婦、そしてゲストにとって「結婚式の開始時間は何時からがベストなのか?」と悩んでいる人は多いです。

ただこれは、どの時間帯であってもメリットとデメリットがあるので完璧な正解はなく、人によって色々な意見があります。



そして今回は様々な時間帯の中から、以下の2パターンの開始時間について、それぞれのメリットデメリットを書いていきたいと思います。

■①「午後~夕方」

■②「夕方~夜」

結婚式の時間を迷っている人にとって少しでもお役に立てると幸いです^^


スポンサーリンク



今回の内容について最初に伝えておきたいこと


■披露宴の開始時間について

結婚式(挙式)が終了したあと、そのまま披露宴が行われることが一般的だと思うので、セットで書いています。

それぞれの間は30分という前提です。



所要時間については、「挙式➡30分程」、「披露宴➡2時間30分、もしくは3時間程」という一般的な設定で書いていきます。




■六曜について

今回のメリットデメリットは特に意識しない体(てい)で書いていきます。

しかし六曜が気になる人は、今回の記事内容に関係なく必ず調べてください。



では本題です^^


結婚式を「午後~夕方」に行う場合のメリットデメリット

パターン例としては以下のような感じです。
■挙式➡14時~14時30分、披露宴➡15時~17時30分(18時)

■挙式➡15時~15時30分、披露宴➡16時~18時30分(19時)


 

メリット

 

■朝に慌てる必要がない 

落ち着てい準備ができますね。これを喜ぶ人は多いと思います。

もちろん自宅から遠ければ遠いほどありがたいでしょう。

 

女性の方も美容院の場所や時間もそこまで気にしなくていいですからね。

 

 

■二次会を行う場合、披露宴終了後から二次会までの待ち時間が少ない!?

披露宴が終了する時間を考えるとこの可能性が高いですので、ゲストを長く待たせずに済むかもしれません。

 

とはいえ、披露宴から二次会までの時間をあまりにも短くしていると、新郎新婦が間に合わない可能性があります。

もし「1時間しかない」という状態なら、移動や着替えを考えるとかなりキツイと思います。お店の場所にもよりますが…^^

 

 

デメリット

 

■ランチとディナー、どちらにしても中途半端な時間帯になる

美味しい料理も「今一つ」という感想になるかもしれません。

 

お腹のことを考えると、ゲストの方は軽く食べてきた方が良いかもしれませんね。

まあ各個人でそれなりに調整してきてもらえると思いますが…^^

 

 

■当日が日曜日だと「ちょっと遅い」と思われる可能性がある

披露宴が終了した時点で夕方(夜)ですからね…汗^^


1c42ac81dede8079522a5cbab55df9ef_s



それに「披露宴の終了時間が延びる」こともあります。

もしかしたら、前のカップル組の都合でそもそもスタート自体が遅れる可能性もあるかもしれません。

 

予定通りにスタートしたとしても、挨拶やスピーチ、余興などが多少長引くこともあります。

終了後もゲストの見送りや写真を何枚も撮ったりして、実際完璧に解散するのは遅くなったりもします。

 


 
■遠方の人は帰りの時間が気になる

この時間帯だと、遠方ゲストの方には宿泊して頂くこともあるでしょう。

単純に新幹線などの終電を基準にするのではなく、実際自宅に到着するまでの時間を考慮する必要があります。

たとえ帰れたとしても、かなり遅いとしんどいですからね。

 



■もし二次会を行うのであれば、開始時間が遅くなる可能性がある

つまり終電などの心配も出てきます。

遠方の方が参加するのであれば、その後は必然的に宿泊するケースが多いでしょう。

 

 

宿泊しない人にとっても、まあ19時開始とかだと、むしろちょうど良いかもしれませんが、それ以上遅くなるとちょっと…という感じでしょう。

 

個人的には20時開始ならかなり遅いかも…というイメージです。汗

しかも必ずその時間にスタートするとは限りませんからね。

 

と言いますか、この場合はとにかく曜日が重要な気がします。

土曜日だと「20時くらいからでもOK」という人もけっこういると思いますが、日曜だと19時からでも「う~ん…少し遅いな…汗」と思われる可能性が高いと思います…汗



スポンサーリンク



結婚式を「夕方~夜」に行う場合のメリットデメリット

パターンとしては以下のような感じでしょうか。
■挙式➡17時~17時30分、披露宴➡18時~20時30分(21時)

■挙式➡18時~18時30分、披露宴➡19時~21時30分(22時)

 

メリット

 

■「ナイトウェディング」ならではの演出

最近は流行ってますし、季節や曜日によってはすごく人気が高いです。

 

会場によっては夜景を見れたり、ライトアップなどの演出など、この時間帯だからこその雰囲気を楽しめることが特徴です。

通常の結婚式と比べると多少オリジナル感が出せる感じですね。

 

 

■ディナーの時間帯としてもアリ

むしろ「豪華な食事」を考えると昼間より夜の方がしっくりくる…という感じの人も多いようです。


b05a4491fe89b6538233fde6a97be8b9_s  

 


■朝はかなりゆっくりできる

準備に余裕が出るのはもちろんですが、人によっては午前中に予定を入れたり、用事などを済ませることが可能です。

 

 

■このプランだと費用的には昼間よりは安くなるケースが多い





■平日に行うのであれば、仕事を休むことなく参加できる人がいるかもしれない

 

 

デメリット

 

■季節によっては辛い!?

外に出ることがあるのであれば、単純に寒いと辛いですね。

 



■日曜日や連休の最終日などであれば、ゲストのテンションが下がる可能性が高い

土曜日ならむしろベストという声もあるかもしれませんが、逆に日曜日であれば「正直ちょっとキツイ…」と複雑な気持ちになる人は多いでしょう。

やはり翌日の仕事が気になる人が多いと思います…。

 

 
あと、披露宴は招待される側の人も身だしなみなど色々なことに気を使い、体力を消耗するイベントです。

なので単純に「早く出かけて夕方にはゆっくりしたい」という人には、曜日に関係なく不評かもしれません。汗

 

 

■基本的に二次会を行うことは厳しい

普通に披露宴の終了時間がかなり遅いですし、予定より伸びることも多々あります。

二次会まで行うと帰れない人も出てくるでしょう。

 

二次会はしないか、後日、別の日に行うパターンが多いと思います。

ただしその場のノリで、近場の人や来れる人だけで二次会的なことを行うケースなどはあるでしょう。

 

 

■二次会をしないにしても、遠方から来ている人にとっては帰りが大変

もちろん完全に帰れなかったり、帰宅が遅くなる遠方の方には宿泊してもらうホテルを手配することになるでしょう。
 




■単純に夜からの結婚式を気に食わない人も多い!?

まあこれは結局はその人の考え方や価値観次第なんですが、「ん…?結婚式なのに夜からって非常識じゃない…!?」と思う人がいることは事実です。

 

 

■子供がいる方にとっては厳しい!?

子供の年齢にもよりますが、やはり子供の寝る時間などを考えると夕方~の結婚式は色々と問題が出てくる可能性が高いです。

もし誰かに預けるのであれば、それはそれで心配だったりもするでしょうし、そもそも預ける相手が見つからないから欠席するしかない…という人もいます。

 

 

■天候が心配!?

演出によりますが、雨が降ったりすると、少し残念なテンションになるかもしれません。




今回の記事は以上になります。

もし興味ある方は結婚式の時間帯!午前中に開始するメリットとデメリットの記事もぜひ読んでみてくださいね^^


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関連記事