役に立つ、得する情報提供を心がけています

礼服(喪服)の値段の相場は!?レンタルってどうなの!?

[記事公開日]2014/10/20
[最終更新日]2016/04/30

d112d03d644d0065fd21f811220ec7ae_s

「社会人であれば一着は礼服を持っておいた方が良い」とよく聞きますね。

 

そこで今回は礼服の価格や購入方法、買うタイミングなどを紹介したいと思います。

個人的な意見もたくさん書いていますが、これから初めて礼服を買う人にとって参考になれば幸いです。

 

また、以下の記事も興味ある方は読んでみてください。

礼服と喪服の違いをわかりやすく解説!略礼服とは!?

普通のビジネススーツと礼服の違いをわかりやすく解説!

礼服(スーツ)のシングルとダブルの違いは?格が高いのは!?

 

仮通夜とお通夜(本通夜)の一般参列者の服装は!?男性編

葬式(葬儀告別式)に参列する男性の服装マナーは!?

 

礼服の相場は!?色の濃さで値段が変わる…!?

当然質などのクオリティによって変わってきます。

一般的に最も違いが出やすいと言われているのが、「黒色の濃さ」です。

 

 

簡単に言うと安いモノほど色が薄く、高額なほど色が濃い

濃ければ濃いほど値段は上がると言われています。

安いというのはだいたい1万円~3万円ほどの値段のことで、それ以上が高額といったところでしょうか。

 

 

高額な礼服は必要ない!?

個人的にはこのように考えています。

まず、値段に関係なく、そもそも礼服自体がビジネススーツと比べて「深くて濃い黒のスーツ」です。

 

ですので、正直私ならそこまで色にこだわって高額な礼服を購入する気は起こりません。

 

安物の礼服の「黒」はビジネススーツの「黒」と変わらないという意見も確かにありますし、高額な礼服と並べてみると確かに濃さは違うのでしょう。

でも私は今までお葬式の場で「その違い」がわかったことは一度もありません。見分けが全くつきませんでした。

 

 

そもそも誰も気にしていない…!?

そんな場でジロジロと他の参列者のスーツの色の濃さを見ることがないと思います。

たまたま前にいた人をなんとなくぼーっと見てたら「薄めの黒だな~」と思うことはあるかもしれません。

でもだからといってそれ以上は何も思わない人の方が多いでしょう。

 

 

私は「故人を想う気持ち」と「礼服の黒色の濃さ」は関係ないと思う派です。

もちろん「色の濃さ」はマナー的にも問題ありません。

 

まあビジネススーツと比べたら、さすがに「ん?」と感じるかもしれませんけどね……。

 

 

20代、30代ならいくらの礼服を買えばいい!?

一般的には、以下のような感じです。
■20代➡2万~3万円くらいの礼服

■30代➡3万~5万円くらいの礼服

これくらいの値段のモノを購入することが多いそうです。

ただ正直、個人的には30代でも4万円代の礼服を購入する気はしませんが…汗

 

 

礼服(喪服)は一度買ったらおよそ10年は着れる…!?

こう言われることが多いですが、ハッキリ言って10年後の自分の体型などはわかりませんよね…。

私的には「そこまで長い目で見なくてもいいのにな~」といった感想です。

 

10年着る予定で30代の時に買った礼服があったとしても、40代になったら結局「また買うか…」と新しいモノが欲しくなる気がします。(もし体型があまり変わっていなかったとしても)

 

ですので私であれば、買い替えても後悔しないような値段のモノを購入したいですね。

 

 

「確実に10年程着る」という人は…!?

個人的な意見ですが、この場合は20代だとしても確かに5万くらいのモノを買うのはアリだと思います。

ただ一応言っておきますが、頻繁に着るモノではないですから、やはり悩むところですね。

 

スポンサードリンク


礼服を買うなら夏用?冬用?

礼服に限らずスーツには大きく分けて夏物と冬物がありますが、年中使えるオールシーズン用(あい物)もあります。

どれを買えばいいのでしょう?

 

 

初めて礼服を買うタイミングや時期は!?

一般的には高校卒業時という方が多いですね。

学生の礼服は「制服」ですから、それを着なくなってからという理由ですね。

 

卒業後すぐに就職する場合は、尚更このタイミングで購入される方が多いでしょうね。

 

…と考えると夏用?と思われる方が多いかもしれませんが、初めての礼服を買う場合は「オールシーズン」をおススメします。

※このタイミングじゃなかったとしても、最初はオールシーズンが良いと思います。どう考えても便利です^^

 

 

会場は冷暖房完備!?

基本的に結婚式やお葬式の会場内は、冬場には暖房、夏場は冷房が効いていると思います。

ですので、夏は夏物を着なくちゃ暑い…冬は冬物を着なくちゃ寒い…という心配はいらないでしょう。

 

個人的にはオールシーズン用が1着あればもう十分だと感じています…。

もし真冬に会場の外へ出る時はコートをはおれば大丈夫だと思います。

 

金銭的に余裕があって、2着目の礼服の購入ということであれば、夏用や冬用のように時期に合わせたモノを買ってもいいのでは?と思います。

 

 

ただし結局は本人次第

人それぞれ事情が違いますし、もちろん1着目にその時期に合わせた生地の礼服を買っても間違いではありません。

また、「暑がりで汗っかきだから、冬でも夏物を着たい」という人もいます。

このような方は、もしからしたら夏用だけしかいらないというケースもあるでしょう。

 

 

冬に夏物の礼服を着た場合、周りにバレる…!?

夏物の礼服は、後ろ側の生地が相当薄いと言われていますので、後ろから見られるとバレる可能性はあります。

ただしあくまでも可能性の話ですし、そのような場でいちいち人の礼服の後ろ側を気にしている人はまずいないと思います。

 

正面からだと、パッと見で見分けが付く人は少ないでしょう。私は全くわかりません。

 

それに万が一気づかれたとしても、別にマナー的には問題ありません。

本人が恥ずかしいと感じるかどうかでしょうが、それを指摘してくる人もおそらくいないでしょう。

 

 

礼服の購入は直接お店で!?それとも通販で!?

現代人の買い物スタイルはネット通販が流行っていますよね。

礼服なども全然ネットで買える時代ですし、確かに便利で本当に気楽です。

 

ですが生活用品と比べると高額な買い物になりますし、リアル店舗に足を運んで必ず試着を行った上で購入することをオススメします。

 

 

礼服はだいたい、近所のどこでも売っている!?

ネット通販に慣れていると多少メンドクサイと感じるかもしれませんが、店舗自体はけっこう近くにあったりしませんか?

 

有名どころのスーツ専門店でいえば「青山」、「AOKI」、「はるやま」、「コナカ」、「青木」などでしょうか。

まあ、このいずれかで買えば間違いや失敗はおそらくないでしょう。お好きところでどうぞ^^

 

私はビジネススーツも含め、毎回「はるやま」が多かったですね。後悔したことは一度もないですよ。

 

スポンサードリンク

 

ただ、購入するのであれば上記のようなリアル店舗をおススメしますが、「レンタル」となると話は変わってきます。

 

礼服のレンタルってどうなの!?体験談書きます。

礼服をレンタルするという発想はありましたか!?

最近は流行っていますし、急遽必要な時、または買いに行く時間がない時などは本当に便利です。

もちろん金額もお手頃です。

 

 

半年ほど前、初めて礼服をレンタルしました。

祖母のお葬式があったのですが、私の一人暮らしの自宅には礼服がありませんでした。

一応実家には礼服があったのですが、距離やサイズ的な問題もあり、さらに取りに行くタイミングなどもなかったのでレンタルすることにしました。

 

利用したのは楽天市場の「レンタルのやました」というお店です。

お店のレビュー評価がとても高かったので利用させて頂きましたが、正直大満足でした^^

私はここでオールシーズンのシングル礼服(ネクタイなどの三点セット)をレンタルさせて頂きました。

 

 

一番魅力的だったのは!?

16時までの注文で(本州なら)翌日到着というサービスでした。

 

私は怠慢な性格でして、やるべきことをついつい「明日にしよう…」と先送りしてしまうことがあります。(汗)

そして気付けば「ヤバい!明日中になんとか礼服を手に入れなければ!実家に取りに行く時間ないしな~」となってしまったわけです。(汗)

 

そこでこの翌日到着は非常に助かりましたね。

 

 

その他の魅力的なポイント

日程やサイズなどを電話で相談できる点も良かったですし、返却時のクリーニング不用、そして返却時にはコンビニでそのまま送れるところも嬉しかったですね^^

もちろん段ボールなどを用意することはなく、送られてきた専用のケースに入れて返却します。

 

 

結局、購入かレンタルか…どちらがいい!?

私的には礼服をレンタルしてよかったです。(経験は一度だけですが)

考え方は人それぞれですが、ちなみに私は今後、結婚式など緊急の場合でなくても、礼服はレンタルしていこうと考えています。

つまり購入予定はありません。

 

 

現実は「買う派」の人が大半です。

10年後のことまで考える必要はないと思いますが、出来る限り長く着られるに越したことはありません。

ですので礼服を買う場合は「色の濃さ」も大事ですが、それよりもできるだけシンプルなデザインを選ぶことを重視した方が良いと思います。

 

「THE 礼服(略礼服)」のような^^そこに冒険は必要ないと感じます。

今回の記事は以上になります。購入にしてもレンタルにしても、納得の一着を手に入れてくださいね^^

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー