役に立つ、得する情報提供を心がけています

バイト応募の前に電話で質問だけする時の言い方!

[記事公開日]2017/05/04

求人を見ていて、「この職場、興味はあるんだけど○○が気になるからまずは質問だけしたいな~」と思うことってありますよね。


電話で問い合わせだけすることに関しては、全然悪いことではありません。

むしろ面接が始まってから断るよりかは、先に聞いておいた方が相手にとっても時間の無駄になりません。



ただし実際のその言い方や注意点などはあります。

ですので今回はその辺りについて会話例なども入れながら説明していきますね^^


スポンサーリンク



電話をかけるその前に…

まずはバイト先にとって迷惑にならない時間帯を選び、自宅など静かな所でかけましょう。




そして電話の時点で質問をするということは、「回答次第では応募しないかも……」と迷っている状態だと思います。

ですので回答を聞いたあと、どうするかを先に決めておきましょう。

その場でリアクションに迷うのはあまりよくありません。



ただ問い合わせ内容によっては想定していない答えが返ってきて、「あ…そういうシステムなのか…どうしよう…このまま面接を申し込むべきか…」となることもあります。

この場合はある程度仕方ないですが、それでも最初にどうするか決めておいた方が迷う時間も少なくなるでしょう。




わかりやすくまとめておく

相手に伝わりやすい言い方、聞き方を考えておきましょう。

もちろんできるだけ短い方が良いです。



「昇給アリと書いてあるのですが、働き始めてからどのくらいで上がりそうですか?」などの答えにくいモノはNGです。

また、細かい質問や相手が不快になるような内容も止めましょう。




質問をする場合の例文

では実際の言い方を紹介します。最初に以下のように話します。
「□□(求人サイトなどのタイトル名)を見て電話させて頂いた□□と申します。○○について質問させて頂きたいのですが、担当者の方はいらっしゃいますでしょうか?」
※○○は仕事内容、シフト、交通費など、アナタが質問するジャンルを当てはめてください。


 

この時、相手が担当者で、「はい、どういった内容でしょうか?」と言われたらそのまま具体的な質問に入ります。

「あ、私です……。(担当者です)」とだけ言われた場合は、「あ、すみません、質問よろしいでしょうか?」と確認してから聞きましょう。



もし最初に他のスタッフが電話を取り、担当者に代わってもらった場合
この時は最初と同じようなセリフをもう一度言います。

求人を見て電話したこと、そして名前を名乗るという前半部分は同じですが、後半は「○○について質問させて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?」と聞いてから、話し出しましょう。



スポンサーリンク



問い合わせ内容がすごく簡単な場合

「シフトはどれくらい入れそうか?」などのように、社員や担当者しか答えられそうにない内容であれば、先程のやりとりで大丈夫です。

ただ極まれに、誰でも答えられそうな内容をどうしても一つだけ聞きたい時もありますよね。


まかないの有無、勤務中は制服か私服か?帽子をかぶる必要があるか?などなど…。




私はこのような時、なんとなく「わざわざ担当者に代わってもらうのは申し訳ないな~」と思うことがあります。汗^^

忙しいかもしれないですからね。




なので最初の段階で「担当者がいるかどうかではなく、質問してもいいかどうか?」を聞きます。

先程の「担当者に代わってもらったあとに言うセリフ」と近いです。



厳密には、「~~(この前半部分は変わりません)。一つだけ簡単な質問をさせて頂いてよろしいでしょうか?」と言います。

最初に誰が電話に出ようと「このようにしゃべる」ということです。


相手がたまたま担当者だった場合
もちろんそのまま質問に入ればOKです。



もし相手がそうでなかった場合
やはりこのパターンでもほとんどは「担当者に代わりますのでお待ちください」と言われます。


そこですかさず、「あ、すみません、本当に簡単な内容でして、ただ○○がどうなのかだけ教えて頂きたいのですが…?」という風にその場で聞くこともあります。



内容によっては、このまま解決することもあります。

もちろんそれでも相手が代わろうとすれば、「わかりました、すみません。ではお願いします」と言いましょう。




注意点

もう一度言いますが、本当に「社員に代わらず、バイトなどでも答えられそうな質問レベル」の場合に限ります。

一応説明しましたが、通常、求人内容にはほとんどの情報が書かれているでしょうし、実際このようなことはかなり少ないと思います。



あとこの方法は絶対おススメということではなく、別に代わってもらっても問題はありません。

私と同じような考え方の人は実行してみてもいいとは思いますが…^^




回答を聞いた後のリアクション

どんな回答であれ、「理解したこと」と「お礼」は言いましょう。



「やっぱりやめておこう…」と思えば、「わかりました。ありがとうございます。少し考えさせて頂きます。すみません、失礼します。」のような感じで電話を切りましょう。


回答に納得した上で働きたいと思ったら「わかりました。ありがとうございます。ぜひ面接に行かせていただきたいのですが…」と続けましょう。




先程書いた「担当者以外に超簡単な質問をした場合」でも基本的には上記と同じです。

応募を希望する場合は担当者に代わってもらう流れになるでしょう。




質問の数は2つが限界!?

3つ目を聞くと「とりあえず、詳しくは面接に来て頂いてから…」となると思います。

と言いますか、相手によってはこの時点で「う~ん、この人は……(汗)」と思われることもあるでしょう。



個人的には2つまでという考え方です。(なるべくなら1つがい良いでしょうね…たぶん^^)



求人に「不明な点があったら気軽に何でも聞いてね」的なニュアンスの文章が書かれていたとしても、注意が必要です。

相手も忙しい中電話に出ていますし、こちらはあくまでも働かせてもらう立場なので、その辺りは気を付けましょう。




今回は以上になります。もしよろしければ以下の記事もどうぞ^^

バイト面接を申し込む時の電話のかけ方!会話の例文付き!

バイトの面接応募の電話をかけるベストな時間帯は何時?


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関連記事