役に立つ、得する情報提供を心がけています

仕事内容以外で、大変だと思うバイトの条件は!?

[記事公開日]2017/04/05
[最終更新日]2017/04/30

バイトを探す際、仕事内容的に大変だと言われている職種を避けたい気持ちはすごくわかります。


ただ「つらい、大変、苦痛、しんどい」的なニュアンスを感じるポイントは仕事内容以外でも色々あり、これは当然人によって感覚が違います。

私は失敗したくないので、バイト応募前に色々と細かいことまで考えます。



そこで本日は、「仕事以外の条件や待遇などで大変だと思う点」を私なりにいくつか挙げてみたいと思います。

もちろん何かしら妥協することも大事ですが、今バイト選びに迷っている方にとって何かしらの助けになれると嬉しいです^^


スポンサーリンク



自宅から遠い

例えば以下の2つのバイトがあるとします。
【仕事内容は楽そうだが、バイト先が自宅から片道1時間】

【仕事内容はちょっときつそうだが、自宅から片道10分】
この場合だと間違いなく私は後者を選びます。遠いのは本当につらいと感じますのでよく考えましょう。

また、当たり前ですが雨の日に出勤することもあるので、そういったことも一度はイメージしましょう。





近くを選ぶ理由は色々あります。



帰りが楽

応募する前はなぜかバイト先に向かうイメージばかり考えてしまうのですが、仕事が終わったら家に帰るのです。(超当たり前ですが…)

ですので毎回疲れたあとに「今からまた1時間かけて帰るのか~」となるのは辛いですね。




その移動時間をプライベートの時間に使える

遊びや準備はもちろん、睡眠時間などにも影響してきますよね。




何かあった時にどちらも近いので安心

自宅、職場、どちらからでもすぐ移動が可能です。




昼休憩がある場合は家に帰れる

自炊して食費が浮くなどのメリットもありますが、それより単純に一人でゆっくり食べて過ごしたい派ですのでかなり嬉しいです。汗^^




距離が近すぎることによるデメリットは!?

自分が休みの日に「○○が欠勤したから来てくれないか?」などと言われる可能性はありますけどね…汗

定休日以外は固定で全員出勤という職場なら、どっちみち出勤なのでこのパターンはないですが^^


あと、バイト先の人と近所で会う可能性もありますので、速攻で辞めた場合などは気まずいかもしれませんね。




通勤手段の問題

もちろんこれはバイト先までの距離に関係してくるのですが、まず、個人的には「徒歩や自転車で通勤できるのがベスト」という考え方です。


ただ自転車の場合は停める場所があるのか?という確認は必要ですけどね。もちろんバイクの場合もそうですね。




そして私としては、電車移動は苦痛と感じるタイプです。

例えば以下のようなことが気になります。(乗車時間が短かければ気にする必要がないこともあります)
乗り換えはあるのか?、快速は止まるのか?、本数は多いのか?(何分おき?)、終電は遅いのか?、座れるのか?(通勤ラッシュに被るか?)
などなど…。





また、自宅から駅までの距離も無視できませんし、遅延の心配などもありますね。



あと職場から同じ方向に帰る人がいる場合、一緒に駅まで歩いて電車に乗って…という流れになることがあります。

これは人によってはプラスに考えることもできますが、私としてはマイナスです。



基本は仕事が終わったら一人になりたいタイプですし、しかもそれが苦手な先輩だったりしたらかなり辛いですよね。

一緒に帰る流れが定着してしまうと、着替え終わるのを待ったりとかして……。すみません、私には無理です。




駅からバイト先までが遠い

大きく考えると「自宅からの距離」ということに繋がるのですが、ここでは「電車通勤した際の駅から職場までの距離」について語ります。



例えば駅から徒歩10分とか書いてあると、私であれば「え!?けっこう歩くんだ…」と感じてしまいます。汗^^

さらに東京の地下鉄なんかは駅によっては、ホームから地上に出るだけでもけっこう歩くパターンもありますからね。




デパートや百貨店で働く場合は…。

従業員入り口から入ることになるので、実際の店舗に辿り着くまで遠い場合もあります。

私は駅と直結しているデパート内の飲食店でバイトしていたのですが、「プライベートの買い物であれば改札を通ってからそのまま入れるのにな~」といつも思っていました^^



そして従業員入口に入ったあと、更衣室までの距離が遠かったり、エレベーターがなかなか来ないこともあります。



スポンサーリンク



同世代が「多い」or「少ない」

もちろん職種にもよるでしょうし、実際は入ってみないとわからないことがほとんどです。

ただ求人によってはある程度そういった内容が記載されていることもあります。



また、載っているスタッフの写真、そのノリやポーズ、キャッチフレーズなどで職場の雰囲気を想像できることもありますよね。


「友達を作りたい」と考えている人にとっては多い方がいいでしょう。



しかし私の経験で言うと、同世代だと、どうしてもプライドなどの問題でお互いライバル的な感じで見ることが多かったです。






ですのであえて、同世代が少なそうな(年上、年下関係なく)職場を選んでいた時期がありました。


人間関係を考えた時に、いい意味で相手にされないのでは?と思ったからです。

決して「一匹狼を目指す」という意味ではなく、挨拶などはしっかりしますし、愛想よく話したりもしていましたが…。




効果としては成功した職場もあればそうでもないところもありましたね…。

後者は、嫌われるということはなかったですが、「かなり浮いてしまう感じ」にはなりました…汗^^



私は今バイトするとしても、「同世代が多い方がつらい」という気持ちがおそらく強いです。




職場の人数が「多い」or「少ない」

実際の人数は職場を見に行けるケースでない限り、求人の時点では不明なことが多いです。

しかし求人内容やサイトによっては、なんとなく判断できる可能性もあります。


「少人数で働きやすい」と書いていればその通りでしょうし、逆に「大量募集」と書いていれば多いのかな?と予想できたりもします。




あと飲食店であれば、ホームページなどで席数をチェックすると、だいたい従業員の数を予想できることもあるかもしれません。




私的には、基本は少ない方が好きですので「多いと大変だ」と思うタイプです。

一応、「人数が少ない場合」のメリットデメリットをいくつか紹介します。

【メリット】

■派閥、グループができにくいので馴染めなくても浮きにくい

■飲み会などが少ない(人によってはデメリットかも?)

■店長や上司にしっかり評価してもらえる可能性が高い(場合によってはデメリットかも?)

■仕事スキルが身に付く(職種にもよる)

【デメリット】

■苦手な人がいた場合、接する機会が多い

■合いそうな人物が一人もいないかもしれない

■ギリギリの人数しかいないと、丁寧に仕事を教えてもらえない可能性がある

■何をするにも行動が目立ってしまう

■簡単に休めない(もちろん遅刻なども)

■リーダー的な中心人物と性格が合わないと、つらい状況になるかもしれない

■シフトの希望が通りにくい

■仕事の責任が重いかもしれない


などなど。「人数が多いメリットデメリット」は、ザックリ言うとそれぞれ逆になります。




制服の問題

制服自体の見た目が苦手的な意味もありますが、「ずっと帽子やキャップを被っていると髪がぺちゃんこになるから苦痛」といったことを気にする場合もあります。




また私は、制服がない、いわゆる私服でオッケーのバイトも経験があります。

現場に着いてから、または仕事が終わってから着替えがないってことは、個人的にはかなり楽だと思いましたね。

それにもちろん自分で洗濯することも無いですからね。


ただ毎日何を着ていくのか?と若干悩むことはありましたが…^^




あと、家から制服や作業着を着ていける(上着の中なども含めて)バイト先も楽でしたね。

もちろん職種によりますが、トータルで言うと結局このパターンが一番楽なのかもしれませんね。




仕事レベルが高くて大変!?

これは本当に超個人的な意見ですが、私は求人を見る際、基本的には「未経験者歓迎」のところにしか応募しません。




経験があって、「経験者優遇」的なことが書かれているところで実際働くと、私が想像しているよりも高いレベルを求めているようなケースが多かったです。


つまり「○○くらいの経験があればいいよ」と書かれていて、本当にそれくらいの経験しかない状態で職場に行くと厳しい…って感じでした。



たまたまかもしれませんが…汗^^あと私は状況が変わると「アレ…!?」と焦るタイプだからそう感じたのかもしれません。

なので「経験さえあれば職場によって適応できる自信がある」という人は気にしなくていいと思います。




一応私なりのベストな形は、「未経験歓迎のバイト」で、その面接の際に「経験アリ」と答える感じでしょうか。

このパターンだと面接官のリアクションが良いですからね^^






チェーン店or個人経営

お店などでバイトする場合ですね。

いきなりですが「チェーン店のメリットデメリット」を簡単に書いてみます。
【メリット】

■教え方などのマニュアルがあるため、仕事が覚えやすい

■合わない社員さんがいても、転勤などで移動する場合がある

【デメリット】

■身だしなみなど、全てにおいてルールは厳しいことが多い

■本部の偉いさんや、他店からのヘルプがくることがある
※個人経営のメリットデメリットは、だいたい上記の逆になります。




私はどちらも経験がありますが、好みは状況によりますかね~。

現在は髪の色とかそういう自由さは無くてもいいので、今バイトするなら個人経営の方がキツイと思うかもしれませんね。

厳しいルールがあることで「逆に安心できる」という考え方?とでも言いましょうか。




最後に

私がバイトを選ぶ時に「仕事以外で気にするポイント」を書いてきました。

他にも時給や休日、労働時間、交通費などはもちろんですが、細かいことを言えば「○○だときつい」というポイントはまだまだあります。
■フード系だけど食事補助(まかない)がない■研修期間が長い■知り合いが来そう■朝礼がありそう、などなど。

記事冒頭でも書きましたが、もちろん全ての理想を満たす条件のバイトはまずないです。

なので、その時の状況でどれを重要視するかという感じですね。(仕事内容もチェックした上で)



「大したことない」と感じたモノでも長く働いていると徐々に苦痛に感じてくる可能性もありますので、色々考えた方がいいかもしれませんね^^


そしてもちろん仕事内容が微妙だったとしても、それ以外の条件が良いから応募しようって考え方もアリですね。





過去に書いた以下の記事もぜひ読んでみてください^^

きついアルバイト7選を紹介!

楽なバイト8選!精神面か体力面どちらを重要視する!?


スポンサーリンク

関連記事