役に立つ、得する情報提供を心がけています

結婚式の時間帯!午前中に開始するメリットとデメリット

[記事公開日]2016/11/28
[最終更新日]2017/08/11

挙式と披露宴の時間帯は色々パターンがあり、それぞれの事情によりバラバラです。

今回は、午前中にスタートする場合の「ゲストや新郎新婦のメリットとデメリット」を紹介したいと思います。


結婚式を挙げる側の人はぜひ参考にして頂ければと思います^^

※基本的には挙式から参加するゲストが多いという前提で進めます。



そしてまず先にそれぞれの所要時間を紹介したいのですが、これも地域や人数によっても違ってきますし、もちろん会場によって多少の差はあります。

ただ一般的に考えると、だいたい「挙式」は通常20~30分ほど、「披露宴」は2時間半~3時間程度です。


スポンサーリンク



今回の記事のポイント

午前開始の例として、以下のような時間帯を前提として書いていきます^^
■パターン① 挙式10時~10時30分、披露宴11時~13時30分(14時)

■パターン② 挙式11時~11時30分、披露宴12時~14時30分(15時)


基本的には挙式(結婚式)の後にその流れで披露宴が行われることが多いです。

そしてその間は上記のように30分という前提で進めます。



挙式と披露宴を別々の会場で行う場合などは、もっと空いてしまうこともあります。



では本題スタートです^^

結婚式が午前開始の場合のメリット


昼食の時間としてはベストに近い

やはりこれが最も重要だと考える人は多いでしょうね。

確実に披露宴の楽しみの一つではありますからね。




早い時間帯に自宅に帰れる可能性が高い

二次会に参加しないゲストの場合、遅くても夕方には自由になれるでしょう。

 

こういった理由で「早い時間帯の方がありがたい」という人はいます。

特に当日が日曜日、連休の最終日なんかだとそう思う人が多いでしょう。遅い時間帯だとやはり明日からの仕事のことが気になりますからね。

 

また、疲労のことを考えても午前中の方が楽という声も多いですし、子供がいる方からしても都合が良いケースが多いと思います。

 

 

結婚式が午前開始の場合のデメリット


ゲストが遠方から来る場合、朝がかなり大変

逆に帰りはその日の内に帰れると思いますが、出発する時間はもちろん、起きる時間などもかなり早くなるので朝は本当に大変です。

もちろんメイク、ヘアセットで美容院に行く予定の女性の方はさらに厳しいです。

 

美容院も限られるでしょうし、早朝料金も気になるところです。

また、着物の場合は着付けもあるので大変です。

 

ただしかなり遠いところから来る人は、おそらく前泊してもらうというパターンが多いと思います。

そういう意味では安心かもしれませんが、通常は新郎新婦が宿泊費を負担することにはなります。

 

 

朝の準備、微妙な距離に住んでいる人が実は一番大変!?

先程書いたように、遠方の人は泊まったりするかもしれませんが、泊まるほどではないちょっと中途半端(片道1時間くらい?)な距離の人が一番大変かもしれませんね。

 

友人などは挙式が始まる30分前、親族であれば1時間前に会場に着いていることが一般的です。

 

1時間かかる友人が10時挙式に出席するのであれば、遅くても8時半には家を出る感じになりますので、起きるのは7時とかです。

もちろん女性の方で美容院を予約するのであれば、さらにもっと早く起きる必要があります。

 

もし式場の美容院を使う場合でも、それなりに早いです。

正直、「朝早いことが最も辛い」という考えの女性は多いようです。

 

 

朝が早いと新婦も大変!?

例えば10時挙式の場合、新婦の会場入り時間を考えると、だいたい朝7時頃には着いている必要があります。

つまり起きる時間も相当な時間(早朝5時頃)になる可能性が高いです。


9e1f0b467dd1cdecbc912a41fbd7a2e1_s  

 

二次会までの空き時間が長くなる可能性が高い

二次会は披露宴には参加できなかった人やディナーの時間帯などを考えて、たいがいは夕方~夜にかけてスタートされることが多いです。

そうなると場合によっては4時間~くらい空いてしまう恐れもあります…。

 

あまりにも長いと、披露宴からそのまま参加する方のテンションが心配になりますね。汗^^

ただ空き時間を楽しく潰せる場所が近くにあったり、もしくはそういったアイデアがあるのであればまだマシかもしれませんね。

 

そのままの格好(動きにくい?)で時間を潰すという問題は、着替えない限り解決が難しいですが…。



スポンサーリンク



全員が納得する時間帯はない!?

上記(午前)に限らず、やはりどの時間帯にも何かしらのメリットデメリットが存在します。

例えば、個人的には「挙式が12時から、そして披露宴が13時から開始…」というパターンが早すぎず遅すぎずって感じで、一番バランスが良いのかな~という気はします。



コレはおそらく「人気でよく行われている時間帯の一つ」でもあると思います。

ただしそれでもやはり、以下のようにデメリットはあります。汗^^




【一日中どっぷり結婚式って感じになる!?】

二次会まで参加したら尚更そう感じるでしょう。

なので疲労感がすごいかもしれませんし、また、前後の予定なども入れづらいですね。

 


【もしかしたら二次会までちょっとだけ(2時間半ほど?)空いてしまうかもしれない】

 


【いくら正午スタートとはいえ、ゲストが住んでいる場所によっては、前泊や当日の宿泊が必要になるケースもある】

などなど…^^




最後に

主に午前中のメリットデメリットを書いてきましたが、何かしらお役に立てたでしょうか?

ゲストの移動距離や状況を考え、できるだけ多くの方が無理なく出席できるように配慮して選びましょう。

 

とはいっても、もちろん人気の会場だと予約がいっぱいで希望の時間帯が取れないこともあるので、そのあたりも注意したいところですね。



あと、六曜を気にする人は時間帯選びも重要になると思いますので、今回の内容とは別にしっかりチェックしてくださいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました^^


よろしければ結婚式を午後や夕方から開始する際のメリットデメリットの記事もぜひ^^


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関連記事