役に立つ、得する情報提供を心がけています

スーパーのグロサリー部門のバイト!仕事内容は?きつい?

[記事公開日]2016/05/14
[最終更新日]2017/03/27

今回は求人でよく見かける「スーパーのグロサリー部門」について解説したいと思います。

このバイト(パート)をしようか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね^^


グロサリーとは!?意味を解説!

生活雑貨や日用品、そして一般食品などを指します。

※生鮮食品(果物、野菜、魚類、肉類)は除きます。

 

日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、英語圏ではよく使われており、食料雑貨店を表す場合もあります。

「グロッサリー」と呼ばれることも多いですね。

 

グロサリーはスーパーで扱う商品の中で一番扱うアイテムが多い部門になります。



スポンサーリンク



グロサリーの具体的な商品は!?

お店によって異なるケースもありますが、一般的には以下のような感じです。

 

食品系

ザックリ言うと「加工食品」という認識で問題ないと思います。

お醤油や味噌などの「調味料」、缶詰、レトルト食品、お菓子、米……などなど。

 

ジュースやお茶などのペットボトル、「飲料系」もありますね。

また、豆腐、納豆、漬物、生めん、牛乳などの「日配食品」も含みます。

 

 

生活雑貨や日用品

トイレットペーパーや洗剤、マスク、歯ブラシ スポンジ……など、或いはペット関連商品なども当たります。

食品系にも言えることですが、グロサリーが扱う商品は本当に幅広いです…^^全ては書ききれません。汗^^

 

 

グロサリーと日配の関係

一般的には、グロサリーが扱う商品の中に「日配品」も含まれています。

今回の記事もそういう前提で書いています。

 

ただし、お店によっては「グロサリー」と「日配」を分けていることもあります。基本的な仕事内容は変わりませんが、扱う品物が変わってくるということです。

 

広くて大きなスーパーマーケットの場合、この可能性は高い気がします。

このようなお店は、もちろん求人の時点でも分別されて掲載されています。

 

ちなみにですが、日配は「デイリー」と呼ばれることもあります。

 


グロサリーバイトの仕事内容は!?

店内の「品出し」「補充」、などがメインの仕事になります。

その他にも届いた商品の荷卸し、倉庫への出し入れ、発注した商品をチェックしたりする仕事もあります。

 

また、経験を積んでくると、補充しなければならない商品を端末を使って発注をかけることもあります。

 

 

メリットは!?

社員の指示に従って仕事をすることが多いので、自分の判断に迷うことがほとんどありません。

 

そしてレジの仕事とは違ってお客様と接する機会は少ないです。

そのため「黙々と仕事をすることが好きな人に向いている仕事」であると言えます。

 

とはいっても、もちろん開店後はお客さんに話しかけられることはあります。

最も多いのは「商品の場所」を聞かれることですね。

もちろんグロサリー以外の商品の場所も普通に聞かれますが、これに関してはしばらく勤務すれば自然にわかってきます^^

 

 

また、一見単純作業で面白みにかけると思うかもしれませんが、シーズンごとに棚作りを変えたりするので、売り場を作っていく(手伝う)楽しさを感じることができることもこの仕事の魅力の一つです。



より売り上げアップに繋がるような棚作りをしたいですね^^

同僚と一緒に作り上げていくので、完成した時の達成感も味わえるでしょう。

 

 

デメリットは!?

ジュースや調味料など重たい商品を運ぶことが多いので、体力的にきついです。

グロサリーの仕事に応募する際は、力仕事である点を踏まえておいた方が良いでしょう。

 

また、最初のうちは陳列する棚の場所がわからず右往左往することが多いので、残業になるケースがあるかもしれません。

しかし商品自体の知識は必要ないので、まずは場所を覚えることが大事ですね^^

 


グロサリーバイトの志望動機の例文

いくつか紹介しますので参考にしてください。

グロサリーに限らず、「近所のスーパーで働く志望動機」として使えるかも!?と思う部分があれば、そこだけを抜き取って頂いても構いません^^



■例文①
毎日のようにこちらのスーパーで買い物をさせて頂いております。

探している商品が見つからず、品出しをしている方に商品の場所を尋ねたことが何度かあります。

対応してくださる方はどの方も大変親切丁寧に教えてくださったので、私もこんな風に感じよく、テキパキと仕事ができるようになりたいと思って志望いたしました。

■例文②
私はどちらかというと人前に出るよりも裏方の仕事の方が好きなので、グロサリー部門の仕事に応募いたしました。

シーズンごとに売り場を作り上げていく仕事に興味を持っており、来て頂いたお客様にお店の一押し商品や、季節を感じることのできる商品を見て頂いて、ワクワクして頂けるような棚作りをしてみたいです。

■例文③
売れ筋の商品や回転の遅い商品など色々見て世の中の人がどのような物に興味を持っているのかを現場で見てみたいと思って応募しました。

ゆくゆくは自分で発注をしたり、売上の予測ができるようになりたいです。

今回は以上になります。もし応募するなら面接頑張ってくださいね^^


興味ある方は以下の記事もぜひどうぞ^^

楽なバイト8選!精神面か体力面どちらを重要視する!?

きついアルバイト7選を紹介!


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー