役に立つ、得する情報提供を心がけています

バイトに行きたくない時の対処法24選!

[記事公開日]2016/04/04
[最終更新日]2016/12/03

私は過去10年以上のフリーター生活で、数えきれない程のバイトをしてきました。

バイトに行きたくない…、この気持ち、何百回も経験しています…^^(1000回以上かも)

 

今回はそんな時の対処法を全部で24選紹介したいと思います。

100%の正解はないですし、私オリジナルの方法などもあるので、もちろん保証はできませんがアナタにとって「お!使えるかも!?」と思うモノが一つでもあれば幸いです。

 

また、人間関係に悩んでいる人は会社やバイト先で嫌われる人の特徴27選!の以下の記事もお役に立てるかもしれません。



仕事で悩んで行きたくない人は以下の記事もぜひ。

バイトで仕事ができるようになるには!?コツ11選!

バイトで仕事できない人へ!頭でシミュレーションしてますか!?



では本題です。
 

バイトに行きたくない気持ちが和らぐ方法!「プラスに考える編」16選


①近々辞めると決め、それを目標にその日を乗り切る

なかなかレベルが高い方法ですが、けっこう限界が近い人には効果があるかもしれません。

「とてもじゃないが、あと半年や一年ほど働くのは無理だ」という人ですね。

 

辞める日がわかっているとだいぶ気分が楽ですよね。私は辞める日が決まったら急にパワーが出てきます。

そして色々な感情になり、今日のバイトがそこまで嫌ではなくなります。

「あともう少しの辛抱だ」「辞めたらもうこの苦痛な気持ちさえ味わえないんだから、ある意味すごい貴重だ」などなど。

 

 

例としては「よし、3か月後に辞めよう。1か月前には店長に言おう。あとたった3ヵ月だ!やるぞ~!」的なテンションになれば大成功です^^

私は紙に残りの出勤日数を書いて、バイトから帰宅したらその日をチェックして消していましたね^^

段々減っていく々のが嬉しかったです。

そして本当に辞めてもいいのですが、「店長に辞める宣言する予定の1ヵ月前」になった時に、状況が変わったりして、もしそんなに嫌な気分でなかったらそのまま続ければいいのです。
実はコレが最もベストな形です。

 

ですので、実際店長に辞める宣言をするまでは周りの誰にも言わないことをおすすめします。

その時の状態にならないとわかりませんからね。

 

この「辞める辞める作戦」で1年間乗り切りことも不可能ではありません。(実際はけっこう難しいと思いますが…^^)

 

 

 

②その日稼げる金額を計算する

例えば時給900円で8時間労働なら7200円もらえます。

「バイトに行く」と考えるのではなく、「7200円もらいに行く」と考えてみるだけでちょっと気分が変わりませんか?^^

 

私は「7200円あれば、あの美味しいラーメンが7回以上食べられる!そんなお金が貰えるならあの苦痛に耐えられる!」と思い込ませたこともありました^^

金額をリアルに想像することで少しはやる気が起こるかもしれません。

 

もちろん逆に「行かなかったら7200円も損するんだ」的な考え方もアリですね。

 

 

 

③「この気持ちは自分だけじゃない」と考える

と言いますか、完全な事実です。アナタだけではないです。

むしろ「仕事に行きたくない人」の方が圧倒的に多いです。

 

やはり「自分だけではない、一人じゃない」と考えるだけでも若干気持ちが軽くなる可能性はあります。

そんなことは普段わかっているつもりなんですが、再確認する感じですかね。

 

「みんなも同じような気持ちでなんとか乗り切っているんだ」と思うと「私も頑張るか…」とマシな気持ちになるかもしれません。

 

 

 

④この生活がずっと続くわけではないと言い聞かす

まあ実際にずっと続くことはまずないでしょう。バイトですから、いずれ辞める頃がくるでしょうからね。

 

学校を卒業するまでか、就職するまでか、結婚するまでか、人それぞれですが永遠にそのバイトを続けるわけではありません。

そう考えると若干楽になるかもしれません。

 

 

 

⑤ゲーム感覚で頑張る

仕事をゲーム感覚で楽しもうと考えることができれば、そこまで辛くなくなるかもしれません。

あるお店でバイトしていた私の友達は「忙しければ忙しいほど上手くこなしたくて燃えてくる」と言っていました。うらやましい…^^

 

 

普段何気にこなしている仕事をゲームぽっく考えられるとベストですね。

例えば飲食バイトで、その日のホールスタッフの人数、メンバーを確認し、お客さんの予約数などを考えて「みんなでピークを回し切る目標」を立てたりします。

 

細かく作戦などを考えた結果、達成できた時はおそらく清々しい気分になるでしょう。

失敗したとしても取りようによっちゃ「良い経験」になります。


ただこのようなチームプレーの場合は、スタッフ同士仲が良いこと、そしてアナタが司令塔的なポジションであることが前提ですが…。

 

もちろん一人(個人)でも何かしら楽しみながら仕事ができればそれに越したことはありません。

 

 

 

⑥バイト終わりに楽しみをとっておく

例えばバイト終了後に「友達と遊びにく約束をしてみる」、「買い物に出かける」、「録画していおいた好きな番組を見る」、などですね。

 

私はこの方法はけっこう使いましたね。ポイントとしてはかなり具体的なところまでイメージすることです。
例えば私であれば「バイトが終わったらあのラーメン屋に行って、○○を注文し、煮卵とバターをトッピングしよう」などです^^

ご褒美があれば頑張れる可能性は高いですし、しかも仕事終わりの充実感があるのでより楽しめるでしょう。

もしサボって休んでしまったら、好きなことでもワクワク感は半減するのではないでしょうか。

 

 

 

⑦バイトに全力を出さないと決める

当然ですが、バイトを毎回毎回100%出し切って頑張ろうとすると疲れます。

それが原因で行きたくない気持ちが出てきている人も中にはいるでしょう。

 

私も割とそうなんですが、根が真面目というか、気を使うというか、しんどいのはわかっていても多少頑張っちゃうタイプですね。

本当に気持ちわかります^^

 

でもそういうタイプの人は80%くらいで頑張るようにすると、少しは気分が楽になるかもしれませんよ。

私も途中から完全にそうしました。

 

ただしサボるとか手を抜くといった意味ではないです。

うまく説明できないですが、「時間内は精一杯働くけど、残業はしない」、「時給1000円なら1200円分の仕事は断る」といった感じですね。(わかりにくいでしょうか^^)

 

まあ自分の身体のことを考えると「バイトとして割り切ることも大事ですよ」ということです。

 

 

 

⑧「行きたくないと思うこと」が損だと思い込む

簡単に言うと「笑って過ごしても泣いて過ごしても同じ一日なら、笑って過ごした方が得じゃない!?」って話です^^

 

同じ時給で同じ仕事内容、そして同じ労働時間なら、、「バイトに行きたい」と思って出勤する人より「バイトに行きたくない…」と思って出勤する人の方が損なんじゃないのか?

ある時、そう考えたことがありました。

単純に「うわ~バイトか~」とへこむ時間があるので、その分損してるのかな~と^^

 

 

ただもちろん「それなりの行きたくない理由」があるでしょうし、それを「無理やり行きたいと思うようにしよう」ということではないです。

しかもそれはかなり難しいです。

 

でも「損をしてる」という感覚があるだけで、私は「行きたくないと思う時間」が減った気はします。

私はとにかく損をしたくないんですよね…汗^^

 

スポンサードリンク


⑨出勤することを最大の目標にする

出勤前は「めちゃくちゃ行きたくない」と思っていても、いざ現場に着いて仕事を始めるとそこまで嫌な気分ではないというパターンはないですか?

おそらくほとんどの人が「家を出るまでが嫌なだけで仕事を開始するとそれほどでもない」という状態になると思います。

 

私は出勤してから、むしろ「アレ…今日ちょっと楽しいかも…!?」と感じた日もありました。汗^^

 

ですので「バイトあがり時間まで乗り切ること」を目標にするのではなく、「現場に着くことを最大の目標」に考えてみてはいかがでしょうか?
勤務終了までの時間を考えると長いですが、バイト先に着くまでなら気持ち的にハードルは下がるでしょう。
 

ただこの方法は「ダルイからなんとなく行きたくない」という人には効果があるかもしれませんが、「行きたくない原因がハッキリとある場合」はちょっとキツイかもしれません。

 

 

 

⑩そのバイト先に楽しみを見つけ、それをメインに考える

例えば飲食店の場合、「働きに行くのではない。食費を浮かすためにまかない飯を食べに行くんだ。そのついでにちょこっと仕事するんだ」くらいに考える方法です。

私は割と使っていましたね。

 

他には「休憩中に仲の良い先輩と楽しいおしゃべりをするために行くんだ、仕事はそのついでだ」的な感じでもいいですね。

とにかく「労働以外にバイトに行く目的」を見つけられたらなんでも構いません。

 

ランチ休憩のお店選びが楽しみでもいいです^^

 

 

 

⑪給料日のことを考える

そして「欲しいモノ、買いたいモノ」を想像しましょう。

これもぼんやりではなく、給料の中から使える金額内でリアルに想像する方がよいです。

 

例えば「服」ではなく、「○○というブランドのジャケットを買う」といった感じですね。

ネットや雑誌などでその服の写真を見ると、さらに欲しくなりますよね。

 

具体的にすることでよりテンションが上がり、「バイト代を稼ごう!」という気持ちが高まる可能性があります。

 

 

 

⑫お金を使わずに済むと考える

例えばバイトに8時間入れば、拘束されているその8時間の間はお金を使わずに済むわけです。(ランチに使うことはあるかもしれませんが)

そう思って頑張るのはどうでしょうか?

 

ヒマ潰しに映画を借りたり、コンビニに行って目的以外のモノまで買ってしまったりする心配がないわけです。

 

ネットやテレビも、金額としては大したことはないですが、電気代はかかりますからね。

もちろん部屋にいてエアコンを付けているとその分電気代はかかります。

 

ですのでスーパーポジティブに考えれば「バイト中はお金を使う隙を与えてもらえないので、お金が減らないし、さらに働いた分稼げる」となります^^

 

 

 

⑬自分にしかできない仕事を思い浮かべる

バイトの場合、なかなかそういう仕事はないかもしれませんが、「あの仕事は他の人がするより私がやった方がスムーズだろう」と思う感じで十分です。

 

店長に期待されていたり、任せられている仕事があれば理想ですね。

責任感が出てきて、いく気が出るかもしれません。

 

 

 

⑭誰かのために頑張る

親に心配をかけたくない、恋人とのデート代を稼ぐ、友達の誕生日プレゼントを買う、などなど。

自分ではなく、人のことを想うと意外に頑張れる可能性があります。

 

もし結婚している場合は、「家族や子供のために頑張る」というのはもちろん効果的でしょう。

 


また、ちょっと視点を変えると、「自分を採用してくれた店長のために頑張る」というのもアリです。

これはそのバイトが決まるまでいくつか不採用になり、「やっと採用してくれた」という場合に有効です。

「私を雇ってくれた店長に迷惑はかけれらない」と思うと、行く気が出てくるかもしれません。

 

 

 

⑮次の休みまでの日数を数える

休日の内容を考えるのではなく、単純に「休みまであと○日」と考えテンションを上げる方法です。

(楽しい予定が入っているのに越したことはありませんが^^)

 

この方法は休みの3日前くらいなら効果があるでしょう。

「今日から5連勤か…」という状態ならさすがに効果が薄い…というか逆効果で「あと5日もある…」となるので気を付けましょう。汗^^

 

 
もちろんバイトに行きたくない日が休みの前日で、「今日出勤すれば明日は休みだ!」という状態がベストですが、2日前でも考えようによっては効果があります。
2日前、私の場合は「今日出勤して明日になれば、『今日出勤すれば明日は休みだ!』という状態になる!」と思って励みにしてました。

若干ややこしいですが…。(笑)



あと、ちなみにですが、もし「土日休み」と「水日休み」の職場があったとしたら、個人的には絶対に後者を選びます。

なぜなら連休のあとの「明日から5連勤か…」というダメージを食らいたくないからです。



後者なら日曜日の夜でも、「2回行けば休みだ!」となりますし、水曜日の夜は「3回行けば休みだ!」となるので、かなり精神的に楽です。

私はシフト自由のバイト先では、いつも水日のように「休みの間隔」を空けていました。



ただ周りの人にこの話を降ってもほとんどの人が「連休の方が好き派」なんで、あまり共感してもらえないのですが…(汗)^^


 

 

⑯いざとなったらすぐに辞められるモノだと考える

特にバイトの場合は比較的簡単に辞めることが可能です。その日限りで速攻…というのは難しいとは思いますが…。

でもこう考えると「ギリギリまで頑張ってみようかな…」という気持ちになるかもしれません。

 

個人的には「限界まで」というよりかは、その一歩手前くらいまでで十分だと思っています。

 

 

バイトに行きたくない気持ちが和らぐ方法!「冷静に考える編」5選

 

①無職になった状況を想像する

この考え方は特にフリーターの方には有効かもしれません。

経験がある方はわかると思いますが、無職といのは想像以上に辛いです。

 

「早く仕事を見つけなきゃ…」という焦りや不安も出てくるので、なかなか気分が晴れないことが多いです。

それにお金も使いづらいですから、いくら貯金があっても気にはなります。

 

こう考えると「やはりバイトを辞めるべきではない、今日も働きに行こう」となるかもしれません。

 

 

 

②生活費のことを考えてみる

毎月必ず必要なお金ですね。
家賃、食費、光熱費、携帯代、ネット代、などなど…。

自分が「欲しいモノ」の場合は、「欲しいモノが買えなくてもいいいからそれでも休みたい」となってしまうかもしれません。

 

しかし生活費の場合は、そうは言ってられませんから「よし頑張るか…」となるかもしれません。

大げさに言えば、働かないと生活できませんからね。汗^^(一人暮らしの場合)

 

 

 

③求人サイトや求人雑誌を見てみる

狙いとしては、自分のバイト先の待遇や給料などの良さを再確認することです。

「よく考えたら私のバイト先って時給高いほうなんだな…。贅沢言ってないで頑張るか…」というような感じですね。

 

また、「どこのバイト先もあまり変わらず大変そうだな…。職を変えても同じか…よし、頑張るか…」となるのもアリですね。



ただしデメリットがあります。それは「魅力的な求人を見つけてしまった場合」です。

バイト先を変えたくなり、よりいっそう行きたくなくなる可能性があります。

 

 

 

④バイト先のスタッフに迷惑がかかることを考える

「もし休んでしまったら、私のあの仕事は○○さんが代わりにやるのか…。でも○○さんは他にもやることがたくさんだし、キツイだろうな…」。

このように想像すると「自分のわがままでサボるわけには行かない!」となるかもしれません。

 

わざと迷惑をかけたい人って普通はいないですからね。

 

また、もし休むと次回出勤時に「この前は休んでごめんね」的なことを言う必要がありますから、これも人数が多いと大変です。

それにみんなが優しくリアクションしてくれるとも限りませんからね。(汗^^)

 

 

 

⑤次のバイトを探す手間を考える

もし辞めてしまったら、おそらくバイトを探すことになるでしょう。

この場合、また求人サイトを見て、応募連絡し、面接を受けるという流れが待っています。

 

けっこう時間と体力を消耗しますし、もちろん不採用が続く可能性も0ではありません。

 

このようなことを想像すると、今のバイト先に対して「そこまで本当に嫌なのか?辞めるべきなのか?」と自問自答できる機会になるかもしれません。

 

スポンサードリンク


バイトに行きたくない気持ちが和らぐ方法!「行動編」3選

 

①出勤するまで友達と遊ぶ

これは単純に「バイトに行きたくない」という気分を忘れることが目的です。

一人でもいいのですが、できれば友達など誰かとしゃべっている方が思い出しにくいでしょう。

そして家より外の方が良い気がします。

友達と別れ、そのままの流れでバイトに向かうので「行きたくない」と考えている時間もないですから、よいかもしれませんね。


ただ、あまりにギリギリまで遊ぶと、遅刻するかもしれませんし、それで急ぐとなると危険ですので、ある程度は余裕を持って向かいましょう。

 


そしてデメリットとしては、遊ぶことが楽し過ぎると逆に「行きたくない…」となる可能性があります…汗

「いや、仕事だから行かなきゃダメだよ」としっかり言ってくれる友達なら安心ですが…^^

 

 

 

②とりあえず出かけられる状態に準備する

一人暮らしの方などは、起床してから寝間着(パジャマ)のまましばらく過ごすことも多いと思います。

その状態で「仕事に行きたくない…」と感じるのであれば、一度私服に着替えて出勤できる状態にするのはアリです。

 

意識的にスイッチが入り、仕事モードに切り替わるかもしれません。

 

ポイントは完全に出掛けられる状態にすることでしょう。

整髪料を付ける、化粧をする、暑いけど上着まではおる、靴下をはく、財布や携帯をポケットに入れる(くつろぎにくいですが…^^)

などなど。

 

 

 

③用事を作り早めに家を出る

バイト前に、家にいる時間が長ければ長いほど「う~行きたくない~」という気持ちになる可能性が高いでしょう。

また、居心地が良いとよけいにそう感じるでしょう。私も超インドア派で自宅が大好きでしたので、バイト前は嫌で嫌で仕方なかったですね。汗^^

 


こんな時、あえて用事を作り、早めに家を出てみるのはアリかもしれません。

「バイト前にあの本屋に寄ってみよう」、「郵便局や区役所に行って用事を済ませよう」といった感じで基本なんでも構いません。

家を出た瞬間から気持ちが切り替わる可能性もありますし、おそらく家にいる時よりは「行きたくない感」は軽くなっているのではないでしょうか。

これは先ほど書いた「私服に着替える」ということにも繋がるので、その影響もデカいかもしれません。

 

もちろん遅刻する確率もグンと下がります。

ただ正直、毎回は用事がないので無理でしょうけどね…^^

 

 

それでもどうしても行きたくない場合

色々試したけど無理な場合は、よっぽどその職場が合っていないのでしょう。

ですので辞める選択をすることは別に悪いことではありません。気軽に職場を変えられることがバイトのメリットでもありますからね。

 


バイトの辞め方は正しいバイトの辞め方!ベストなタイミングは!?の記事を参考にしてください。

 

理由に関しては以下の記事をどうぞ^^

誰にでも使える!円満にバイトやパートを辞める理由!

フリーターがバイトを辞める時に使える定番の理由!

バイトを辞める理由!大学生が使える定番は!?

バイトや会社をすぐ辞める(3日以内)場合の理由は!?

 

 

手段や言い方は以下の記事をどうぞ^^

バイトを辞める時の言い方!リアルな会話の例文アリ!

電話でバイトを辞める時の実際の言い方!例文を紹介!

バイトを辞める!メールで伝える時の書き方!例文アリ!

 

また、もしアナタが新人であば、バイトの研修中や試用期間中に辞めることは可能!?が役に立つかもしれません。




職探しについての記事も貼っておきます。

楽なバイト8選!精神面か体力面どちらを重要視する!?

きついアルバイト7選を紹介!

 

 

今すぐ辞めるべきなケース

これは出勤しようとすると、体調が悪くなる場合です。胃が痛くなる、腹痛になる、など。

主に精神的なダメージからくるモノですかね。

 

この場合は、すぐに辞めて職場を変えた方がよいでしょう。無理は絶対によくないです。

 

 

最後に

大きな声で「よし!」と言い気合いを入れるだけで、気分が変わったりすることがあります。

簡単なことでやる気が出るのであれば、それに越したことはありません。

 

もしそれだけでは無理な場合、今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

 

それでもアナタが辞める決断をしたのであれば、それはそれで正解だと思います。

 

私は過去、「1日(初日)で辞めたバイト」はけっこうありますが、「2年以上続いたバイト」もいくつもあります。

やっぱり人によって「合う合わない」があると思います。

とにかくポジティブにいきましょう^^

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー