役に立つ、得する情報提供を心がけています

新幹線グリーン車の料金は!?仕組みを簡単解説!

[記事公開日]2016/01/01
[最終更新日]2017/04/29

グリーン車に乗るには専用のチケットが必要です。

今回はその基本的な仕組みや料金などを、できる限りわかりやすく解説したいと思います。


新幹線グリーン車に必要なチケット

■「乗車券」

■「指定席特急券・グリーン券」

この2枚が必要です。



※「指定席特急券」と「グリーン券」は元は別々の券ですが、実際は1枚になっています。

ですのでコレ一枚と、乗車券一枚の合計2枚が必要ということです。



スポンサーリンク



グリーン料金とは!?

新幹線のグリーン車に乗車するには、もちろん別にお金(グリーン料金)がかかります。

全て指定席なので、自由席はありません。チケットに書かれている座席に確実に座ることが可能です。

 

つまり、確実に座れる指定席料金+豪華で快適に移動できる分(グリーン料金)が必要ということです。

 

 

「グリーン料金」と「グリーン券」の違い

この記事では以下のように、別のモノとして捉えています。
■グリーン券(チケット)

グリーン車に乗車するために必要な紙切れだと考えてください。

 
■グリーン料金

実際に受けるサービス内容に対して払うようなモノとして考えてください。
余計ややこしかったらすみません。(汗)

 

 

グリーン料金はいくら?

これは移動距離や会社(JR)などによって変わります。

基本的には営業キロで考えますが、全てを完全に理解しようとするとけっこうややこしいです。汗^^

 

■東京~新大阪(のぞみ)➡片道5300円

■東京~博多(のぞみ)➡片道7650円
■東京~盛岡(はやぶさ)➡片道4110円

■東京~新青森(はやぶさ)➡片道5140円

これらは乗車料や特急料の合計ではなく、グリーン料金のみです。

つまり普通車に乗る時と比べて、これらの金額がプラスされるということです。

 

 

グリーン料金は年中値段が変動することはない

新幹線普通列車の指定席の場合は、時期によって指定料金が若干変わりますが、グリーン料金自体は変わりません。




 

 

子供料金はない

グリーン料金は大人も子供同額です。

ただしこれはあくまでもグリーン料の話ですので、乗車券や特急券の値段は半額になります。

 


また、例外として、大人が赤ちゃんなどを膝の上に乗せて乗車する場合は無料(運賃なども)です。

逆に乳児でも席を1個分使えばお金がかかるということです。(空席であっても)

 

まあ、そもそもが指定席なのでこれは仕方ないですかね。(汗^^)

 


グリーンチケット(券)の値段は!?

「通常期の指定席特急料金から520円引いた金額」+「グリーン料金」
このようになります。

「ん?少しややこしいな…」と感じた人は、先程の「グリーンチケット」と「グリーン料金」の違いをご覧ください^^

 

つまり、これ(グリーン券)に乗車券の値段を足したモノが全ての合計金額になります。



スポンサーリンク




ただし例外があるので以下で説明します。


引く金額が520円とは限らないケース

グリーン車を利用して新幹線を乗り継ぐ場合、または路線によって指定席特急料金から引く金額が変わるケースがあります。

 

 

東北新幹線と、「山形新幹線оr秋田新幹線」を利用する場合

詳しく書くと、以下のケースでは指定席特急料金の890円引きになります。
■「東北新幹線の路線」と「山形新幹線の路線」をまたぐ場合

■「東北新幹線の路線」と「秋田新幹線の路線」をまたぐ場合

新幹線列車を乗り継ぐ場合はもちろん、「東京駅(秋田新幹線こまち)➡秋田駅」のように乗り換えなし一本で移動する場合も、この路線(東北新幹線➡秋田新幹線)をまたぐので適用されます。

以下にそれぞれ例を出します。
 


■乗り継ぎする場合の例
二戸駅(東北新幹線はやぶさ)➡盛岡駅(秋田新幹線こまち)➡秋田駅
この場合、二戸駅➡秋田駅の区間の指定席特急料金から890円を引くという意味です。

 

 

■乗り換えなしの例
宇都宮駅(山形新幹線つばさ)➡山形駅
といった感じです。

 

 

ちなみに東北新幹線と山形新幹線の分岐点とされている「福島駅」、そして東北新幹線と秋田新幹線の分岐点とされている「盛岡駅」、この駅からそれぞれの新幹線に乗車する場合は890円引きではなく、通常の520引きです。

路線をまたいでないので^^

 


「福島駅➡山形駅」、「盛岡駅➡秋田駅」、などなど…。
 

 

東海道新幹線と九州新幹線の列車を乗り継ぐ場合は、1040円引き


名古屋駅(東海道新幹線のぞみ)➡博多駅(九州新幹線つばめ)➡鹿児島中央駅

ちなみにグリーン料は10740円(名古屋➡博多7650円、博多➡鹿児島中央3090円)です。
 

 

上記のようなパターンでない限り、基本的には520円引きと覚えておいて問題ないでしょう。

 


グリーン車に乗車する料金の計算方法は!?

※新大阪~東京という前提で合計金額を計算します。

 

■「こだま」「ひかり」であれば、指定席が5390円(通常期)ですから、まずはそこから520円引きます。
5390-520=4870


■続いて、それに東京~新大阪のグリーン料である5300円を足します。
4870+5300=10170


■そして最後に乗車券の8750円を足せばOKです。
10170+8750=18920円となります。
 

この計算でいくと「のぞみ」の指定席は5700円ですから、合計は19230円になります。

「こだま」「ひかり」と比べて、ちょうど指定席特急料金分の310円高くなるということです。

 


以上になります。ぜひ参考にしてくださいね^^

ちなみに、520円引くのは「通常期の指定席特急料金」ですし、グリーン料金自体にも時期による変動がないことから、グリーン車はいつ乗っても金額が変わらないということですね。

冬でも夏でも年末年始に乗っても…^^



サービスについては新幹線のグリーン車はどんな感じ!?普通車との違いは?をどうぞ^^


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関連記事