役に立つ、得する情報提供を心がけています

バイト面接を申し込む時の電話のかけ方!会話の例文付き!

[記事公開日]2015/11/02
[最終更新日]2017/04/30

発信ボタンを押すその前に…。


面接応募の電話はけっこう大事です。

「この時点からすでに面接が始まっている」という言葉もよく使われるように、そこがアナタの初めの印象になることは間違いありません。


そこで今回はアルバイト先に面接を申し込む(応募する)際の電話のかけ方やマナーを徹底解説します。

今までに余裕で100回以上は応募電話をかけた私が、注意点から実際の会話やりとりの例文まで紹介しますので、ぜひ参考にしてください^^


スポンサーリンク



電話をかける前に気を付けるポイント

 

用意する物

メモ用紙とボールペンを用意しましょう。

たいがいは頭で覚えられる内容ですが、たまに最寄り駅からの面接会場の行き方や、担当者の名前などをメモすることがあります。

また、面接に行ける曜日や時間が決まっている人は、自分の手帳なども開いて準備しておきましょう。(持っていれば)

 

そして、入れるシフトや時間帯を軽く聞かれることもあります。

すぐ回答できるように、念のため、その求人が掲載されている雑誌やサイトのページを開いた状態にしておきましょう。

 

 

時間帯に注意

これはかなり大事ですので、必ず意識しましょう。

基本は応募受付時間が書いていると思いますが、その中でも特に良い時間帯を選びたいところです。

バイトの面接応募の電話をかけるベストな時間帯は何時?の記事で詳しく書いていますので、お時間ある時に読んでみてください^^

 

 

周りの環境は大丈夫!?

まず、静かで相手の声が聞き取りやすい場所でかけましょう。

「すみません、もう一度お願いします」というセリフはできるだけ言わないように気をつけたいですね。

駅構内や車がよく通る交差点などは絶対NGです。

 

 

そして携帯の場合は必ず電波状況のいい場所でかけましょう。

途中で切れてしまうと本当に嫌~な空気になります。

 

会社側に「応募という大切な用事なのに、なぜそんな環境で…?」という印象を持たれないようにしましょう。



もし自宅に固定電話があるのであれば、それを使用した方が安全でしょう。



 

バイト面接を申し込む時の具体的な言い方の例文

大前提に以下の2点を意識しましょう。

■できる限りハキハキした口調で話す

■言葉遣い

 

まず相手が電話に出たら、以下のように言いましょう。
「求人雑誌(サイト)の○○(雑誌名やサイト名)を見て電話させて頂いた○○(名前)と申しますが、担当者の方はおられますでしょうか?」

名前はフルネームではなく、苗字だけでよいです。




もし緊張で名乗ることを忘れてしまったとしても、そこまで気にしなくて大丈夫です。

むしろ聞き返されたりすることもなく、スムーズに進む可能性もあります。



ただもちろんマナーとしては名乗った方が良いです。と言いますか、名乗ることによって印象がマイナスになることはないでしょう。




最初に出たのが採用担当者だった場合

「はい。私が担当者ですよ。」と言われますので、「△△のアルバイトはまだ募集されているでしょうか?」と確認しましょう。

※△△の部分は「厨房スタッフ」などの職種を当てはめてください。

 

 

最初に出たのが他のスタッフだった場合

担当者に代わってもらうことになりますが、電話に出たそのスタッフが「求人応募の電話」だということを伝えずに代わることがあります。

ですので担当者が出たら、まず「あなたが何者であるか」を教えましょう。

 

以下のように「求人サイトを見て電話したんだよ」という部分をもう一度最初に付けましょう。
○○(雑誌名やサイト名)を見て電話させて頂いた○○(名前)と申しますが、△△のアルバイトはまだ募集されているでしょうか?」
 

 

もしもすでに募集が終わっていた場合

求人を見て電話すると思うので、基本的には募集していると思いますが、もし締め切っていたら「そうでしたか、わかりました。では失礼します。」と言って電話を切りましょう。

 

 

募集していた場合

「はいはい、募集してますよ。とりえず面接に来ていただきたいのですが、いつにします?」的な流れでそのまま話が進みます。

 

ただたまに、「はい、募集してますよ。……(で?何?)」とそのまま無言になるケースがあります。

もちろん、やりとりとしては次にこちらから言葉を発するべきなんですが、これはもしかすると社会人としてのコミュニケーション力や、対応力的なものを試されてるのかもしれませんね^^

 

まあとにかくこの時は「一度面接に行かせて頂きたいのですが…?」という風に続けましょう。

沈黙になると「一瞬焦る人」もいるかもしれないので一応書いておきました^^

 

 

名前や電話番号などを聞かれる

最初に名前を言っていたとしても、確認のためにもう一度聞かれる可能性が高いです。

そしてここはフルネームで答えましょう。



おそらくこの流れが一般的だと思いますが、場合によっては「面接日が決定した後」に聞かれる可能性もあります。

あと、他にもシフトの希望や住所、年齢や学校名(学生なら)などを聞かれることもあります。



スポンサーリンク




ここからの流れはさらに詳しく書いていきます。

 

面接日時を決める

最初に担当者から希望する日や時間帯を聞かれる場合があります。

よっぽどの細かい指定でない限り、日時を指定する人としない人の印象は変わらないので、予定がある人は正直に答えましょう。




特に希望がないなら「いえ、いつでも構いません」、あるなら「平日の夕方○○時以降でお願いしたいのですが…。(例)」という感じで答えましょう。

ただ「いつでも構いません」と言った方が話がスムーズなので、私の場合は多少の予定なら面接を優先します^^

 

流れとしては「○日の△時はどうでしょうか?」などと聞かれますので、「○日の△時ですね?はい、大丈夫です。」と復唱しながら返しましょう。

 

 

いきなり日時を指定された場合

この場合は、たいがいは電話をした日から5日以内の日時を指定されることが多いです。

一番多いのは翌日だと思います。



そしてその日時で問題なければ、先程と同じように復唱しながら答えましょう。


もし無理なら「すみません…、その日はちょっと予定がありまして…。○日以降の午前中であればいつでも可能なんですが…?。(例)」という感じで答えます。



無理せず、ギリギリの時間帯はやめておこう
例えば、「○日の15時はいかがですか?」と聞かれた場合に、その日の自分の予定が14時までだとします。

確実に間に合う(厳密には14:50分までに)のであれば構いませんが、もし微妙なら「15時半(もしくは16時)からでは厳しいでしょうか?」と聞いてみましょう。

遅刻しては意味がありませんので^^




 

 

「今から来れますか?」と言われた場合

極まれにこのようなケースがあります。

経験上、これはかなりのチャンスです。私はこのパターンで落ちたことは一度もありません。

「人を欲しがっている可能性」が相当高いので、できるだけ行った方がよいでしょう。

 

もし可能な場合は「はい、履歴書を書く時間だけ頂きたいのですが、○○時頃で大丈夫でしょうか?」と言えばよいです。

 

ただ普通は予定があると思うので、断っても印象が悪くなることはないですけどね。汗^^

 

 

面接日が決まったあとの流れ

まずは「当日の持ち物は履歴書のみで大丈夫でしょうか?」と確認しましょう。

 

続いて、普通のお店などであれば別に問題ないのですが、入り口や受付などがちょっと特殊な場合は「当日伺う場所」の確認をした方がよいでしょう。

 

また、かけている電話番号が本社のモノであれば、「当日は店舗に行くかの?本社に行くのか?」などのような疑問も出てくるかもしれません。

その時は、「こちら(求人内容)に掲載されている住所の場所に伺えばよろしいでしょうか?」のような聞き方をしましょう。

 

 

電話を切って終了

最後に「わかりました。では当日よろしくお願いします。失礼します」と言って終了です。

必ず相手が切り終えたのを確認してから切りましょう。




最後に

電話をかける前に緊張する人は多いでしょう。

そんな人は良い印象を与えようと考えるのではなく、「普通の印象」を与えようと意識しましょう。

全然無難でよいのです。

 

あくまでも合否が決まるのは面接内容なので、とにかく電話では悪い印象さえ与えなければまずはOKです^^

あと、もし悪い印象になったとしても、面接で取り返せば逆にギャップ効果が出る可能性もありますよ^^


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関連記事