役に立つ、得する情報提供を心がけています

新幹線のきっぷは途中下車できる!?具体例で解説!

[記事公開日]2014/05/28
[最終更新日]2016/04/30

f2f66850cfe1541412ef33df6eb07b61_s

例えば、東京から博多まで新幹線で旅行を計画している途中に、「せっかく大阪を通るんだし、道頓堀のグリコ看板を一度生で見てみたいな~」と思う人もいるでしょう。

そんな時に、「新大阪で一旦下車することは可能なのか?」という疑問が出てきますよね。

 

今回はそのあたりについて、基礎からわかりやすく解説したいと思います^^

※この記事での「途中下車」とは、新幹線での移動区間内の駅で、一度改札の外(駅の外)へ完全に出ることを指しています。

列車のドアからホームに出て乗り換えるという意味ではありません。


新幹線きっぷ(乗車券と特急券)の仕組みをまだ理解していない人は、初めて乗る方へ!新幹線の切符の買い方を基礎から解説!の記事を先にご覧ください^^

興味ある方は新幹線のきっぷはどこで買える!?購入できる5つの場所!の記事もぜひ^^


 

乗車券は途中下車が可能だが、新幹線特急券は出来ない

いきなりですが、結論から言いますとこうなります。その意味をじっくり解説していきます。

 

新幹線特急券は新幹線に乗車した駅から、一度下車する(改札を出る)駅までの分しか買えません。

つまり、改札を出た時点できっぷの効果がなくなるということです。

もし「東京➡新大阪」の特急券を名古屋駅の改札に通してしまうと、回収されて戻ってきませんので気をつけましょう。
名古屋から新大阪分は無効になるということですね。よく考えたら恐ろしいですね。(汗)

※特急券の買い方は後に解説しています。

 

 

一方、乗車券は基本的に移動区間上であれば、何度でも途中下車することが可能です。

ただしいくつか注意点があります。

 

スポンサードリンク


乗車券で途中下車する場合の注意点

 

後戻りはできない

例えば「東京➡新大阪」の乗車券で、一度京都で下車した後、名古屋に戻って下車はできないということです。


「岡山➡新横浜」の乗車券で、「新大阪駅」で降りてタコ焼きを食べた後、「西明石駅」に戻って明石焼きを食べるということはできません^^

 

 

有効期限がある

有効期限は距離によって変わります。

東京~新大阪の乗車券(片道)の有効期限は4日間です。

往復切符を購入していればその倍になります。

 

ちなみに特急券にも有効期限自体はありますが、それに関係なく途中下車は不可能です。

 

 

移動距離の条件

乗車券の片道が100km以内だと途中下車はできません。

例えば、東京駅➡新大阪駅までは500km以上なのでもちろん適用されます。

 

 

途中下車する場合の、特急券の買い方は!?

例えば、東京➡新大阪の途中、名古屋駅で下車したいとします。

この場合は、「東京➡名古屋」と「名古屋➡新大阪」の2枚の新幹線特急券が必要になります。

乗車券は「東京➡新大阪」の分だけでOKです。

 

 

特急券は割高になる

名古屋駅で途中下車する場合、「通常の東京➡新大阪のきっぷ」よりは割高になります。

まあ、コレは仕方ありませんね。その分、「名古屋を楽しめる」と考えましょう^^
 
本来、東京➡新大阪の指定席特急券では13620円(のぞみ)。

同じ条件だと、東京➡名古屋が10360円、名古屋➡新大阪は5830円、合計16190円です。

差額は2570円…。

う~ん、まあ、正直けっこう高いかな…?と感じる人も多いでしょうね。

それなりに豪華なランチが食べられる金額ですねー。(笑)

 

 

きっぷの通し方

※先程の例を使います。

名古屋駅で新幹線から降りた後、新幹線改札口(出口)に乗車券と特急券(東京➡名古屋)を重ねて2枚入れます。

東京➡名古屋分の特急券は回収されますが、乗車券だけ出てくるので、それを受け取ってください。

 

もしそのまま在来線で移動する場合は「在来線乗り換え改札」を出て、その目的地の駅の有人改札で「乗り越し運賃を払う」という形でも構いません。

 


改札の通り方(基本)は新幹線のきっぷはどの改札に何枚入れるの?通り方を解説!で詳しく解説しています^^

 

スポンサードリンク


まとめとして、例を出してみます



「東京➡広島」までの新幹線移動で、途中、名古屋城を観光する場合

 

必要なきっぷ
■乗車券は「東京➡広島」までを1枚」(途中下車可能)

■特急券は「東京名古屋まで」、「名古屋➡広島まで」の2枚

さらに細かく言うと、名古屋駅から名古屋城までの往復運賃が必要ですね^^

※金額は地下鉄やバスなど、移動手段による

※名古屋駅から名古屋城まで、徒歩では30分程です。

 

もちろんこのケースですと、観光した後に名古屋で一泊してから、翌日に広島へ向かっても構いません。

 

 

2回下車する場合



「姫路➡東京」まで新幹線で移動する途中、 「京都」で下車して清水寺を観光、その後「浜松」で下車してウナギを食べてから東京に向かうという場合

 

必要なきっぷ
■乗車券は「姫路➡東京」を1枚

■特急券は「姫路➡京都」、「京都➡浜松」、「浜松➡品川」の3枚
となります。

 

 

最後に…

ちなみにですが、乗車券には特定都区市内制度があり、このエリア内での途中下車はできません。

 

例えば乗車券が「大阪市内➡東京都区内」であれば、大阪市内での途中下車、東京都区内での途中下車ができないということです。

※新幹線の途中下車の話ではありませんので、今回の記事テーマとは別です。

 

一応、新幹線きっぷの大阪市内や東京都区内などの意味は!?の記事に詳しく書いてますのでよかったらどうぞ^^

 


以上になりますが、いかがだったでしょうか?

初めて新幹線に乗る人などからすれば少し勘違いしてしまうこともあるかもしれませんね。
「途中下車できる」という言い方をすると、特急券一枚で下車できると思い込む人が多いのではないか?と感じました。

誰かに教えてあげる時は「乗車券のみ途中下車可能」ということを強調してあげましょう^^

また、今回はいわゆるノーマル切符という前提で書いています。新幹線回数券などは途中下車できませんので、お気を付けください^^

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー