役に立つ、得する情報提供を心がけています

バイトを辞める時の言い方!リアルな会話の例文アリ!

[記事公開日]2015/08/24
[最終更新日]2017/04/28

退職したい場合、上司に伝えることは以下の3つです。


「辞めたい」という意思

いつに辞めるか(いつまで続けるか)

理由(これは絶対に必要というわけではありません。)

 

今回はその具体的な言い方について、例文を紹介しながら解説したいと思います。


スポンサーリンク



実際の切り出し方&会話例

私 「○○さん(店長)、すみません、□□(理由)ですので、△月いっぱいで辞めさせて頂きたいのですが…(頂けますでしょうか…?)」

店長「そうなんだ、了解。」

私 「すみません、では△月までよろしくお願いします。」
一番スムーズにいくとこんな感じですね。

 

ちなみに理由については以下の記事を参考にしてください。

バイトを辞める理由!大学生が使える定番は!?

フリーターがバイトを辞める時に使える定番の理由!

誰にでも使える!円満にバイトやパートを辞める理由!

 

 

話し出す前につける言葉

別に何も悪いことはしていないですが、「すみません」と付けた方が無難ですし、そのままの流れでしゃべりやすくなるのでおススメです。

 

また、上司と他愛もない別の話をしている状況から切り出すのであれば、理由を話し出す前に「突然ですが」、「いきなりですが」という単語をつけてもよいでしょう。

 

あと、ある事情で「バイトを始めて3ヵ月以内とかに辞める場合」は、理由を話し出す前に「こんなに早い予定ではなかったのですが…」などとつけても自然でよいと思います^^

 

 

大げさな感じは出さない

「大事な話があるのですが…」、「実はですね…」、「今お時間よろしいでしょうか…?」などの前置きをつける人がいますが、正直どうなんだろう?と思います。

「正社員が退職する」、もしくは「何年もいるベテランバイトですごく重宝されている」、などの場合は上司からしても確かに「重要な話」です。

 


ただ普通のバイトが辞めることは、それ自体が全く珍しくないので、そこまでもったいぶる…というか、重い話をする雰囲気を出す必要はないと思います。



わざわざ人がいない場所まで呼び出す…なんてのはもってのほかです。(汗^^)

決して「フランクに言えばいい」とう意味ではありませんが、普通に真面目な感じでOKです。

 

 

一応、私流を紹介します^^私は最初に理由を言いません

私 「○○さん(店長)、すみません、△月いっぱいで辞めさせて頂きたいのですが…」

店長「ああ、そうなの?わかった。じゃあそれまで頑張ってね。」

私 「はい、ありがとうございます。ではよろしくお願いします。」

こんな流れです。もちろん、相手が質問してきた場合は以下のように答えます。
私 「~~~辞めさせて頂きたいのですが…」

店長「え?どうしたの…?」

私 「いや、実は□□(理由)でして…」

店長「ああそうなんだ、それは仕方ないね。」

私 「はい、そうなんですよ…。本当すみません、ではそれまでですがよろしくお願いします。」


なぜ理由を言わない!?

理由を聞いてこない上司や店長は意外と多いです。(私の経験では特に社長)

この手のタイプには、わざわざ長い理由を言ったところで、「ああそう?了解~(別に興味ないけど…)」となるのがオチです。汗^^

 

それより相手が確実に知りたいのは「退職日」ですので、それは確実に伝えます。

もちろん上司が全員この手のタイプというわけではないですが、もしそうであれば時間を取らせるのも悪いので、私は最初に理由を言わないのです^^



スポンサーリンク



引き止められた場合の会話例

「辞めさせてもらえない」と悩んでいる方もいますので、対処法と言いますか、例文を紹介します。

 

ただし以下の条件はクリアしているという前提です。

※「人間関係」のような改善の余地がありそうな理由ではなく、説得力のある理由

※「退職の1ヵ月前」などのように、就業規則通りの期間に報告している

※契約期間の定めがないバイト

 

3つ目がよくわからない人は、契約期間の定めがあるバイトは途中で辞められるの!?の記事をどうぞ。

 

あと、相手はかなりしつこく、どこまでも食い下がる店長(汗^^)というキャラ設定で書きますので、実際は使えそうなやりとりだけをチョイスして頂ければと思います。
私 「~~~辞めさせて頂きたいのですが…。」

店長「マジで!?もう一回考え直してくれない?」

私 「すごく悩んだ結果なので…、厳しいです。すみません。」

店長「いや、でも無理だわ。今人足りてないから。」

私 「いや、△月いっぱいまではいますので、その間に募集をお願いします。」

店長「とりあえずまだ募集は無理だから、もう少し延ばして。」

私 「すみません、それは無理です。私も○○(事情を説明)で急いでいますので…」

店長「じゃあ代わりのバイト連れて来て。友達とかいるでしょ?」

私 「みんな働いているので無理です。空いている知り合いはいません。」

店長「じゃあ新しい人が入ってきたら、辞めていいから、それまではいてくれる?」

私 「いや、ですので△月いっぱいまではいますが、それ以上は無理です。私もできればそれまでに引継ぎをしたいので、なんとか募集をお願いします。」

店長「だから今は無理だって!ダメ。認めない。」

私 「退職の意思表示は、最低14日前ということが法律上認められていますよね?でも私はさすがにそれでは短いと思ったので、このように1ヵ月以上前に報告しているのですが…?」

店長「……そんな法律は知らない…。」

私 「就業規則も1ヵ月前で大丈夫だと書いていますよね?」

店長「とにかく無理だ。しばらくは働いてもらう。」

私 「いや、△月△日に退職します。それ以降は出勤できません。」

店長「そんなことをすれば、次の給料は払わない…。」

私 「では労働基準監督署に相談させて頂きますが、よろしいですか?」

店長「え!?……、わ、わかったよ…。ハイハイ、認めるよ。」

私 「そうですか、ではもう一度言いますが、△月いっぱいで辞めますので。よろしくお願いします。」
といった感じでしょうか。長いですね~(笑)

もしチェーン店なら、労働基準監督署という単語を出す前に、一度「本社に電話して相談します」と言うのもアリですね。

 

 

ただし!もう一度言いますが実際こんなやりとりは超レアですよ^^

普通はどこかの段階で店長が折れるハズですから…^^

ですので先程も書きましたが、店長の発言によって、その返しでお気に入りがあればぜひ参考にしてみてくださいね。

 

そしてもちろん「新しいバイトを紹介するまで辞められない、新しいバイトが応募してくるまで辞められない」といったルールは一切ありませんので、聞き入れる必要はないです。

それが「アルバイトの常識」なんてことも絶対ないですから、了承しなくてOKですよ。

 


引き止められる原因は「辞める」の言い方!?

そもそもこのような展開になるのは、「辞めたい」という言葉の言い方が原因だと言われることもあります。

つまり、「辞めたいのですが…?」などの疑問形や、「辞めさせてください」とお願いする形のように意思表示が微妙だと、相手が引き止めやすいんですよね。

ですので、きっぱり「○月いっぱいで辞めます。」と言い切ることが大事だとされています。

 

 

注意点

実際この形で話すとどうしても、冷たくてとげとげしい印象を持たれます。

引き止める気がない上司からすれば「え?…おお…。わかった…。(え?怒ってる?)」のようなリアクションが返ってくるかもしれません。

 

その職場が以下のようなケースの場合に限り、このような言い方をしてみてもいいかもしれません。

■なかなか辞めさせてもらえなかった他のバイトを見た

■絶対引き止められるという噂を聞いた

など

 

以上になります。今回の記事の例文そのまま使ってもらってもいいですし、さらに伝えたいことがあるなら追加しちゃってください。

当然ですが、常識範囲内の敬語は使いましょうね^^




一応、役に立つかもしれない過去記事も貼っておきますので、気になる方はコチラも読んでみてくださいね。

正しいバイトの辞め方!ベストなタイミングは!?



バイトを辞める時、その意思を電話で伝えるのは失礼!?

電話でバイトを辞める時の実際の言い方!例文を紹介!



バイトを辞める際、メールやラインで伝えるのは失礼!?

バイトを辞める!メールで伝える時の書き方!例文アリ!


スポンサーリンク

関連記事