役に立つ、得する情報提供を心がけています

バイトや会社をすぐ辞める(3日以内)場合の理由は!?

[記事公開日]2015/08/23
[最終更新日]2017/04/28

入社して超速攻で退職するのはかなり気まずいですよね。

ただし、職場の上司に納得してもらえれば辞めることが可能です。

 

そこで迷うのが理由ですよね。今回は超ド短期で会社やバイトを辞める理由について解説したいと思います。

一応、初日~3日以内で辞めるという前提で書いてますが、もしかすると「1週間ほどで辞める状況」にも当てはまるかもしれません。


また、内容は的にはアルバイトだけでなく、正社員の人も参考になる部分があるのでは!?と思います。


スポンサーリンク



理由はストレートに!?

今回の場合は、下手な理由や言い訳は要りません。

 

もし1週間~1ヵ月ほどで辞める場合は、以下の記事が役に立つかもしれません^^

バイトを辞める理由!大学生が使える定番は!?

フリーターがバイトを辞める時に使える定番の理由!

誰にでも使える!円満にバイトやパートを辞める理由!

 

 

超短期で退職する場合は、どんなにそれっぽい理由を言おうが疑われますし、嘘だと思われる可能性が高いでしょう。これは仕方ありません。

ですので本音でよいです。(本音ではないパターンも一応、後で解説してはいますが^^)

 

様々なパターンが思い浮かびあがると思いますが、まず「人間関係が合わない」だと、露骨過ぎる気がするのでおススメしません。

「誰と合わないんだ?」と聞かれても困りますからね。

 

 

基本的には2パターン

「仕事内容が合わない」、「職場の雰囲気が合わない」、このどちらかでいいです。

少し変な言い方になりますが、このどちらかを選ぶという時点で「本当の意味の本音ではない」ということになりますが…。

 

ただこの2つはやはり無難です。本当に今すぐ辞めたいのであれば、逆にあまり複雑なことは言わない方がスムーズです。

 

もちろんこの2つどちらかが本当にアナタの本音であれば、選ぶこと自体考えなくていいんですけどね。

どちらにもメリットデメリットがありますので説明します。あなたにとって使いやすい方で構いません。

 

 

仕事内容が合わないという理由のメリットデメリット

 

メリット

直接その会社自体は否定していないので、上司を不快にさせずに済むかもしれません。

あくまでも職種が原因なので、「どこにいってもこの職種の仕事は無理です」という主張ですね。

 

ただしその会社のやり方自体を否定していない場合に限ります。「この仕事は他の会社ではこうだった」という言い方は危険です…。(汗)

 

 

デメリット

以下のいずれかのリアクションが返ってくる可能性があります。
■「今の段階で何かわかる!?仕事はもっと深いんだ!」

■「そんなの応募した時点でだいたいわかっていたことでしょ?」
などなど…。

 

また、面接の時点で厳しいことを言われていた場合は、怒られる可能性もあります。

例えば、以下のようなことです。
■「ウチの店は平日でもめちゃくちゃ忙しいよ?大丈夫?」

■「ウチの仕事はかなり重たいモノを運ぶ作業があるよ?力は大丈夫?」

このように念を押されていれば、仕事内容で辞めるリスクはデカいです…。

なぜなら「だから面接で言ったじゃん?確認したじゃん?大丈夫って言ったじゃん?」となるからです。

 


職場の雰囲気が合わないという理由のメリットデメリット

 

メリット

こちらは多い気がします。

まず、こればっかりは働いてみないとわからないということ。面接の時点では見えないですからね。

 

あと、「雰囲気なんて曖昧なモノ」は、人それぞれ感じ方が違うということ。

ですので説得力は強い気がします。
■挨拶をしても無視する人が何人かいる

■スタッフがとんどが無口で静か

■スタッフがみんな、うるさいくらいのおしゃべり

■男女比の問題

■平均年齢の問題

■体育会系のノリ(社風)

■陰口、悪口ばっかり、助け合わない

■殺伐としている

■照明が暗い

■朝礼が長い、スピーチがある

■週に一度は強制的な飲み会

■多忙時は、休憩時間を削って仕事するのが当たり前の空気

■仕事スペースが狭い

などなど、挙げるとキリがないですが、とにかくその人によってこだわる部分が違うということですね。

周りからすれば「え?そんなの全然いいじゃん?なんで気になるの?」というようなことでも本人が気になるのであれば、仕方ないということですね。

 

 

デメリット

「仕事内容」と逆で、その会社自体を受け入れられないという意見ですので、どうしても直接ダメージを与えてしまうことになります。

社風や従業員の行動などが気に入らないということですからね。(汗)



スポンサーリンク



実際の伝え方(言い方)

辞める場合は最初に「仕事or職場が合わない」とだけ伝えればOKです。

そしてもし「具体的には?」と聞かれた場合だけ、詳しく答えましょう。

その内容によっても変わってきますが、できるだけ波風を立てないように伝えることが理想ですね。




また、仕事や雰囲気を理由にすると、「その内慣れるよ」と返されることが多いと思います。確かにそれも一理あります。

ですのでもし、「確かに今はまだ慣れていないだけかも…」と少しでも思っている人は続けた方がよいでしょう。




「いや、絶対無理!」、もしくは「その慣れるであろう瞬間までの期間が耐えられない」という気持ちの方はやはり辞めて他を探した方がよいでしょう^^

バイトの場合は以下の記事もぜひ読んでみてください。

楽なバイト8選!精神面か体力面どちらを重要視する!?

きついアルバイト7選を紹介!




どうしても本音を言いたくない人へ

何か「それらしいことを言いたい」…という人もいるでしょう。そんなアナタにおススメの理由が一つだけあります。

それはズバリ「入社する直前に応募していた会社から採用の連絡があった」です。

 

「連絡がこなかったので絶対に落ちたと思っていたら、昨日連絡が来た」、もしくは「実際に一度は不採用になったが、やっぱり働いてほしいと連絡があった」などです。

 

 

この時期(3日以内!?)に起こり得る、数少ない理由かも!?

面接を同時に複数受けていた場合はこのようなことが起こることも意外とあります。

詳しく言うと「採用した人間が急に辞退して欠員が出たから働いてほしい」や、「違う支店では人が足りないからそちらで働いてほしい」などなど…。

 

私も実際この経験があります。私は断りましたが、当時のバイト先が楽しくなければそっちに移っていた可能性もあります。

 

 

注意点

その会社について聞かれる可能性はあります。

 

また、それまでの勤務態度によって上司の反応は変わってくるでしょう。

明らかにミスをしまくりで、初日から怒られていた場合にこの理由を告げても、「ただ単に逃げた」と思わるかもしれません。

 

逆に向上心があって質問もしまくり、今後の意気込みなども語っていた場合だと、「本当っぽいな…今回は仕方ないか…」と思われる可能性も高くなるでしょう。

 

 

最後に

どんな理由にせよ、どんな辞め方にせよ、ド短期間で辞めるわけですから、円満に退職できる可能性は低いですし、印象が悪いことは仕方ないでしょう。

会社によっては研修、使用期間が始まったばかりですからね。



他に受けていた職場から連絡パターンにしても、「今の職場が第一志望ではなかった」という意味になりますから、伝えた上司や会社は決して良い気持ちにはならないです。


とにかく迷惑をかけることは間違いないので、せめて謙虚に申し訳ない気持ちや姿勢をしっかり表すことが大事だと思います。




ちなみに関連していそうな過去記事を貼っておきますので、興味ある方はどうぞ^^

バイトの研修中や試用期間中に辞めることは可能!?

バイトを辞める時、その意思を電話で伝えるのは失礼!?

バイトを辞める際、メールやラインで伝えるのは失礼!?


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関連記事