役に立つ、得する情報提供を心がけています

牛油果は何と読む!?読めたらカッコイイ漢字いろいろ

[記事公開日]2014/04/11
[最終更新日]2016/02/07

76d7f5735a2f1cd6a40e5b312c505c4d_s

この世には「読めそうで読めない漢字」、「全く読める気もしない漢字」など難しい漢字が山のように存在します。

今回はそんな中からいくつか紹介したいと思います。

基本的には正解を聞いて「へ~!アレって漢字ではこう表現されるんだ~」というモノを集めました^^

 

読めない漢字の定番と言えばコレ!?

まず、食べ物に限定してみます。

 

南瓜(カボチャ) 雪花菜(おから)

牛蒡(ゴボウ)  蕗(ふき)

山葵(ワサビ)  心太(ところてん)

西瓜(スイカ)  無花果(いちじく)

烏賊(イカ)   河豚(ふぐ)

檸檬(レモン)  小豆(あずき)

雲丹(うに)   蒟蒻(こんにゃく)

出汁(だし)   牡蠣(かき)

 

などなど、この辺りは比較的クイズ番組の初級編のような形で出題されるイメージが強いですね。

ただ日常生活で考えると、初級ではなく「読めたらすごい」と感じるレベルだと思いますけどね^^

出汁なんてずっと「でじる」と読んでいましたし…。(汗^^)

 

 

誰かと一緒にお茶の間でクイズ番組を見ていたとしましょう。

そんな時に難しい漢字の問題をボソッと答えて、「すごい!何で知ってるの?」と一目置かれた後に、「こんなの簡単だよ。全然たいしたことじゃないよ」と、余裕の顔をした人もたくさんいるでしょう。(笑)

 

スポンサードリンク

 

続いて、個人的に超難問だと思うモノを挙げてみます。

 

鹿尾菜(ひじき) 玉蜀黍(トウモロコシ)

和蘭芹(パセリ) 鳳梨(パイナップル)

陸蓮根(おくら)  甘蕉(バナナ)

 

これらは鬼レベルです。(笑)読めないのはもちろん、書ける気もしません^^

 

 

今度は食べ物以外です

欠伸(あくび)  蛞蝓(なめくじ)

鶉(うずら)   家鴨(あひる)

団扇(うちわ)  不知火(しらぬい)

 

などなど。クイズ番組では初級~中級といった感じでしょうか?

 

また、凸凹(でこぼこ)と凹凸(おうとつ)、これらも立派な漢字です。

コレ、漢字だけ見ると私は一瞬「どっちだっけ?」とわからなくなります。(汗^^)

 

スポンサードリンク

 

実はその読み方は……?

普段の読み方が「実は間違っていた!?(汗)」なんて漢字もけっこう存在します。

その中でも私が「へ~」と驚いた2つを紹介します。

 

■「続柄」

コレ、「ぞくがら」って読んでいませんか?

実は本来正しい読み方は「つづきがら」なんです。

 

■「既存」

実はこちらは「きそん」なんです。「ぞ」じゃなく「そ」です。

 

 

この2つは友達に教えるとけっこうビックリされますね^^

ただしもちろん、「ぞくがら」も「きぞん」も意味は通じますので、そういう意味では正しいですよ。

日本語も変化しますしね。ただ本当は…というお話でした^^

 

 

牛油果…これは!?

私が最近知った漢字、「牛油果」。コレ…アナタは読めますか?私は想像すらできませんでした。

 

正解は……アボカドです!

そう言われるとなんとなく……とはならないですよね。(笑)

「森のバターと言えば?」という問題なら答えられる人も多いでしょうけど^^

 

アボカドといえは専門店などもあったり、女性に人気の食べ物として、近年注目されていますよね。

私は男性ですがアボカドは大好きです。

 

一口大に切ったアボカドとマグロに、「マヨネーズ適量、しょう油少々、粒マスタード少々」を入れて和えたサラダが美味しいので、興味がある方は試してみてください^^

 

 

漢字の話に戻りますが、まあ正直、難しい漢字が出てきたら調べれば済む話です。

ただ、サラッと読めたらやっぱりカッコイイですし、ちょっとしたうんちくや話のネタに使いたくなりますよね。

最後まで読んで頂きありがとうございました^^

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー