役に立つ、得する情報提供を心がけています

新幹線きっぷの大阪市内や東京都区内などの意味は!?

[記事公開日]2014/05/23
[最終更新日]2015/12/04

8383e42c31282f0b1258de15b0366778_s

新幹線きっぷに記載されている「○○市内」ってどういうこと!?

 

これは特定都区市内と呼ばれるJRの料金制度のことです。

今回はその辺りについて基礎から調べてみました。できるだけわかりやすく書いていきたいと思います^^

 

特定都区市内とは!?

「乗車(下車)する駅」が、大阪や東京、名古屋などの大都市にある場合、乗車券に「東京都区内」や「大阪市内」、「名古屋市内」などと記載されることがあります。

 

例えば、東京の「上野駅」から大阪の「桜ノ宮駅」まで在来線と新幹線を使って移動するとします。

この場合「上野~桜ノ宮」ではなく、「東京都区内~大阪市内」と記された乗車券(きっぷ)が発券されます。

上野駅は「東京都区内」に、桜ノ宮駅は「大阪市内」の中に含まれているということです。

 

 

この制度は全国11ヶ所で適用されています。

大阪と東京以外は、札幌市内、仙台市内、横浜市内、名古屋市内、京都市内、神戸市内、広島市内、北九州市内、福岡市内となっています。

 

これらの大都市が「一つの巨大な駅」としてきっぷに表示されているような感じです^^

 

 

注意点

乗車券が片道201km以上の場合に限る

新大阪~京都などの場合は片道201km以下なので、この制度はありません。

 

地下鉄や私鉄は適用されない

これはJRの制度なので、例えば東京メトロなど他の会社の鉄道には適用されません。

 

スポンサードリンク

 

メリットはあるの!?

この区内や市内の範囲であれば、JRのどの駅からでも乗車と下車ができます。

「東京都区内」の場合であれば、池袋駅からでも渋谷駅からでも乗車(下車)できるということです。

 

 

例えば、東京から新大阪に新幹線で移動するとします。

この時、もし新宿駅が自宅最寄り駅だとしたら、新宿駅➡東京駅まではこの乗車券で移動できるというわけです。

 

つまり、きっぷの買い方によっては逆に多少損をする可能性があるのです。

 

 

損をする例

もし新宿から東京駅まで普通にきっぷを買って移動してから、東京駅で「新大阪までの乗車券と特急券」を買うとします。

すると、新宿駅から東京駅までの運賃を余計に払っていることになります。

 

新宿駅の時点で、「東京都区内➡大阪市内の乗車券」と「東京➡新大阪の特急券」を買っていれば、その「乗車券」で東京駅まで行けたわけですからね。

 

 

値段的には大した金額ではないかもしれませんが、わかりやすく言うとそういうことです^^

私は数年前まで、新幹線乗車駅以外で特急券を購入するという発想がなかったので、損をしていました。(笑)

 

 

こんなケースもあります

東京発着の乗車券で、「乗車(下車)する東京都内の駅」が東京駅から片道101km~200kmの場合は「東京都区内」ではなく、「山手線内」と記載されます。

 

これは単純に、山手線内のJRの駅であれば同じように乗車(下車)が可能です。

エリア内なので中央線も含まれています^^

 

 

乗車券と特急券が1枚で発券された場合

乗車券の移動区間と新幹線での移動区間が一致した場合、1枚になったモノが発券されることがあります。

 

この場合でも、新大阪➡品川など条件を満たしていれば、通常の「大阪市内→東京都区内」と同じ効果があります。

きっぷには「大阪市内→東京都区内」と記載されていなくても、乗車券部分の特徴は変わらないということです。

 

スポンサードリンク


この定められた範囲内での途中下車はできない

例 「大阪市内」の場合

新大阪駅に到着➡JR大阪城公園駅まで移動➡ここで一回改札を出て大阪城を観光した後、もう一度大阪城公園駅から乗車して天王寺駅まで移動する、ということはできません。

 

この場合だと、大阪城公園駅の改札を出た瞬間に乗車券の効果が無くなります。

 

 

適用されない乗車券には何と書かれる!?

もし仮に東京都武蔵野市の「吉祥寺駅(JR)」から、大阪府堺市の「津久野駅(JR)」まで移動するとして、この乗車券を購入したとします。

すると乗車券には、「吉祥寺➡津久野駅」と単体の駅名で表示されます。

 

 

例え距離的には条件を満たしていたとしても、吉祥寺は東京都区内ではないですし、堺市も大阪市内ではないですから、特定市内制度は適用されません。

 

 

ただし、経路上の駅であれば途中乗車(下車)可能

吉祥寺(中央線)➡東京という経路上であれば、その途中の駅で乗り降りが可能です。

新大阪に到着してからは、新大阪(JR東海道)➡大阪(環状線)➡天王寺(阪和線)➡津久野駅の経路上であれば、どの駅でも乗り降りが可能です。

 

例えば大阪の場合、東西線や学研都市線などは経路上ではないJRなので乗車(下車)できないということです。

 

いかがでしたでしょうか?以上が特定都区市内の基本的な内容でした^^

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー