役に立つ、得する情報提供を心がけています

正しいバイトの辞め方!ベストなタイミングは!?

[記事公開日]2015/07/25
[最終更新日]2016/09/28

今回は「バイトの円満退職」について徹底解説したいと思います。

バイト先との関係を壊さず、正しく辞めましょう^^

 

もしよろしければ関連記事もご覧ください^^

■手段

バイトを辞める際、メールやラインで伝えるのは失礼!?

バイトを辞める時、その意思を電話で伝えるのは失礼!?

■言い方

バイトを辞める時の言い方!リアルな会話の例文アリ!

■理由

バイトを辞める理由!大学生が使える定番は!?

フリーターがバイトを辞める時に使える定番の理由!

誰にでも使える!円満にバイトやパートを辞める理由!


では本題です。

 

まずは、契約期間を確認する

大きく分けるとアルバイトには契約期間が定められている場合と、そうでない場合があります。

 

契約期間が定められている場合

最初に書類にサインをし、期間満了の都度、更新していく形が一般的です。

ただし、労働者側から「辞めたい意思を伝えない限り自動更新されるバイト先」もあります。

 

 

契約期間が定められていない場合

契約書自体も全くない状態で初出勤して、そのまま普通に退職まで働くという流れがほとんどです。

どちらにせよ、本来はキチンと書面を見せてもらうことが理想ですが、実際このようなバイト先は多々あります。

 

 

全体で考えると定められているバイト先の方が多い!?

特にチェーン展開している大手だと「○月~○月まで」のように、ほとんどが定められていると思います。

逆に個人経営のバイト先などは定められていないことが多い気がします。

 

 

「契約期限の定めがない場合」はいつでもすぐに辞められる!?

法律的には、退職希望日の2週間前までに伝えれば大丈夫です。

 

つまり多少強引な表現をすれば、「辞めたい意思を上司や責任者などに伝えてから2週間が経過すれば、その後はもう出勤しなくてもOK」的な意味になります。

相手側がアナタを引き止めたり、退職を受け入れなくても法律が優先されるということですね。

 

 

ただしあくまでも法律的な観点であって、現実的ではない!?

なぜならほとんどの会社やバイト先では1ヵ月前に伝えることが一般的だからです。

もちろん余裕を持って早めに伝えるほど印象は良いですが…^^

 

シフト制のバイトであれば1ヵ月分はすで決まっていることもあるでしょうし、代わりを探したり引継ぎにも時間がかかりますからね。

 

 

会社独自のルールがある場合は!?

「辞める場合は2~3ヵ月以上前に報告すること」のような決まりを作っているバイト先もたまにあります。

基本的にはそれに従った方がトラブルは少ないです。

 

しかし、状況によっては難しい場合もあるでしょう。

そんな時でも、1ヵ月以上前であればおそらく問題ありません。

ある意味、この時点でも本来の法律よりも気を使っているわけですからね。(汗^^)

 

 

契約期間の定めがある場合は!?

ない場合と同様に、1か月以上前に伝えれば問題ないケースがほとんどです。

ただしこれはあくまでも私の経験上の話です。

 

本来はルールがあるので、詳しくは契約期間の定めがあるバイトは途中で辞められるの!?をぜひご覧ください。

 

また、興味ある方は以下の記事もどうぞ^^

バイトの研修中や試用期間中に辞めることは可能!?

短期バイトは途中で辞められるのか!?体験談込み

 

スポンサードリンク

 

辞める意思を伝える時期やタイミングは!?

円満に退職するためには、上司に伝えるタイミングなども考えた方がよいかもしれません。

例えば人が大量に一気に辞めた状況などであれば、退職する時期を少しずらす…などですね。

 

 

サービス業であれば、基本イベント時は忙しい…

バイトの人数は確保したいので、このような時期に辞めるのは避けた方が喜ばれます。

飲食店であれば夏休みや年末は忙しいですよね。(業態にもよりますが)

 

その期間を乗り切った後であれば、お店側も「気持ちよく送り出してあげよう」的な気持ちになる可能性が高いです。人間ですからね^^

 

 

ただしもちろん「そこまで退職を急いでいない人」に限る

私も「1日でも早く辞めたいバイト先」であれば、後のことは全く気にせず伝えました。

また、二度も三度も時期をずらす必要はもちろんありませんよ^^キリがないですからね。

 

そして退職する際、募集をかけても代わりが入ってこなくて、「今、この状態で私が辞めたらお店はどうなるんだろう…?」と心配している人もいるでしょう。

特にフリーターの場合は重宝されていることが多いですからね。

 

ただ意外となんとかなるもんです。

大手であれば、他の店舗や現場などからヘルプにきてもらうという方法もありますからね。

 

 

退職日は好きに決めていいの!?

「月末」か、シフトや給料の「締め日」などのようにキリが良い日にした方が無難です。

まあそうする人がほとんどでしょうけど、たまに個人的な都合で「来月の17日(中途半端)に辞めさせてください」などと伝える人もいるそうです。

(法律的には問題ないですが、一応マナーとして…)

 

 

月末か締め日どちらにするか?

特にこだわる必要はありません。

厚生年金の場合はメリットデメリットがありますが、今回はバイトの話ですので…(おそらく国民年金だと思うので)

 

 

個人的には「締め日」に合わす方がわかりやすい気がします

例えば10日締めの会社の場合、「9月10日いっぱいで辞めさせてください」と、8月10日までに伝えればOKです^^

 

もし給料が手渡しの会社で月末を選んだ場合、締日と支払日によっては「辞めたあと2回バイト先に行かなくてはならない可能性」もありますからね。(汗^^)

 

 

バイトを辞める際は最初に誰に伝える!?

 

直属の上司に先に伝えることが一般的

※直属の上司とは、最も自分に近くて役職が上の人物のことです。常に指示を仰いだりする、すぐ上の存在を指します。

これはその人物の顔を立てる意味が大きいです。

 

例えば一般社員が、退職する意思を「係長」を飛び越していきなり「課長」に伝えたとします。

すると、それを「課長」から聞かされる「係長」の立場がありません。「なんで俺に先に言ってくれないの!?」となります。

 

 

ただし状況によっては一気にトップに報告しても特に問題はない

どちらかと言うと、先程の流れは「正社員の退職」に当てはまる場合が多いです。

今回はあくまでもアルバイトがテーマですので、そこまで気を使う必要はありません。

 

アナタが実際に働いているバイト先の現場で、最も立場が上の人に言えば基本はOKです。

その人物が、おそらく正社員でいうところの直属の上司的なポジションに当たることが多いと思います。

 

スポンサードリンク

 

ただ職場の状況によっては多少迷うこともあるかもしれませんので、今からは定番のシチュエーション別に解説したいと思います。

 

退職を伝える相手は職場のこんな人たち

 

工場や倉庫

主任や班長などに伝えましょう。

工場長というパターンもありますが、大手であればかなり上のポジションになりますので、いつも近くにいるとは限りません。

 

 

事務など、オフィス内

その部署の偉いさんに伝えます。リーダーや課長、部長などです。

もちろん規模によっては直接社長というパターンもアリです。

 

 

派遣先

長期バイト、短期バイト、どちらであろうと派遣元の営業担当に伝えます。

ただし契約期間の途中退職は、基本的には辞められないことが多いでしょう。

 

 

普段の現場にバイトしかいない場合

職場の責任者としてバイトリーダー的な人物がいるハズですので、その人で問題ないです。

 

とりあえずバイトリーダーに先に報告しておき、「社長(社員)には私の方から直接言いますので…」と伝えておくと無難でしょう。

もし社長(社員)と滅多に会わず、電話番号も知らないのであれば、バイトリーダーに伝言してもらうといいでしょう。

 

先に社長に伝えて問題が起こる可能性はほぼ0%ですが、シフトの都合上、どうしても先にバイトリーダーに報告してしまう状況になることがあります。

 

 

飲食店(チェーン店)

アナタがホール(接客)として働いている場合は店長に伝えましょう。

 

厨房で働いている場合でも、料理長(チーフやシェフ)などがいないのであれば、店長で問題ありません。

料理長などがいるのであれば、おそらく厨房のシフトなどを作成していると思いますので、先に伝えましょう。

 

 

飲食店(個人経営)

基本は先程の内容と同じですが、オープンして間もないお店などは、オーナー(社長)が一緒に働いている場合があります。

「オーナー=店長」ではないパターンです。

 

この場合、そのオーナーが他の社員と同様に毎日出勤しているのであれば、一番に伝えましょう。

もし、オーナーが滅多に顔を出さないのであれば、先に店長や料理長に伝えて問題ありません。

 

この流れはオーナーがいるコンビニなどでも同じだと考えてOKです。

 

b477e7444459e2a17b195af1f2c48a90_s
 

 

店長とチーフはどちらが偉い!?

この疑問を持っている方がけっこういます。

チーフとは主任やその部署でのリーダー的な意味になりますので、どちらが上か?となれば総合的に店長が上だと言えます。

そのお店全体の責任者ということですからね。

 

ただし実際は二人の関係性によります。私の経験上、外からみた感じでは同格の雰囲気ですね。

ですので役職的には店長が上になりますが、自分の担当するポジションで最も立場が上の人物がチーフであれば、そのまま退職の意思を伝えましょう。

 

 

どうしても退職の意思を伝える相手がわからない場合

現在、アナタのシフトを組んでいる人に伝えればほぼ間違いありません。

面接をしてくれた人とは限りません。本社の人間が担当することがよくありますので…^^

 

 

どこまでの範囲に伝えるべき!?

最初に伝えた人物に意思を認めてもらい、退職が決定したのであれば、他の人にもその報告をした方がよい場合があります。

 

例えば社長にOKをもらったのであれば、次に直属の上司的なポジション(店長やチーフなど)の人物に報告です。

最初に料理長に伝えたのであれば、続いて店長に…といった感じです。

 

また、職場の雰囲気次第では、リーダー的なベテランバイト(パート)にも言っておいた方が円満に辞められるかもしれませんね^^

 

2人目以降には「辞める意思」ではなく、「○○(1人目)に相談した結果、○○日に退職が決定したこと」を伝えます。

 

 

注意点

最初に伝えた人が「俺では決定できないから、上の者に聞いてみる」、「辞めたい気持ちはわかった、後は上に伝えておく」などという反応だったとします。

この場合はその人物に任せましょう。それより上の人物に勝手に報告しに行くのは止めましょう。

 

今回は以上になります。次回は短期バイトの辞め方について書いてます。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー