役に立つ、得する情報提供を心がけています

ゴキジェットプロの効果は!?強力過ぎると人体に影響は?

[記事公開日]2015/05/24
[最終更新日]2017/04/29

ゴキジェットプロなら勝負は一瞬……のハズ!?


世の中には様々な種類のゴキブリ対策グッズがあります。

そしてゴキブリを発見して直接戦うことになった場合に、頼りになるのがスプレー系の殺虫剤です。


色々種類はありますが、今回はその中でも私が愛用している「ゴキジェットプロ」の威力について、あらゆる角度から迫りたいと思います^^

「本当に効くの…?」と購入を迷っている方などの参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク



ゴキジェットプロの効果は!?実際は何秒で駆除できる!?

私の体験談です。

過去に私が使った他のゴキブリ殺虫スプレー(昔、実家にあったやつで商品名は忘れました)は、噴射した瞬間に飛び回られたり、ダメージはありながらも逃げられたり……という感じでした。

 

大のゴキブリ嫌いの私からすれば「ゴキブリを倒せる」という期待は正直なかったです。

 

 

しかしゴキジェットプロはマジで違いました。

今までに私が実際にゴキジェットプロ(黒)を使ったのは、2年間で計3回です。

3匹とも成虫のそこそこデカいヤツ(5㎝程?)が相手でしたが、ハッキリ言って全て一瞬でノックダウンでした。

 

集中して5秒ほどずっと噴射したのですが、その途中でひっくり返って動かなくなりました。

その間逃げようとする動きさえなかったですね。

 

 

中には「弱らせるだけの効果しかない」という意見がありますが、私の経験上は決してそんなことはなかったですね。

まあすぐに処理しましたし、そのままじっと1分ほど見ていたわけではないので絶対とは言えませんが、ほぼ間違いなく天国へ行っていたと思います。

 

 

ギリギリまで近づかなくてOK^^

噴射力が相当ありますからね。これは助かります。

ただしその噴射の風の勢いでゴキブリが飛んでしまい、そのまま逃げられるという経験をした人もいるそうです。

私は基本ゴキブリに対し横からではなく上の方からかけているためか、このパターンは経験したことがありません。

 

ま、とにかく数秒でやっつけられるという噂は本当だと実感しました^^

 

 

ゴキジェットプロに入っている成分は!? なぜそんなに効く!?

ゴキジェットプロといえば高い殺虫能力、そして素早く駆除ができることで有名です。

いざゴキブリと対面してから勝負に入るわけですから、やはりこの2点は重要なポイントですよね。

ゴキジェットプロに限ったことではないですが、この手のタイプの殺虫スプレーには、「イミプロトリン」という強力な有効成分が入っています。


「イミプロトリン」の特徴は即効性であり、これが秒殺ノックダウンに繋がるんですね。

ゴキブリの神経を麻痺させ息の根を止めてしまいます。


また、前回のゴキジェットプロの種類、緑色と黒色の違いは!?の記事でも書きましたが、黒缶のまちぶせ効果に使われているのは「メトキサジアゾン」という成分です。




倒せないないゴキブリいたら、もしかしたらそいつは……

実際使ったことがある人の中には「効かなかった、逃げられた」という声が少数ながらあることも事実です。

その理由は大きくわけて2つあると思います。

 

1つ目は単純に量が足りていなかったパターンです。

十分な量を噴射されたゴキブリは、ほぼ間違いなく永眠することになるとは思います。

 

そして2つ目は厄介なパターンですが、そのゴキブリが殺虫剤に対して耐性を持っていた可能性です。

もしそうてであれば、当然効き目は低下します。

 

 

耐性ゴキブリとは!?

殺虫剤をかけられたゴキブリが他界する直前に卵を産み、そこから育った成虫ゴキブリ、

または殺虫剤を少量かけられたが、なんとか生き残ったゴキブリ、などなど…。

 

このようなことが起こると、耐性ゴキブリが誕生してしまう可能性があるのです。



スポンサーリンク



威力がすごいのに人体に影響はないの!?

正直コレは気になるところですよね。

もちろん絶対にとは言い切れませんが、使用上の注意を守って普通に使っていれば大丈夫なハズです。

ゴキブリに毒を与えるイミプロトリン自体は、基本的に人体への影響はほとんどないそうです。

何か症状が出たか?と問われれば、たいがいの人はNOという回答でしょう。

と言いますかそもそも問題があるなら、その時点で販売されませんし、これだけのスーパーヒット商品なのでそのような点で私は信頼しています。

私自身も気分が悪くなったことは全くないです。

 

 

完全に無害というわけではない

殺虫剤は、ある意味毒なわけですから、吸わないに越した事はないです。

必要以上に大量に吸い込んでしまった時などは、すぐに医者に相談してください。

 

もし普通に使った場合でも吐き気がしたり、肌に直接かかって皮膚が炎症したりすれば病院に行きましょう。

そして退治した後はすぐに部屋の換気をすることも大事です。

 

 
体質的に不安だったり、使用するか判断に迷う人は、購入前に薬局の店員さんなどに相談しましょう。




それでも気になる人は!?

正直に言わせて頂きますと、それでもどうしても気になるのであれば、使用しない方が無難だと思います。

そういう意味では、「新聞紙を丸めて直接退治する」などのような方法がやはり安心でしょう。




または殺虫成分が入っていない駆除スプレーを使用するのはアリかもしれませんね。

例えばフマキラーの「ゴキブリ凍止ジェット」などは有名ですね。ゴキブリを凍らせるとう発想は素晴らしいと思います^^

また、人体はもちろんですが、ペットなどへの影響も心配ないと謳われていますね。

 

ただしあくまでも凍らせて動きを止めることを目的としていますので、完全に息の根を止められるかどうかはここでは言い切れません。

しかも私は使ったことがないですからね。

 

「しばらく時間が経つと動き出す」という意見もあります。まあどちらにせよ、噴射した後は素早い処理を行いましょう。

 

 

ゴキブリ以外にも効く!?

私の経験では、ゴキジェットプロはゴキブリ以外の蚊やハエなどの害虫に噴射しても効果がありました。

殺虫剤として最強クラスなので当然と言えば当然かもしれませんが…^^

 

1匹でもゴキブリを見かけるのであれば一般的な害虫用よりも、「どうせならゴキブリ専用を持っておいた方が確実」というのが個人的な思いです。

もちろん値段の問題はありますが、それ以上に安心ですからね^^

以上です。最後まで読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関連記事