役に立つ、得する情報提供を心がけています

初めて乗る方へ!新幹線の切符の買い方を基礎から解説!

[記事公開日]2014/05/16
[最終更新日]2016/01/02

eb206d5fb2ae1557dc1aa40ebb19e880_s

新幹線のきっぷの購入方法が全くわからない!そもそも仕組みや種類は!?

 

私も数年前まで、よく理解していませんでした。もちろん大人の方でも乗ったことがなければ、ハッキリ答えられません。

そこで今回は、これから初めて一人で新幹線に乗る方に向けて、基礎の基礎から解説したいと思います^^

 

 

新幹線に乗るために必要なきっぷは!?

新幹線の路線や列車に関係なく、「乗車券」と「(新幹線)特急券」の2枚が必ず必要です。

 

ただ乗車区間が同じ場合は「1枚にまとめられてるモノ」を発券することがありますので、厳密には2枚ではなく、「2種類が必要」といった方が正しいのかもしれません。

もちろん、どちらも移動距離が長くなると値段は上がります。

 

 

乗車券とは!?

電車、つまり鉄道を利用するために絶対必要なモノです。

出発地から目的地までの移動料金、つまり運賃のことですね。

普段、電車を利用する時もきっぷを買いますよね?あれも「乗車券」です。

 

 

特急券とは!?

新幹線(特急列車)に乗るための「特別なきっぷ」と考えてもらえるといいでしょうね。

新幹線は全て特急列車ですからね^^

 

もちろん、新幹線でなくても、例えば「成田エクスプレス」や「サンダーバード」などの特急列車も同じように特急券が必要です。

(ただし、JR以外は例外の場合アリ)

 

特急列車は一般電車よりも速く走るなどの特徴があるので、その分の料金と考えていいでしょう^^

 

 

例をだしてみます

大阪環状線で「天王寺駅」から「大阪駅」まで移動するとします。

大阪環状線は「特急列車」ではなく、在来線なので乗車券(きっぷ)のみが必要ということです。

特急券はいらないですよね。

 

 

電車以外で例えてみます^^

車でいうと、「乗車券」はガソリン代、「特急券」は高速料金という感じでしょうか?

賃貸マンションでいうと、「乗車券」は家賃、「特急券」は家具・電化製品代という感じでしょうか?

わかりにくい例えでしたらすみません。(笑)

 

そして特急券には、座席の種類があります。

 

スポンサードリンク


座席は「自由席」と「指定席」

新幹線の座席は基本的にこの2つです。どちらに乗車するにしても、まず全て「乗車券」が必要です。

あとはそれぞれの座席に適した「新幹線特急券」が必要ということになります。

 

 

また、普通車の他にも「グリーン車」や、さらに格上の「グランクラス」という車両が営業している新幹線もあります。

普通車以外のこの二つは乗車券とは別にそれぞれのチケットが必要です。

 

また、必ず指定席となります。(新幹線以外のグリーン車は自由席もあります)

詳しくは新幹線グリーン車の料金は!?仕組みを簡単解説!の記事をどうぞ^^

 

 

普通車「自由席」に乗車するには?

「乗車券」と「自由席特急券」が必要です。

 

この車両はその名の通り、自由車両の中から自由に座る席を選べます。

しかしもちろん、混雑具合によっては座れないこともあるので、料金自体は一番安いです。

 

 

私はほとんどコレです。

昔、お盆の時期で京都から品川までずっと立ちっぱなしだった辛い経験があります。(笑)

 

当然ですが新幹線は頻繁に駅に止まるわけではないので、席が空いていないとしばらく座れないことが確定してしまいます。

「お!空いてる!」と思って近づくと荷物が置いてあって、ただトイレ中だったり……。

あるあるネタです。(笑)

 

 

普通車「指定席」に乗車するには?

「乗車券」と「指定席特急券」が必要です。

 

必ず座れる座席を確保できますので、自由席と比べてその分料金がかかります。

また、指定席特急券の金額は繁忙期などの時期によって多少変わります。

 

 

そして当日に指定席のきっぷを購入する場合は、乗車希望の列車が満席で空いていない可能性があります。

空いていても3列シートの真ん中の席しか取れないこともあります。

 

気にならない人は問題ありませんが、私はやはり窓側が好きですね~。

トイレや喫煙所によく行く人であれば通路側の座席がいいかもしれませんね。

 

 

確実に新幹線を利用する日時が決まっているのであれば、事前に購入しておいたほうがやはり安心ですね^^

 

あと、「指定席特急券」に掲載されている列車以外には有効ではありません。

例えば、指定席が「のぞみ」なら「こだま」では有効でないということです。

 

スポンサードリンク


実際の買い方手順

新幹線のきっぷは様々な場所で購入することができます。

詳しくは新幹線のきっぷはどこで買える!?購入できる5つの場所!の記事をご覧ください^^

 

今回は最も確実な「みどりの窓口」という前提で進めさせて頂きます。

新幹線乗車駅だけでなく、アナタの最寄りのJR駅に「みどりの窓口」があれば、そこで購入が可能です。

 

用意してある用紙に記入せず、駅員さんに直接話しかけて買うことが可能です。

そこで伝えるべきことを解説していきます。

 

 

「特急券と乗車券が欲しい」ことを伝える

特急券は新幹線のみで移動する区間を買いましょう。

 

例えば、東京の「新宿駅」から大阪の「弁天町駅」まで行きたいとすれば、特急券は「東京(品川)➡新大阪」になります。

「新宿➡弁天町の新幹線特急券」は新幹線自体が通っていないですから存在しません^^

「品川оr東京」は自分が乗車する駅から近い方を選びましょう。

 

 

続いて乗車券です。

これは自宅を出て「最初に乗るJRの駅」から「最後に降りるJRの駅」までを買いましょう。

そうしないと金額的に少しだけ損をする場合があります。

 

例えば滋賀県の草津駅➡京都駅➡東京駅➡三鷹駅に移動する場合は、「草津➡三鷹までの乗車券」を買うということです。

 

 

そして特急券と乗車券はこれらをまとめて伝えればいいです。

「京都駅から東京駅までの新幹線きっぷをください。乗車券は草津駅から三鷹駅までをください。」的な感じで言えばOKです^^

 

 

続いて「新幹線に乗る日時」と、「座席(自由席か指定席か?グリーン車か?など)」を伝えます。

すると条件に合った列車を教えてくれます。

※列車さえあれば、もちろん乗車直前でも買えます。

 

 

一応説明させてください…

実はですね、乗車券の移動区間に関しては、わざわざ細かく言う必要がない場合があります。

これは「特定都区市内」という制度があるためです。

 

 

制度が適用された場合、乗車券には「駅名」ではなく「東京都区内」や「大阪市内」などと記載されます。

 

今回の記事は「初めて新幹線に乗ろうとしている人」に向けて、「きっぷの買い方」を書いていますので、これ以上この制度を説明するとややこしくなる気がするのであえて省略します。

 

もちろん知っておいた方がよいとは思いますので、気になる方は新幹線きっぷの大阪市内や東京都区内などの意味は!?の記事を読んでみてください^^

 

 

とにかく、乗車券は最初に乗車する駅(JR)と最終的に降りる駅(JR)を伝えておけば間違いないです。

それによって損をすることはないので^^一応ルールとしてそういった制度があるので軽く触れました。

 

 

このような流れで発券してもらえますが、初めて乗るのであれば「改札の通り方」も少しややこしく感じるかもしれません。

最初私はよくわかりませんでした。

ですので一応、新幹線のきっぷはどの改札に何枚入れるの?通り方を解説!という記事も貼っておきますので、もしよかったらどうぞ^^

 

基本的な買い方は以上になります。お役に立てれば幸いです^^

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー