役に立つ、得する情報提供を心がけています

換気扇や通風口からのゴキブリ侵入を防ぐには!?

[記事公開日]2015/04/26
[最終更新日]2017/03/25

換気扇や換気口(通風口)は、ゴキブリにとって最適な出入り口!?

 

今回は室内に設けられているこの両者の簡単な仕組みと、ゴキブリ侵入対策について説明していきたいと思います。参考になれば幸いです^^

※マンションやアパートに住んでいる前提ですすめさせて頂きます。

 

関連の記事も貼っておきますので、ぜひ活用してみてください^^

マンションのゴキブリ、玄関から部屋への侵入を防ぐには!?

ベランダからのゴキブリ侵入を防ぐには窓の開け方が重要!?

エアコンからゴキブリが出てくる!?その原因と対策は!?

排水口からゴキブリが侵入してくることはある!?対策は?

エアコンやシンク下の排水管の通り穴からゴキブリ!対策は?

 

換気扇からゴキブリが侵入してくる可能性は!?

換気扇とは、基本的に室内の空気を外に出す「排気」の役割を果たしています。

風呂場やトイレ、またはキッチン(レンジフード型も含む)の天井や壁などに設けられていますよね。

 

 

主に2種類あります

扇風機のような羽がついている「プロペラファン」と、円筒形の「シロッコファン」です。

前者は壁についていて直接外の空気と繋がっているタイプで、後者はダクト(送風管)で換気するタイプです。

 

換気扇のイメージだとプロペラ型を思い浮かべる方が多いと思いますが、マンションの場合は、ほとんど後者のシロッコファンです。

そしてどちらのタイプであれ、全て外に繋がっているので、残念ながらゴキブリが侵入してくる可能性があります。

 

 

ゴキブリ対策は!?

フィルターをつけると効果的です。

ただし先ほど解説したように形も様々ですし、さらに浴室・トイレ用やキッチン用などがあるので、必ず専用のモノを付けてください。

そしていずれにしろ、定期的に交換もしましょう。

 

トイレや風呂場の換気扇に関しては、見た目を気にしないのであれば、ストッキングなどを換気扇カバーに被せてもOKだと思います^^

ゴキブリ対策にはなるでしょう。

 

また、換気扇の油汚れがヒドイとその臭いがゴキブリを誘うことになるので、こまめに掃除することも侵入対策の一つと言えます。

 


換気扇の電源入れっぱなしも効果的!?

最も簡単で最大の対策としては、24時間ずっとつけっぱなしというモノがあります。

 

エアコンと同様、換気扇が回っている間はゴキブリが侵入してくることはおそらくないでしょう。

もちろんフィルターがついていれば尚更ですね^^

125346
 


電気代も大してかからない

例えばキッチンとトイレ、そして浴室の計3つの換気扇をずっとつけっぱなしにしたとしても、だいたい1ヵ月1000円くらい(以下?)だと言われています。

※消費電力によって変わりますのであくまでも目安です。

 

安くないですか?1日ではなく1ヵ月ですよ!?

正直私からすれば、たった1000円で3つのゴキブリ侵入経路を防げることを考えると安いと感じます。

さらに換気もできるわけですからね。

 

 

注意点

モノによっては騒音の問題もありますし、故障の原因になる可能性もあるかもしれません。

ですので絶対におススメだとは言い切れません。

 

変な音が鳴るようになったらすぐに止めた方がよいでしょう。

「夏場の〇月~〇月だけ」のように期間を決めるのもアリですね。私はそうしています^^

 


換気口(かんきこう)とは!?ゴキブリは入ってくる!?

その名の通り、換気を目的とした穴であり、通風口とも呼ばれます。自然と室外からの空気が入ってきます。

大きく分けると、先程説明した「換気扇」も換気口の一種となります。

 

室内の壁や玄関など、部屋によって付いている場所は様々です。

そしてもちろん外と繋がっているので、ゴキブリが侵入してくる可能性があります。

 

 

対策は!?

換気口自体を完全に塞ぐのではなく、細かい網目のネットなどを被せるようにましょう。

換気口といっても丸型や四角型など色々ありますから、アナタの部屋のモノをチェックしてみてください。

 

また、ホームセンターなどで専用のフィルタなども販売されています。

 

どうしても見つからない場合は少し大きめのサイズのモノを買いましょう。

そして換気口の大きさに合わせて、その型をハサミで切り取って張り付けるといいでしょう。

今回は以上となります。次回は排水口のゴキブリ対策についてです。

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー