役に立つ、得する情報提供を心がけています

グランクラスのサービス内容は?グリーン車との違いは?

[記事公開日]2014/05/11
[最終更新日]2016/01/02

13717d294f386670790f1f9024015dd8_s

一度は乗ってみたい!?^^

今回のテーマは新幹線の「グランクラス」です。

その魅力や利用料金、グリーン車との違いなどを紹介したいと思います。

 

興味ある方は新幹線のグリーン車はどんな感じ!?普通車との違いは?の記事もどうぞ^^

 

 

そもそもグランクラスとは!?

グランクラス (Gran Class)は、JR東日本の登録商標で、グリーン車よりもさらに格上クラスの豪華車両のことです。

快適な座席であるのはもちろん、軽食やドリンクなどのサービスも受けられます。

 

高級感あふれる空間の中で最高級のおもてなしを受けられるグランクラスは、まさに新幹線初の「ファーストクラス」といえますね^^

 

 

設備は!?

 

ゆったりの3列シート

「普通車」は2+3の5列シート、「グリーン車」は2+2の4列シートですが、「グランクラス」は1+2の3列シートです。

 

かなりゆったりとした座席になっていることがわかりますね。

グリーン車も快適ですが、そこからさらに一人分のスペースが空くわけですからね^^

 

また、座席数は1車両につき18席のみとなっていますので、なんとなくプレミア感も増しますね^^

 

 

そして1列と2列ですから、一人で乗る時はもちろん1列側の方が隣を気にしなくていいのですが、2列座席の場合でも間に半透明のパーテーション板があります。

ですので完璧にとは言えませんが、プライベート空間気分で過ごすことができそうです^^

 

そして形的にも体格に関係なく、身体全体を預けられそうなシートになっていますので、快適に長時間移動できそうです。

 

スポンサードリンク


電動リクライニングシート

座席に備え付けのボタン一つで、背もたれ、座面、足置きの各部分が自分好みの姿勢に調整が可能です。

ボタン一つというのが最高じゃないですか^^人差し指一本でいいんですよ。(笑)

グリーン車にも足置き場はありますが、ボタン操作はグランクラスならではの贅沢です。

 

そしてリクライニングの角度は最大45度で、東北新幹線のグリーン車よりも深いそうです。

 

 

また、シェル型シート(座席が前方にそのままスライドする)であるため、後ろを気にする必要がありません。

これもグランクラスのみの特徴ですね。

私の場合は、「気にする、気になる」という気持ちがある時点で、快適な気分が多少損なわれることがあるので、かなり嬉しいですね^^

 

 

その他機能

座席にコールボタンがあります。

ドリンクをオーダーしたい時、アメニティグッズが必要な時などこのボタンを押すことにより、グランクラス専任乗務員が座席まで来てくれます。

まさに最近の飲食店感覚ですね^^さすがのグリーン車でもこれはありません。

 

 

そして肘掛の中に「カクテルテーブル」と「ダイニングテーブル」が収納されています。

また、グリーン車同様、座席にはコンセントや読書用ライトも付いています。

 

 

ここで車内の様子がわかる動画を用意しましたので、もしよろしければどうぞ^^

 



YouTubeより

 



YouTubeより

 

 

サービス内容は!?

 

食事(軽食)のサービス!

これはうれしい!グランクラスのみのサービスです。

※提供は1回乗るごとに一食です。食べ放題ではありません。

 

 

軽食は和食と洋食の2種類があり、和食は上りと下りでメニューが異なります。

洋食は季節によってメニューが入れ替わるそうですが、サンドイッチが中心のようですね。

ただどちらの場合もあくまでも軽食であり、満腹になりそうなガッツリ系ではないです。(個人による)

 

※車内で食べずに、「お持ち帰り」はできません。

 

 

あと、料金はかかりますが、一般の車内販売のモノを購入することも可能です。

長距離移動なので、相当空腹だったら足りない可能性も全然ありますからね^^

 

 

ドリンクがフリー!

これもグランクラスだけのサービスですよ^^グリーン車と比べてこの有無は大きいですね。

 

ソフトドリンクだけでなく、アルコール類も10種類ほどフリーの飲み放題です。

飲み放題というのが嬉しいですよね。

 

個人的には、一番お気に入りのサービスはコレですかね~。

景色を見ながらほっこりと…。コレだけで価値があるというか^^

 

 

その他のサービス

乗務員さんがおしぼりを渡してくれます。(グリーン車も同様)

 

そして様々なアメニティグッズが用意されているのですが、ブランケット以外の専用スリッパやアイマスクなどは持ち帰ってもOKです。

良い思い出にもなりますね^^

 

また、お菓子とおつまみが貰えます。 食後にいいですね^^

 

スポンサードリンク

 

グランクラスに乗れる新幹線の種類は!?

残念ながら、グランクラスは全ての新幹線に連結されているわけではありません。

 

現在営業中の列車

■東北新幹線 E5

「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」

 

■北陸新幹線(元 長野新幹線)E7系 W7系

「あさま」「かがやき」「はくたか」

 

 

※現在、以下の列車はシート(座席)のみの営業となり、専任乗務員による食事やドリンクなどのサービスはありません。

■東北新幹線

「なすの」、「はやぶさ95号・96号」、「やまびこ223号・202号・204号・206号」

■北陸新幹線

「あさま」、「はくたか」の長野 ~ 金沢区間

■一部の早朝列車

 

心地良い座席だけで十分の人は問題ありませんが、チケット購入時はお気をつけくださいね。

 

 

グランクラス利用料金は!?

グリーン車料金に所定の金額をプラスした「グランクラス料金」が必要です。

※グリーン車料金については新幹線グリーン車の料金は!?仕組みを簡単解説!の記事を参考にしてください^^

 

プラスする「所定の金額」は列車や移動距離によって変わってきます。

例えば、シート(座席)営業のみの場合は当然安くなります。

 

※実際の利用合計金額は、JR東日本の公式HPなどでご確認ください。

 

 

例としてこちらを参考にしてみてください。

■グランクラス(はやぶさ) 東京~新青森  27110円

※全サービスありの場合

 

これは通常期の「乗車券+特急券」と「グランクラス料金(10280円)」の合計金額になります。

つまり27110円払えば、東京から新青森までグランクラスで快適に移動できるというわけですね^^

 

 

ちなみに東京~新青森まで、新幹線自由席で移動した場合は合計「17350円」かかります。

この場合グランクラスで移動したとすると、差額は9760円ですね。

個人的には9760円相当の価値はあると感じます^^

 

グリーン車で移動した場合は21970円なので差額は5140円です。

 

 

以上になります。

あくまでも私のイメージですが、グリーン車は「静かに落ち着いて快適移動」、グランクラスは「ワクワク楽しみながら快適移動」という感じです^^

 

まあ、私自身は東北新幹線や北陸新幹線に乗る機会が正直なかなかないのですが、もし機会があってすごく贅沢気分を味わいたい時は体験してみたいですね。

目的地に着くことよりも、コレに乗ること自体が一つのイベントとして楽しみたいです^^

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー