役に立つ、得する情報提供を心がけています

角の立たない「まかない」の断り方!定番の理由も紹介!

[記事公開日]2015/02/19
[最終更新日]2016/10/08

2928a2471c8b7bc98c54e8126b4a6772_s

飲食店でバイトすると、たいがいは「まかない」が出てきます。

それが最大のメリットだと考える人も多いですが、中には「別に必要ない…むしろ食べたくない…」という人も意外と多いんです。

 

そ今回はそんな方々へ向けて「角の立たないまかないの断り方」や「断る理由」などを解説したいと思います。

 

もしよろしければ以下の記事もどうぞ^^

飲食のまかない制度とは!?食べられる条件やメニューは?

飲食バイト、まかないの時間帯やタイミングを徹底解説!

バイト先で出るまかないは無料?有料?いくらで食べられる?

いらない!まかないが出ない飲食店(求人)は存在する? 

 

そもそもまかないを断ることは失礼!?

こればっかりは本当に人によります。確かにそういう気持ちになる店長や先輩もいるでしょう。

ただもし私が店長や社員の立場であれば、よっぽどのことがない限り、断られても全く嫌な気はしないです。

 

それに無料で出しているお店であれば、食材がかからないので「むしろ断ってくれてありがたい」と思っている店長もいるのではないでしょうか。

 

 

私も過去に色々な店舗でまかない作りを担当していましたが、中には絶対に食べないで帰る子も何人かいました。

人それぞれ色々な事情がありますからね。

 

 

まかないを断る定番(?)の理由

まず、バイト時代に私がよく聞いていたパターンを紹介していきたいと思います。

 

体調的な問題

これは正直にそのまま言っている人がほとんどでしょう。

その方がいいと思いますし、変にごまかす必要もないでしょうね。

 

例えば、夜遅くにご飯を食べると次の日に胃がもたれる、運動した(動いた)あとはご飯が喉を通らない、などですね。

 

この苦しみは本人でないとわかりませんので、仕方ありません。

それでも無理に食べるようにススメてくるお店であれば、問題アリです。

 

 

ダイエット

痩せたいからという断り方ですね。

ただし面白くない顔をする人もいれば、「全然痩せてるじゃん!?必要ないでしょ!?」的なことを言ってくる人もいるかもしれません。

 

 

まかないが有料だから

「無料なら食べるけど、お金を払ってまでは…」ということですね。

理由としてはしっかり成立していますよね^^

 

 

好き嫌いが多くて気を使うから

偏食だから「作る人に気を使わせたくない」という思いですね。

「まかないをメニューから選ぶパターン」であれば、問題ないのですが…^^

 

確かに「〇〇は食べられる!?□□なら大丈夫!?」などと毎回確認してもらうのは逆に辛いです。

かといって、嫌いなモノが出てきて残すのも失礼だし…となると、もういっそのこと「断りたい」と思う気持ちはよくわかりますね。

 

※これは食物アレルギーというわけではなく、ただ単に好き嫌いが多い場合の話です。

 

スポンサードリンク

 

このようにまかないを断りたい理由は人によって様々ですが、印象が悪くならないようにするため、言い方や対応が大事です。

今から一つずつ紹介していきます。

 

まかないを断る際に最も気をつけるべき点

「いらない」と伝えるタイミングです。

まかない担当は、先に人数分を作っていることが多いですから、必ず作ってもらう前に断りましょう。

 

調理前に言うのであれば問題ナシです。

毎日断るのがしんどいなら、「食べないキャラ」を確立させればOKですね。

 

 

まかないを作ろうとしてくれることに感謝する

感謝をしつつも、「それでも、どうしても…」という感じに謙虚に理由を言いましょう。

 

例 「いつも美味しいまかないを頂いて本当にありがたいのですが、実は……○○(理由)」 

という感じですね。

 

ちょっと大げさかもしれませんが、だいたいこんな感じが良いでしょう。

 

 

いずれ、また食べるかもという気持ちを残す

たとえ「まかないは永遠にいりません」という気持ちだったとしても、そう言い切るのは避けましょう。

「とりあえずしばらくはいりません。でもまた欲しくなったら言います」的な形にする方が良いです。

 

これの方が印象も悪くないですし、本当にまた食べたくなる日がくる可能性もありますからね^^

 

そして最後に、「そういうことなんです、すみません…」という感じで「断って申し訳ない気持ち」も表しましょう。

すごく単純なことですが、この「すみません…」を付けるだけでかなり印象が変わる可能性があります。

 

 

理由を具体的に言う

例えば、「早く家に帰りたい」などの理由でまかないを断りたい場合、このままストレートに言うとリスクが高いです。

おそらく「みんなで一緒に食べよう。なんで和を乱すんだ?」と気に食わない顔をする人もいるでしょう。

 

ですので少し表現を変えるか、早く家に帰りたい理由を具体的に言いましょう。
例1 早く家に帰って〇〇の資格の勉強をしたいんです。

例2    〇〇にハマってからは、プライベートを大事(優先)にすると決めたんです。
などなど。


ダイエットで断る場合でも、ストレートに言うのではなく、「20時以降は食べないことに決めているんです」などのように、具体的であればあるほど、本気な感じがしますね。

 

 

長すぎるのはNG

「〇〇だから、□□になってそれが△△なのでまかないを遠慮したいと思っています」などのように長くなり過ぎるのは避けましょう。

ただでさえ、「まかないを出してくれる感謝の気持ちや、断る申し訳ない気持ち」などを付け加えることになりますから、理由だけで長文にならないようにしましょう。

 

 

断りたい理由を2つ用意しておく

これは印象を良くする対応というよりかは、相手に納得してもらう方法ですかね。

 

ただこれは理由を同時に2つ言うのではありません。

1つ目の理由を言って相手が納得すればそこで終了ですので、2つ目は出しません。


■「そんなこと言わずに若いんだからいっぱい食べて…」

■「だったら〇〇にしてあげようか?それだったら食べられるでしょ?」
もし断ったのにも関わらず、このようなに相手が「説得の形」になったら、用意していた2つ目の理由を言うのです。

 

「いや、それに〇〇ですから…」という形で追加します。

すると心理的に、「ああ本気なんだ…」と思ってもらいやすくなるでしょう。

 

1つ目の理由と関連することを言ってもいいですし、違うことでもいいです。

どちらでもそれぞれの効果があります。

 

例 「いや、それに元々小食なんで…」、「いや、それに家に食材が買ってあるので…」などなど。

 

スポンサードリンク


普段の挨拶や会話で良い人間関係を築いておく

普段きちんとした態度でいれば、印象を悪くしないで済む可能性があります。

閉店後に、従業員全員でまかないを食べるパターンの場合などに効果的です。

例えば「仕事が終わったらとにかくすぐ家に帰りたい」という人物がいたとします。

その人が普段、挨拶をしっかりしたり、仕事中や休憩中の会話も普通に対応していると、プライベートを優先しても周りの目は温かかったりします。


つまり、「アイツはまかないを食べずに速攻一人で帰るけど、普段俺らとはキチンとコミュニケーションは取っているからな~」的な印象になるのです^^

「チームワークが大事なのに…食べずに帰るなんて…ノリが悪い…」的なことを思われる可能性が低くなります。

コレはあくまでも私の経験ですが、効果は抜群です。


 


※もともとコミュニケーションが苦手な人は無理に行う必要はありません。

ただ私のように、別に誰とでもそれなりにしゃべれるけど、「プライベートは絶対優先」という人にはぜひ実行してほしいですね。 


もしよろしければ以下の記事も参考にしてみてください。

会社やバイト先で嫌われる人の特徴27選!

 

 

食べないで持ち帰る

これはいくら断っても、相手が「せっかくだから食べて、そう言わずに食べて」と連発してきた場合に限ります。

 

そうなったら、「…では明日のお昼ご飯にしたいので、持って帰ってもいいですか…?」などのような言い方をしましょう

いきなり「ここでは食べないんで持って帰ります」という姿勢だと、かなり変な空気になると思います。(汗)

 

ちなみに私は飲食経験が長いですが、過去にまかないを持って帰った人を一度も見たことがありません。

ですので、本当によっぽどの状況であれば実行してください。

 

 

断る際の表情や声はやや本気で

声のトーンが本気過ぎると柔らかい雰囲気が出にくいですが、あまりにもヘラヘラ笑いながら言うと、冗談と捉えらる可能性があります。

 

「本気でまかないを断りたい」という気持ちを見せつつ、バランスも考えましょう。

 

 

最後に

断った後でも「え~そう?せっかくだから食べればいいのに~」と言ってくる人もいるかもしれませんが、最初の内だけです。

時間が経てば「食べないキャラが当たり前」になってくるハズです。

 

 

まあ色々と書いてきましたが、もちろん「まかないを食べることによるメリット」もたくさんあります。

食費も浮きますし、スタッフ同士の良いコミュニケーションの場となる可能性もあります。

ですのでトータル的には、出来るだけ食べた方が良いという意見が一般的でしょう。

 

ただし「どうしても断りたい人」がいることも事実ですので、今回の記事を書いてみました。

参考にして頂ければ幸いです。次回は少し切り口を変えて、「まかないをスルーしやすい飲食求人の見つけ方」について書いてます^^

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー