役に立つ、得する情報提供を心がけています

フリーターから未経験職種の正社員を目指す自己PRの書き方!

[記事公開日]2015/02/08
[最終更新日]2016/04/29

406278977c4ab69fbb68b72e28230176_s

職歴がバイトだけのフリーターが、全く未経験の職種に正社員として応募することがあります。

その際、職務経歴書も書くことが一般的です。

 

今回はその場合の自己PRの書き方や重要なポイントなどを解説したいと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください^^

 

また、興味ある方は以下の記事もどうぞ^^

職歴がバイトしかない人の自己PRの書き方パターン!

職歴がバイトだけの人の職務経歴書の書き方!サンプル例

履歴書の職歴はアルバイトも書く!?社員経験がない場合は?

 

なぜ未経験なのにその職種なのか?

今回はコレが最も大事です。

つまり、企業側の「なぜ、経験がないこの仕事に魅力を感じたのか?」という疑問を解決することです。

 

その理由をアナタの言葉で明確に、かつ熱く表現しましょう。「これくらい強い意欲を持っていますよ」というアピールですね。

 

 

戦力になるアピールはダメ!?

好きな理由は熱く語ってもよいですが、「採用されれば必ず貢献します、役に立ちます」的な自信満々アピールはやはりどうかな~と思います。(汗)

あくまでも未経験ですし、初めての就職ですからね。(今回の記事内容では)

 

やはりその辺りはある程度のバランスが大事だと感じます。

■正社員として本気で働きたいと初めて思った職種だったから

■まずは〇〇(店長など)を目指して頑張りたい
書き方としては、このように少々遠慮しがちなアピールが良いかもしれませんね。

 

 

未経験だからこそ、取り組んでいる努力をアピールする

これは絶対に必要というわけではありませんが、本当にそういう努力をしていたのであれば、必ずアピールしましょう。

 

「採用された後は、しっかり学ぶ気があるので教えてください」という受け身スタイルでは、謙虚というよりかは開き直っている印象になります。

「そんな気持ちでこの先大丈夫か?」と心配されてしまうでしょう。

 

ですので勉強のため、より詳しくなるため、経験者との差を少しでも縮めるため、「実務経験はないが、自主的に△△な努力をしていますよ」ということを積極的に伝えるのです。

例えば「その職種と関連する〇〇という書籍を読んだ」、「活かせそうな〇〇の資格を取った」などですね。

もしくは「現在、〇〇の勉強中です」のような形ですかね。

変な言い方ですがこれらを伝えることは、「決して熱意だけでゴリ押しするつもりではないですよ~」という証明にも繋がります^^

 

 

ちなみにですが…

この記事を読んでいる方は、もうすでに働きたい会社が決まっているか、職務経歴書を書こうとしている段階の人がほとんだと思います。

ですのでそういう方からすれば余談になるかもしれませんが、もし全くスキルがない場合は、身に付けてから応募するという方法もあります。

 

「関連している資格を取る、その職種のバイトで実務経験を積む」などですね。もちろん時間はかかりますけどね。

一応紹介しました^^

 

 

過去のバイト経験やスキルのアピール

未経験の場合、コレが難しいですよね。

理想としては過去のバイト経験を振り返り、応募する企業の職種にも活かせそうな経験やスキルを探して書くことです。

共通する部分があるかもしれませんからね。

 

全く関係ないスキルを記載したとしても、あまり響かないでしょうが、何も書かないよりはマシですので何かしら書きましょう。

もしかしたら、企業側からすればその経験が「役に立ってくれそう」と判断される可能性もありますので…^^

 

スポンサードリンク


ほぼ全ての職種に活かせそうな経験やスキルがある!?

こういうモノもいくつか存在しますので、挙げてみます^^

アピールできるスキルが見つからなくて困った場合、役に立つかもしれません。

 

 

コミュニケーション能力

ベタだと思われるかもしれませんが、まずはコレです。

例えば接客業のバイト経験でコミュニケーション能力を培ったのであれば、それを活かせる機会は多いでしょう。

 

「社会人として持っていて当然」という意見もありますが、社会人でもコミュニケーションが苦手な人はたくさんいます。

ですのでこのスキルはあるに越したことはないのです。

 

 

ただしもちろん嘘はダメですよ。(汗)

面接の時点で、「ハキハキしていて、わかりやすい。気も使えるし、確かにコミュニケーション能力は本当に高そうかも…!?」と相手に思われる自信があるのであれば書いてもいいでしょう。

 

 

バイトリーダーの経験

コレも職種関係なくアピールできますので武器になるハズです。

バイトとはいえ、スタッフをまとめる責任ある立場ですからね。

 

 

社会人の基本マナー

言葉遣いや来客対応などのビジネスマナーや社会人マナーも、身に付いているのであればアピールになりそうですね。

 

 

自分の人間性をアピールする!?

コレはスキルと言えるかはわかりませんが…^^

例えば責任感がある、忍耐力がある、協調性がある(使い方によってはマイナスに捉えられることもあります)などなど…。

つまり長所ですね。

 

ちなみにこれらの人間性アピールはおそらく、バイト経験で得たというよりは元々の性格で、「それを活かして〇〇を乗り切った」などのような書き方パターンが一般的ですね。

 

 

具体的エピソードを書く

経験やスキル、なんにせよ「そう言い切れる理由」をエピソードとして具体的に伝える必要があります。

 

そもそも自己PRはオリジナリティが大事だと言われていますが、スキルや経験そのものは他の応募者と被ってしまうことはよくあります。

ある程度仕方ありません。

ただ具体的エピソードはアナタだけが体験したことなので、オリジナリティを出せる可能性が高いハズです。

 

 

例えば「職業柄、幅広い年齢層のお客様の接客をしていたので、コミュニケーション能力が自然と高くなりました。○○と褒められたこともありました。」

という感じであれば、○○の部分はオリジナルになるでしょう。

 

スポンサードリンク


全体の文章構成は!?

自己PR全体の構成を書いてみます。ただ今回の条件の場合、色々なパターンが存在します。

 

様々な角度からアピールしようとすると、かなり長くなってしまいます。

そうなると「結局何が言いたいのかよくわからない」ことになりますので全部書く必要はないでしょう。

 

 

自己PR内容の例

※〇や△、□に深い意味はありません。
①、〇〇をきっかけに□□(希望職種)に興味を持った

② 、そして特に□□な部分にすごく魅力を感じ、初めて本気でしたいと思う仕事だった

(正社員になりたいと思う職種だった)

③、活かせると考え〇〇の資格を習得した

④、また、過去の〇〇のアルバイトでは△△を学んだ

⑤、未経験ではあるが、〇〇の資格や△△の経験を活かして貢献したい

雰囲気としてはこういう流れですかね~。

これはあくまでも私なりに考えた構成です。(絶対に正しいというわけではありません)

 

 

勉強のために自分から取りにいった資格、未経験の職種にも活かせそうな共通する過去のスキル、このどちらかで一つ、響くようなモノが書ければ理想ですね。

もちろんダブルパターンが一番アピールになりますけどね^^

 

 

また、もし「フリーターから正社員になる決意」を強くアピールするのであれば、「長いフリーター期間で正社員の大変さを間近で見てきたから、経験はないけど覚悟はできている」的な書き方もアリかもしれませんね^^

 

 

最後に……

申し訳ないですが、フリーターの状態から全く未経験の職種に正社員として採用されるのは、ハッキリ言って簡単なことではないでしょう。

なぜなら中途採用は即戦力が求められることが一般的だからです。

 

ただ、どうしてもその仕事が本当にやりたいことならチャレンジするべきだと思います。

やっぱり後悔したくないですからね。

 

 

そして完全に個人的な意見ですが中途採用の場合、もちろん実務経験も重視されますが、それと同じくらい人柄も大事かな~と感じます。

ですのでなるべく「人柄重視」と書かれている「未経験歓迎」の求人をおススメします。

結局選ぶのは人間ですからね。

 

ですのでもし面接の時点まで進めたら、未経験でも内容次第で全然勝負できると思います。

そのためにも、書類、自己PRなどが良質であることに越したことはないので頑張って書いてみてくださいね^^

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー