役に立つ、得する情報提供を心がけています

孫、甥、姪の入学祝い!相場は?幼稚園から大学まで紹介!

[記事公開日]2015/01/15
[最終更新日]2015/12/20

5b6259db51bbd9943a02132d247bb8c9_s

今回は孫、甥、姪への入学祝いの金額相場を紹介したいと思います。

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と年代別にそれぞれ書いています。

 

あと、友達や知り合いの子供さんに贈る場合の相場も書いていますので、よろしければそちらもどうぞ^^

 

ちなみに現金ではなく、品物の場合は以下の記事をご覧ください^^

幼稚園の入園祝い!人気のプレゼントは!?

小学校の入学祝い!人気のプレゼント10選を紹介!

中学校の入学祝い!人気のプレゼントは!?

高校の入学祝い!人気のプレゼントを紹介!

大学の入学祝い!人気のプレゼントを紹介!

マナー的なことは入学祝いを贈る時期はいつ!?どこまでの関係に渡す?を読んでみてください^^

 

金額は様々な条件で変わる

最初にこれは言っておきたいのですが、贈る金額自体は当然人によって違います。

 

例えば、贈る側(祖父母、叔父、叔母)の「年齢や収入面」、孫、甥、姪の「人数」などによっても大きく変わってきます。

また、本人との関係性や地域性なども重要になってくるでしょう。

 

 

100万円贈る人もいれば1万円の人もいますし、全く何も渡さないという人もいるので正解はありません。

今回の内容はあくまでも私が調べた一般的な相場ですので、よろしくお願いします^^

 

ちなみに幼稚園の入園祝いは「義務教育ではないので贈る必要ない」という考え方の人も多いです。

 

 

祖父母から孫へ贈る入学祝いの相場はいくら!?

これはですね、1万円と言っている人もいれば、10万円と言っている人もいます。

10倍なのですごい差です。(汗)

 

情報としては1万円説が多く知れ渡っている気がしますが、実際はそれ以上だと思います。

なんか矛盾したような意見になってすみません。(汗)

 

 

私が調べた結果を紹介します。

 

幼稚園(入園祝い) 1万円~3万円

小学校       2万円~5万円

中学校       2万円~5万円

高校        3万円~5万円

大学        5万円~20万円

こんな感じでした。

 

ちょっと多いかな?という気もしますが、「孫はかわいい」という特別感を持っている祖父母の方が多いでしょうから、これくらいになるのでしょうね。

やはり大学生はスーツや一人暮らし費用などなど、色々とお金がかかるので一気に上がるような印象ですね。

 

 

私が子供の頃も、だいたい上記と似たような金額を貰っていた気がします。

お年玉なども含めると、おじいちゃんおばあちゃんには本当に現金をたくさんもらっていたのだと改めて思いますね。

 

 

もし私が孫の入学祝いに現金を贈るとしたら

幼稚園は1万円、小学校~高校までは5万円、大学は10万円くらいですかね~。

まあ、もちろん理想ですけどね。(汗)^^

 

小学校はランドセルやら学習机などが必要ですからけっこうかかるんですよね。

正直、それらは「祖父母が買ってあげる」的な風潮がありますからね。(汗)

 

その部分さえ気にしなければ、小学校~高校まで3万円でも全然十分な気がするんですけどね…^^

 

スポンサードリンク


姪や甥への入学祝いの相場は!?

この悩みを持っている人が一番多い気がしますね。

では本題です。

 

幼稚園(入園祝い) 5千円~1万円

小学校       1万円

中学校       1万円

高校        1万円~2万円

大学        1万円~3万円

 

だいたい私が調べた結果だとこんな感じでしたが、一番多いのは「どの年代であろうと1万円」という意見でした。

幼稚園から大学までの入学祝い(入園祝い)は「全て平等に1万円」と最初から決めている人が多いということですね。

 

それ以下でもそれ以上でもないという感じでわかりやすいです^^

それでも全部渡したら合計で5万円はかかります。

 

 

もし私が贈る立場なら

高校は2万円、大学は3万円、他は全て1万円といった感じでしょうかね。

高校と大学は「受験合格おめでとう」的な気持ちも込めてです^^

 

あ、ただしこれはもちろん、甥や姪とけっこうな頻度で会っていて仲も良いという前提です。

正直この間柄でかなり変わってくると思います。

 

スポンサードリンク


友達や知り合いの子供に贈る入学祝いの相場は!?

入学祝いは身内同士で行うことが普通ですが、このようなケースで悩んでいる人もいると思いますので調べました。

 

ただし友達の子供の入学祝いに「現金を贈る人」は非常に少ない気がします。

品物以外でいくと、やはり図書カードや商品券などが圧倒的に多いでしょう。

 

 

なので今から紹介するのはお金ではなく、図書カードの金額です。…ただし、もし現金だとしても、そこまで変わらないと思います…^^

 

幼稚園(入園祝い) 3千円~5千円

小学校       5千円

中学校       5千円

高校        5千円~1万円

大学        5千円~1万円

こんな感じだと思います。

 

1万円以上贈ると、逆に相手に気を使わせてしまうことになるかもしれません。

 

 

もし私が贈るなら!?

ズバリ、高校と大学が1万円、後は全て5千円ですね。

これはこれから先も付き合っていく大親友の子供という前提です^^

※一応、図書カードや商品券という前提です。

 

ただあくまでも想定なので、本当は大親友でもあっても私は贈りません。

あと私が子供の頃でも、両親の友人からお祝いは貰っていません。

 

 

最後に

様々なパターンの金額相場を書いてきましたが、身内でお祝いごとをする場合は、その金額やルールなどを予め兄弟や親戚同士で話し合っておくと楽です。

 

「お互いの負担を減らすために完璧に一切ナシ」にするのか?、「幼稚園はナシで小学校から」にするのか?「1万円で統一」するのか?

などなど。

 

お互い、後々頭を悩ませる必要がないわけですから、ある意味大正解だと思います。

 

以上になりますが、お役に立てましたでしょうか?^^

もし、今回紹介した以外の親戚関係なら、姪や甥に贈る金額を参考にして頂ければ全く問題ないと思います。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー