役に立つ、得する情報提供を心がけています

幼稚園の入園祝い!人気のプレゼントは!?

[記事公開日]2015/01/01
[最終更新日]2015/12/20

dc2bd51a7401d1e132bf254d27fbbd1f_s

今回は幼稚園の入園祝いは何を贈るのか!?ということについて。

定番商品を並べながら、できるだけわかりやすく解説したいと思います。

 

現金や商品券などではなく、あくまでも品物を贈るという前提で書いていきます。

ぜひ参考にしてください^^

 

ちなみに興味ある方は以下の記事もご覧ください。

入学祝いを贈る時期はいつ!?どこまでの関係に渡す?

小学校の入学祝い!人気のプレゼント10選を紹介!

中学校の入学祝い!人気のプレゼントは!?

高校の入学祝い!人気のプレゼントを紹介!

大学の入学祝い!人気のプレゼントを紹介!

現金の相場も知りたい!って方は孫、甥、姪の入学祝い!相場は?幼稚園から大学まで紹介!をどうぞ^^

 

幼稚園の入園祝いに喜ばれる人気のプレゼント!

基本的には実用品が理想です。

 

品物に迷った場合は、本人や親に希望を聞いても問題はありません。

もともと身内同士でする祝い事ですので、そこに気を使う必要はないでしょう。

サプライズ感は薄れますが、確実ではあります^^

 

 

今からは定番の人気プレゼントを紹介していきます。

 

絵本

昔から有名な飛び出す絵本や音が出る絵本、最近ではやデジタル絵本なんかもありますね。

 

そして入園祝いで人気のあるのが「名前入り絵本」です。

物語中に指定した名前を入れられる世界で一つだけのオリジナル絵本ですね^^

 

つまり、本人(子供)が物語の主人公となって登場することができるわけです。

両親が読み聞かせする場合も、何度も自分の名前を呼ばれるのでストーリーにも興味津々になりますね^^

 

商品によりますが、おそらく高くても5千円以内?で買えると思います。

 

 

お弁当セット

親御さんがまだ準備していなければ助かるでしょうし、喜ばれると思います。

本人もお気に入りであれば、お昼が楽しみになるでしょう^^

 

ただしセットとなると、園によってはスプーンやフォークが禁止のところもあります。

また、キャラクターモノに関しても規定などの確認が必要です。

 

 

雨具系

これは傘、長靴、レインコートなどですね。絶対必要になるモノです。

雨具セットなどもいいかもしれません。

 

ただ、傘が禁止の幼稚園もありますので、一応確認した方がよいでしょう。

確かに傘よりはレインコートの方が安全だと思います。

 

 

ままごとセット(キッチン)

コレは長い期間遊べますし、女の子は大喜びでしょう^^

しかも料理に興味を持つことはすごく良いことですよね^^

 

あくまでも私のイメージですが、ままごとセット(野菜やまな板など)であれば5千円以内、ままごとキッチンであればそれ以上って感じでしょうか?

もちろん本格的なタイプだったら軽く1万円以上はします。

 

 

遠足グッズ

遠足用のリュックや水筒などですね。

 

遠足一式セットではなく、どれか一つ単品で良いと思います。

水筒一つとっても、可愛くて良い商品がたくさんありますからね。

 

個人的には、子供用のリュックは、高くても5千円以内で買えるイメージですね。

 

 

知育ドリル、知育おもちゃ

知育ドリルの場合は、分野はもちろんですが、その表紙となっているキャラクターも気にしたいところですね。

 

私が姪や甥の入園祝いをあげるのであれば、知育おもちゃを贈ると思います。

知育ドリルでもいいんですが、やっぱり見た目的にもテンション上がってほしいですからね^^

 

ミニピアノやキーボードなどの楽器系のおもちゃもいいですね^^

 

スポンサードリンク


お名前シール、お名前スタンプ

ほぼ全部の持ち物に名前を書くことになると思うので、これらも大人気です。

まあ親が助かるパターンですね^^

 

また、「字が上手くないから困ってる…」という親御さんにも嬉しいでしょう。

 

 

お名前シールやお名前スタンプ、どちらも便利ですが、「どちらが良い」とはハッキリ言えませんね~。

好みや使い方によって変わりますからね。

 

種類もたくさんあるので、お名前スタンプの場合は、「プラスチックや布にも押せるのか?、洗濯しても落ちないのか?」、などを確認してから購入した方がよいでしょう。

 

 

クレヨン

小学校からはクレパス、幼稚園はクレヨンというイメージですね。

 

最近では、もし口に入れてしまっても安全な「蜜蝋クレヨン」などもあって人気です。

蜜蝋(ミツロウ)とはミツバチの巣を形成している蝋(ロウ)です。

 

その名の通り、蜜蝋(ミツロウ)で作られたクレヨンです。

着色料も食品の許可が取れたモノを使用しているそうです。

 

 

入園祝いのプレゼントを贈る場合の注意点

カバン、靴、靴下、上履き、上履き入れ、体操着入れなどの毎日使う通園グッズは指定の場合がありますので、やめておいた方が無難かもしれません。

もし自由であれば、靴下などはすぐ汚れるので何枚あってもいいと思いますけどね^^

 

ただし、日用品であるハンカチやティッシュなどもいくつあっても困らないと思うので、大量(!?)に贈ってもおそらく喜んでもらえるでしょう^^

 

 

キャラクターモノってどうなの?

どんな品物をプレゼントするにしても、やはり年齢的にキャラクターモノになる場合が多いと思います。

お子様が大好きなキャラクターモノのパジャマを贈る人もいるそうです^^

 

ただし流行りもありますし、すぐに飽きる可能性もあるので難しいところではあります。(汗)

 

もしキャラクターモノを贈るのであれば、親に聞くなどして徹底的にリサーチしてから決めた方がいいでしょう。

一見同じキャラクターに見えてもその種類やシリーズなどで複雑な場合などもありますからね。(汗)^^

 

スポンサードリンク


そもそも幼稚園の入園祝いは必要なのか?保育園は!?

最後にこんなことを書くのもアレなんですが、実は入園祝いに関しては様々な声があります。

この意見は品物と現金、いずれかのことですが、どちらかというと「現金」のことを指しているのかな~という気はします。

 

「義務教育ではないので入園祝いは必要ない」という意見もあれば、「いやいや、小学校などと同じように普通にお祝いするよ」という声もあります。

ただ現在、「入園祝い」という言葉が当たり前に使われていることも事実なので、ハッキリとした答えは出せません…。

 

 

どちらかと言えば「必要ない」、「あることすら知らなかった」という人の方が多い気がします。

確かに私が幼稚園だった頃も頂いてはなかったです。(両親に確認しました。)

 

とにかく言えることは、もし贈ってこなかった人がいても、ただ単に(その常識?を)知らなかったという可能性があるということです。

つまりわざとではなく…という場合もあるわけですね。

 

 

保育園には贈らない!?

入園祝いは幼稚園には贈るが、保育園の場合は贈らないことが一般的だそうです。

保育園は基本的に「親が働くために(パートなど)子供を預ける場所」なので、特別お祝いをする必要はないといった理由が一番多いですね。

 

個人的には気持ちの問題なので別に贈っても問題ないと思います。

まあ現金ではなく、実用的な物がいいでしょうけどね^^

 

 

こんな不安の声も

例えば、最初(入園祝い)に1万円という金額を出してしまうと、それによってその後が大変なことになるのでは!?と心配している人もいます。

これは小学校➡中学校のように年代が進むにつれて、「金額も大きくしないといけない」と思っている人たちですね。

 

もちろんこの考えも間違いではないですが、「一律1万円」と決めている人も多いので、そこまで気にする必要もないと思います。

 

今回の記事は以上です。

必要かどうかは人それぞれですが、私は贈っていいと思います^^次回は小学生編です。

 

スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー