役に立つ、得する情報提供を心がけています

雛人形のタイプと相場は!?購入場所も解説!

[記事公開日]2014/12/22
[最終更新日]2017/04/03

3月3日は子供の健やかな成長を願って雛人形を飾ります。

今回はそんな雛人形の種類、相場、買う場所などを紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください^^

 
ちなみに誰が買うのか?ということについては初節句、雛人形は誰が買う!?親?それとも祖父母?の記事をご覧ください^^

 

雛人形の最も大きな違い

まず、雛人形は大きく分けて2つのタイプがあります。

 

木目込み(きめこみ)雛人形

木製の胴体に衣裳を(張り付けて)着せている雛人形であり、木の温もりがあります。

型崩れしないので長持ちするといわれています。

 

基本的にはコンパクトで小さいモノが多いのでかわいらしいイメージです。

スペースを取りませんが、迫力や豪華さを求めるのであれば向いてないかもしれません。

 

 

衣裳着(いしょうぎ)雛人形

鮮やかで綺麗な衣裳が(人間と同じように)胴体に着せ付けてある雛人形です。

基本的には大きくて見栄えがよく、顔は大人っぽい表情をしています。

ただ型崩れしやすいので、収納の際は注意が必要です。

 

 

最近の流行はどっち!?

現在、雛人形といえばほとんどが後者の衣裳着雛人形です。

おそらくアナタがイメージしているのもこのタイプ…の可能性が高いです。

 

どちらもメリット、デメリットはありますが、私なら確実に衣裳着雛人形を買います。

やはり目的が飾ることなので外見を重視しますね^^

 

 

雛人形の種類や飾り方パターンは!?

たくさんの種類や形がありますのでそれぞれ紹介します。

 

親王飾り(しんのうかざり)

お内裏様(おだいりさま)とお雛様(おひなさま)の2体だけを飾るパターンです。

 

7de77c7386b51d5e6fcb04ade4ca3f70_s
 

「お内裏様」は男性の人形のことです。つまり「殿」と「姫」ですね。

最もシンプルなスタイルですが、現在最も人気があるのはこの「親王飾り」だそうですよ。




私が一番欲しいモノも「親王飾り」ですね。

もしどうしても数を増やしたくなったら人形を買い足せばいいですからね^^

多少値段は張っても、立派で飽きがこなさそうなモノが理想ですね。



 

3段飾り

「殿」と「姫」の他に三人官女(さんにんかんじょ)が付いているパターンです。

 

0ab6da63647fba6edaad080f4cced2bf_s
 

飾り台(ひな壇)が3段になっている形ですね。

「三人官女」とは殿や姫のお世話をする女性たちです。

 

また、この場合人形は全部で5体ですので「五人飾り」とも呼ばれます。

この形で2段になっているモノもありますが基本は3段です。



「親王飾り」の次に人気だそうですよ^^


 

 

7段飾り

7段のひな壇に、全部で15体の人形が並べられた豪華で迫力がある雛人形スタイルです。

「十五人飾り」とも呼ばれます。それはそれは間違いなく華やかでしょう^^

 

1a2c9bf2830dab6e896afef08c6cf4ed_s
 

私は「飾ってある雛人形」と聞けば、なぜかこのイメージが真っ先に思い浮かびます。

 

スペース的に大きいので道具なども納得いくまで並べられるでしょうし、飾り付けが楽しいかもしれませんね^^

5段飾りや8段飾りのモノも存在しますし、コンパクトサイズの3段タイプもあります。

 

ただし、昔は7段飾りが主流だったが、現在は住宅や収納スペースなどの影響もあり、コンパクトなモノが好まれている
個人的にも正直、準備するのも片づけるのも大変だと思ってしまいますね…。(汗)

それに初節句はテンション高めで飾ったとしても、毎年毎年となると子供も大きくなっていきますからね…。



後片付けのことを先に考えてしまって、徐々に飾る人形の数を減らしていく自分を想像してしまいました。汗

何回も言うように、全部飾ればキレイなのは間違いないんですけどね…^^



 

その他のパターン

例えば、飾り台に人形などを収納するスペースが付いている「収納飾り」、ほこりが被らないメリットがある「ケース飾り」などがあります。

また、木製のひな壇もありますし、人形が立った状態で飾られている「立ち雛」などもあります。




キャラクター物の雛人形ってどうなの!?

ご存じの方も多いでしょうが、人気アニメなどのキャラクターの雛人形もたくさん存在します。

ミッキーマウスやキティちゃんもありますが、最も有名なのは「リカちゃん雛人形」でしょう。

 

やはり賛否両論

年配の方などには理解してもらえないことが多いかもしれません。

そもそも、雛祭りの目的としては娘の健康や幸せを祈るものですから、「普通のモノを買った方が良い」という考えの人がたくさんいます。

 

 

私の超個人的な意見

人形の作りとしてもキチンとしていると思いますし、否定派ではないですね。

 

それに雛祭りだからとって雛人形を飾らない家庭もたくさんあると思います。

夕食に雛祭り用の献立メニューだけを出すというパターンも全然あるでしょう。

 

ですので昔からの風習やルールなどに囚われずに、一つの楽しいイベントとしてこういうキャラクター物の雛人形を飾るのもアリだとは思います。

単純に「かわいいから」という理由で購入する人がが最も多いと思いますので^^

 

 

あと正直、人形の顔ってちょっとリアルで苦手な人もけっこういると思うんですよ。

そういう人にとってはキャラクター物だとなんか和らぐというか、近づきやすいというか…まあ、そんな感じもあるんじゃないかな~と思っています^^

 


雛人形の値段は!?相場はどれくらい!?

いや~正直、ビックリするくらい高いですよね。(汗)

もちろん職人の魂が込められていますし価値あるモノだとはわかっているのですが、それにしてもなかなかです。(笑)

 

商品によってピンキリですが、だいたい10万~30万円あたりでみなさん揃えているといった感じでしょうか。

当然、100万近いのもありますけどね。
 
■親王飾り (人形2体)   5万~15万円

■3段飾り (人形5体)    10万~25万円

■7段飾り (人形15体)    25万~50万円
あくまでも個人的な目安ですが、このような感じでしょうか。

 

ん~正直な話、私が孫や娘のために買うとしたらおそらく10万~20万円までの間で選ぶと思います。

それ以上は……勘弁してください^^

 

 

キャラクター雛人形の相場は!?

「キャラ物はそこまで高くないだろう…」と思った方もいるでしょうが、現実はシビアです。

まあでも、基本的には普通の雛人形と比べると安いかもしれませんね。

もちろんサイズ的な影響もありますが…^^

 

ただし、「リカちゃん雛人形」の場合だと普通に20万以上の物もあります。

でもすごい売れているそうですよ^^

 

 

雛人形はどこで買う!?ネット通販!?

最後に購入場所についてです。

 

一般的にはデパートや人形専門店、また最近ではインターネットで買う人も多いそうです。

あと、時期が近いとショッピングセンターなどでも売っていますね。

 

 

ネットで買う場合の注意点

雛人形を買う際に最もこだわったり重視するべき部分は、やはり「人形の顔」だと言われています。

同じように見えて全然違いますので、まさに好みが別れます。

お金を出す人の好みか、飾る両親の好みか……まあそこらへんは話し合いですね^^(汗)

 

そこでネットだと画像の問題で、「表情の細かい色合いなどがわかりにくい」という意見が多いです。

よって、実際に店舗に買いに行くケースがやはり失敗は少ないでしょう。

高価で一生物の買い物ですからね。

 

 

私であればデパートで購入しますね。私はなぜか昔からデパートに絶対的な信頼や安心感を抱いていますので。(笑)

 

 

買う時期はいつがベスト!?

雛人形は12月頃には店頭に並び、販売され始めます。

この時期に買う方が売り切れ商品がないので、最も選択できる種類や幅が広いと言われています。

 

普通はおそらく1月下旬~2上旬までに購入する人が多いでしょうから、人気の物は無くなる可能性が高いのでしょうね。

 

 

以上になります。どれを選ぶかは好みはもちろんのこと、飾るスペース的な問題や予算などと相談することになります。

そして長い目で見ると当然、飾っている期間の方がめちゃくちゃ短いわけですから、収納スペースも重要になってきます。

納得のいくモノを手に入れましょう^^

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

関連記事